日程調整サービス「eeasy (イージー)」がZoom連携開始、Meet・Teams・Skypeと計4ツールに対応

VOIX編集チームVOIX編集チーム ニュース リモートワーク
日程調整サービス「eeasy」、Zoomとの連携を開始 連携対象はMeet・Teams・Skypeに加え、計4ツールに

法人クレジットカード 特集

法人カード 審査 について専門家が解説

株式会社E4(イーフォー)、日程調整自動化サービス「eeasy」(イージー)がZoomとの連携を開始

株式会社E4(イーフォー、所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:杉本 太一朗)が運営する、Googleカレンダー・Outlook予定表と連携して空き日程を自動判定することで日程調整を自動化するサービス「eeasy」(イージー)において、Google Meet・Microsoft Teams・Skypeに加え、Zoomとの連携を開始した。

これにより、Zoomに関しても、日程調整と同時にWeb会議ツールのURLを自動発行し、打合せ関係者に自動通知が実現した。

セゾンプラチナビジネス 審査 を解説

NTT Bizカード 審査 を専門家が分析

 

<以下、リリース>

日程調整サービス「eeasy」、Zoomとの連携を開始 連携対象はMeet・Teams・Skypeに加え、計4ツールに

日程調整と同時に、Web会議ツールのURLを自動で発行・通知可能

株式会社E4(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:杉本 太一朗)は、運営する日程調整サービス「eeasy」(イージー)において、Zoomとの連携を開始しました。今回の連携により、Google Meet・Microsoft Teams・Skypeに加え、Zoomに関しても、日程調整と同時にWeb会議ツールのURLを自動発行し、打合せ関係者に自動通知できるようになりました。

URL: https://eeasy.jp/

eeasyは、Googleカレンダー・Outlook予定表と連携して空き日程を自動判定することで、ビジネス上の日程調整を自動化するサービスです。さらに、eeasyは日程調整だけでなく、「訪問」「来客」「オンライン会議」といったそれぞれの打合せシーンに必要な調整事項・伝達事項を、日程調整と同時に全て完結させるコンセプトで設計しており、今回のZoom対応によって、本コンセプトに沿った自動化範囲がさらに拡大されたことになります。

例)
・訪問・来客などの場合: 「場所」の確認や調整まで自動化できます
・オンライン会議の場合: オンライン会議ツールのURL発行・通知まで自動化できます

※シンプルに日程の調整だけに限定することも可能です
※「訪問 or オンライン会議のどちらが良いですか?」といった複合的な調整も可能です
※「事前アンケートのお願い」「履歴書送付のお願い(面接時)」といった連絡事項などを、日程確定時に自動で通知することも可能です

日程調整画面-株式会社E4

日程調整画面

会議参加者に合わせたZoom-URLの発行が可能

eeasyは、他の多くの日程調整サービスとは異なり、自社社員であればeeasyを利用していないメンバーであっても会議参加者として選択することが可能です。また、秘書業務・アシスタント業務・面接調整のように、他メンバーの日程調整を代理で行うことも可能です。

今回の対応では、ユーザー毎のZoom連携はもちろんのこと、法人管理者機能にて、eeasyを利用していない社員を含めた複数社員のZoomアカウントを一括で連携できるようにしているため、上述のような他メンバーの日程調整であっても、適切なZoomアカウントでZoom-URLを発行することが可能です。

Zoom-URLの発行形式

【1】eeasyユーザーが参加する打合せ  ⇒ ユーザー自身のZoomアカウントで発行
【2】eeasyユーザーが参加しない打合せ ⇒ 打合せ参加者のZoomアカウントで発行

※【2】の業務例
・人事: 面接官と採用候補者との面接日程調整 (面接官のZoomアカウントで発行)
・営業アシスタント: 営業担当と顧客の商談日程調整 (営業担当のZoomアカウントで発行)

利用企業数は3,000社を突破

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、企業においてテレワーク化が進んだことで、ビジネスにおける打合せは「対面会議」と「オンライン会議」が混在するなど、多様化しています。また、テレワークの推進によって非効率業務が顕在化したため、業務の効率化を推進する企業が増加しています。

eeasyは「オンライン会議」に関わらず、訪問・来客・ランチ・会食など、対面型を含めたあらゆるシーンの日程調整に対応しており、「移動時間の自動確保」「会議室の自動確保」「Web会議ツールのURL自動発行」など、各打合せシーンに必要な作業のほぼ全てを自動化することができます。

新型コロナによる企業動向の変化と、eeasyの「全てを自動化する機能コンセプト」が多数の企業にマッチしたことで、直近3か月間における利用企業数は2,000社増加し、現時点では3,000社を超える企業にご利用いただけるサービスになっています。

eeasyとは

eeasyは、Googleカレンダー・Outlook予定表と連携することで、空き日程を自動判定し、ビジネス上の日程調整を自動化・半自動化するサービスです。

・ 調整作業はURLを相手に送るだけ  … 最短10秒
・ ダブルブッキングなし       … 常に空き日程で自動調整
・ 予定は自社カレンダーに自動登録  … 手間も漏れもなし

1対1の日程調整はもちろん、「複数人の中から担当者を自動で割り振る」「上司・同僚に同席してもらう」「3社以上での調整」など、ビジネス上のあらゆる日程調整に対応しています。

株式会社E4について

「当たり前を変える」「新たな概念を創り出す」「より便利にする」「関わる人の笑顔を増やす」、そんなことを目論み、自ら楽しみながら事業を創出・展開していく会社です。
現在はeeasyを大多数が使う「日程調整プラットフォーム」に仕立て上げるべくeeasyに注力中。

会社概要

会社名 : 株式会社E4(読み:イーフォー)
所在地 : 東京都千代田区二番町9番地3
代表者 : 代表取締役社長 杉本 太一朗
設立  : 2018年7月
資本金 : 1,000万円(資本準備金含む)
URL  : https://www.efour.jp/

<参照元>

リファレンスチェック サービス 5選

米国で人気 リモートワークツール 27選

プレスリリース 無料配信サービス 20選

 

金融・法人カード特集
ビジネスカード おすすめ
法人カード
法人カード審査甘いのはどこ?
NTTファイナンス Bizカード
三井住友ビジネス for Owners
セゾン プラチナ ビジネス アメックス
OLTAファクタリング

広報・PRご担当者様へ

VOIX bizをフォローして最新情報をGET

記事ライター
VOIX編集チーム

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方