RSUPPORT、テレワーク・在宅勤務用ツール無償提供 4月30日まで無償提供

虎さん<編集長>虎さん<編集長> テレワーク ニュース
RSUPPORT株式会社、新型コロナウイルスBCP対策として、テレワーク・在宅勤務用ツール無償提供 4月30日まで無償提供

RSUPPORT株式会社、新型コロナウイルスBCP対策として、テレワーク・在宅勤務用ツール無償提供 4月30日まで無償提供

遠隔ソリューションの専門企業であるRSUPPORT株式会社(アールサポート)の新型コロナウイルスBCP対策、テレワーク・在宅勤務用ツール無償提供の利用社数が、1000社以上、利用人数6万人に到達。

引き続き、クラウド型Web会議「RemoteMeeting」および遠隔操作ツール「RemoteView」、遠隔サポートツール「RemoteCall」を2020年4月30日まで無償提供を継続中。

無償提供利用企業については、製造業(18.4%)、情報通信業(17.8%)、商社・卸売業(14.9%)が多く、その他、建築・土木業、金融・保険業など多種多様な業界が利用しているという。

無償提供の対象は、すべての企業・団体であり、小・中・高等学校、大学などの教育機関や、病院等の医療機関の可能となっている。

無償提供テレワークツールやサービス一覧はこちら

テレワーク 導入に関する助成金・補助金のまとめ

 

RSUPPORT テレワークソリューションの無償提供の概要

  • 対象:新型コロナウイルスの感染拡大により業務への影響を懸念しているすべての企業や団体
  • 申込期間:2020年1月30日~2020年4月24日
  • 無償提供期間:2020年2月1日~2020年4月30日
  • 無償提供ソリューション:RemoteMeeting、RemoteView、RemoteCall
  • 申込方法:以下の申請フォームより申込みを行い、3営業日以内に担当者より確認の連絡を行う。
  • 申請フォーム: https://forms.gle/XhV3umC3Aqe34NVD7
    ※既存RSUPPORTソリューションの導入団体は、新規のアカウント登録が必要となる。

 

RSUPPORT 無償提供ソリューションの紹介

RemoteMeeting

PCにソフトウェアをインストールする必要なく、WebブラウザさえあればWeb会議をすることができ、画面・ドキュメントの共有機能はもちろん、画面録画、AIによる議事録作成機能を搭載した共同作業ツールとして出勤や長距離移動をせずにオンライン上で共同作業をすることが可能になる。

RemoteView

インターネットに接続されたPCとモバイル端末、キオスク端末などをいつでもどこでも使うことができるようにする遠隔操作ツール。在宅勤務・テレワーク時にオフィスのデスクトップPCをどこからでも接続してファイルを開いたり、遠隔で業務用システムを使用することができるため、業務の継続性を維持することが可能。

RemoteCall

PCやモバイル端末に接続し遠隔でトラブルを診断・リアルタイムで解決することができるリモートサポートソリューション。顧客サポートだけでなく社内ヘルプデスクにも活用することが可能。

 

RSUPPORT株式会社

25ヵ国10,000社以上が利用するリモートサポート、リモートコントロール製品を中心とし、アジア・日本で市場シェアNo.1を誇るクラウド専門企業。
自社開発した独自の特許技術やサービスは、世界各地の製造業をはじめとしたさまざまな分野の企業、政府、公共団体、金融機関、教育機関にて導入されている。

  • 社名:RSUPPORT株式会社
  • 日本法人設立:2013年12月11日(日本支店設立 2006年4月)
  • 所在地:〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-2-20 第3虎の門電気ビル7階
  • URL:https://www.rsupport.com

 

【テレワークツール無料 キャンペーン 一覧】

【テレワークの助成金・補助金 一覧】

【アメリカで人気のテレワーク ツール27選】

 

 

広報・PRご担当者様へ

VOIX bizをフォローして最新情報をGET

記事ライター
虎さん<編集長>

虎さん<編集長>

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ