次世代の押印記録システム「Iohan」をCryptoPie(クリプトパイ)が IoTとブロックチェーンを活用し開発

虎さん<編集長>虎さん<編集長> ニュース リモートワーク
「Iohan」ロゴ 画像

 

法人カード おすすめ を専門家が解説

法人カード 審査 について専門家が解説

 

CryptoPie(クリプトパイ)と 松島清光堂、IoTとブロックチェーンを活用し次世代の押印記録システム「Iohan」を開発

非金融分野におけるブロックチェーンの社会実装を推進、ブロックチェーンの技術を用いた400以上のプロジェクトの支援・監査を行っている 株式会社CryptoPie(クリプトパイ、所在地:東京都渋谷区、代表者:代表取締役社長 吉原 教一郎)が、創業98年の印章業を営む 株式会社松島清光堂と共同で、IoTとブロックチェーンを活用し実物の印鑑とデジタルを共存させる、次世代の押印記録システム「Iohan」を開発した。

「Iohan」とは

「Iohan」は、押印事実をブロックチェーン上に不変的事実として記録することで、印鑑が持つ「本人の意思表明」という本来の使い方をより強めることができるサービス。

印鑑本体の押印事実を位置情報や回数、タイムスタンプなどの情報とともにブロックチェーンに記録・共有させる 株式会社CryptoPieが開発した特許出願技術を用いた印章文化とIT技術が融合した次世代の押印記録システムで、印鑑での押印事実を、位置情報やタイムスタンプと共にブロックチェーン上に保管することができ、押印事実の履歴管理は、別途専用のスマートフォンアプリによって管理可能となっている。

セゾンプラチナビジネス 専門家が分析

NTT Bizカード 専門家が分析

<以下、リリース>

CryptoPieは印章業界と連携し印鑑とデジタルを結ぶ新プロダクト「Iohan」を開発

次世代型ブロックチェーン押印システム

株式会社CryptoPie(以下、CryptoPie)は、印章業を営む創業98年の株式会社松島清光堂(以下、松島清光堂)と共同で、これまで乖離していた実物としての印鑑とデジタルを共存させるために、CryptoPieが保有している印鑑本体の押印事実を位置情報や回数、タイムスタンプなどの情報とともにブロックチェーンに記録・共有させる特許出願技術(以下、当該特許技術)を用いた印章文化とIT技術が融合した次世代の押印記録システム「Iohan」(以下、Iohan)を開発しました。

次世代の押印記録システム「Iohan」

今回の取り組みの背景

昨今、印章業界において、テレワークやDX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みによって、脱ハンコや印鑑のDX化の話題がしきりに取り上げられています。電子印鑑なども多く普及してきていますが、現在は印鑑と電子印鑑は二極化してしまっており、これらは共存できていません。

CryptoPieは非金融分野におけるブロックチェーンの社会実装を推進しています。ブロックチェーンはかつて、仮想通貨のコア技術として取り扱われていた、暗号化技術とリアルタイムでの複数同時共有によって改ざん困難なセキュリティ強度の高い技術です。CryptoPieはブロックチェーンの技術を用いた新規事業開発の支援を行っており、これまでに400以上のプロジェクトの支援・監査を行っています。さまざまなプロジェクトの支援を通して培ってきた知見を基に、IoTとブロックチェーンの融合技術に着目し、当該特許技術を発明しました。

当該特許技術を用いて、上述した課題を解決へ導くために、CryptoPieは老舗印章店の松島清光堂と共同で、印影をデジタル化するのではなく、実物としての印鑑とデジタルが共存可能な世界を目指してIohanの開発を行いました。

 次世代の押印記録システム「Iohan」の概要

次世代の押印記録システム「Iohan」の概要
Iohanでは当該特許技術の活用により、実物としての印鑑とデジタルを共存させることが可能です。印鑑での押印事実を、位置情報やタイムスタンプと共にブロックチェーン上に保管することができます。押印事実の履歴管理は、別途専用のスマートフォンアプリによって管理可能です。

押印事実をブロックチェーン上に不変的事実として記録することで、印鑑が持つ「本人の意思表明」という本来の使い方をより強めることができます。また、遠隔で押印事実をスマートフォンアプリによって管理できるため、遠方の家族が不要な押印をしていないかどうかの見守りや、悪徳業者による犯罪行為や詐欺行為の抑制など、さまざまなシーンで活用されることが期待されています。
押印記録システム「Iohan」の特徴押印した日時や場所を自動で記録
耐改ざん性の高い記録保管形式
権限付与により押印履歴を閲覧可能
記録可能な押印情報押印者
押印した日時
押印した位置情報
押印回数
押印記録システム「Iohan」が実現可能にすること押印文書の証拠性を高める
押印履歴の見える化
押印事実の記録が必要になる様々なサービスとの連携
Iohanは印鑑を廃止するのではなく、日本において古くから歴史のある印鑑をデジタルと結びつけるためのプロダクトです。Iohanの普及を通して、印章業界におけるDX化の課題を最善の形で解決へ導くことが期待されています。

今後の取り組み内容

2社で共同開発済みのIohanを、まずは業界内で普及させることに尽力し、プロダクトの目的である実物としての印鑑とデジタルが共存する世の中を目指してまいります。また、今後は電子契約サービスとの連携も視野に入れ、アナログとデジタルそのものが共存可能な世の中の実現、さらに、最先端のブロックチェーンテクノロジーの社会実装を推進し、日本のビジネスの加速・発展に寄与してまいります。

■株式会社松島清光堂の概要

(1) 名称:株式会社松島清光堂
(2) 所在地:東京都千代田区神田小川町3-10-2(新駿河台ビルヂング)
(3) 代表者:代表取締役社長 松島 寛直
(4) 事業内容:オフィス用印鑑などの販売、印刷業
(5) 資本金:10百万円
(6) 設立:1922年3月
(7) URL:https://www.m-seikodo.co.jp/

■株式会社CryptoPieの概要

(1) 名称:株式会社CryptoPie
(2) 所在地:東京都渋谷区渋谷2-12-12 三貴ビル 3階
(3) 代表者:代表取締役社長 吉原 教一郎
(4) 事業内容:WEBマーケティング、誹謗中傷対策、ブロックチェーンコンサルティング
(5) 資本金:40百万円
(6) 設立:2011年12月
(7) URL:https://blockchain-biz-consulting.com/

■本リリースに関する問い合わせ先
株式会社CryptoPie ブロックチェーンコンサルティング事業部
Tel:050-3187-6610 / Mail:contact@cryptopie.co.jp

<参照元>

プレスリリース 無料配信サービス 一覧

リファレンスチェック とは、代行 比較

米国で人気 リモートワークツール 27選

金融・法人カード特集
ビジネスカード おすすめ
法人カード
法人カード審査甘いのはどこ?
NTTファイナンス Bizカード
三井住友ビジネス for Owners
セゾン プラチナ ビジネス アメックス
OLTAファクタリング

広報・PRご担当者様へ

VOIX bizをフォローして最新情報をGET

記事ライター
虎さん<編集長>

虎さん<編集長>

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方