「stera pack(ステラパック)」三井住友のキャッシュレス決済端末。手数料やメリットを分析!

VOIX編集部VOIX編集部 サービス分析
「stera pack(ステラパック)」三井住友のキャッシュレス決済端末。手数料やメリットを分析!

stera pack(ステラパック)とは?こんな人におすすめ

三井住友カードの決済端末stera pack(ステラパック)は、お会計がスマートかつスムーズに、キャッシュレスの対応が実現できる中小企業向けのキャッシュレス決済端末サービスです。

ステラパックの特徴・メリット

stera pack(ステラパック)の強み

端末購入費が不要で、月額利用料の3,300円(税込)のみの支払いで30種類の決済手段に対応している点が大きな特徴です。初期費用が不要というのは心強いですね。

また、決済手数料は業界最安値の2.80%~と競合平均である3.0-4.0%と比較すると漁師的といえます。また、入金タイミングは最大で月に6回指定することができますので資金繰りに良いと評判です。

この強みはやはり「三井住友カード」という金融のメガカンパニーならではと言えます。

stera pack(ステラパック)
公式サイトへ

stera pack(ステラパック)の特徴・メリット

stera pack(ステラパック)のは決済操作が誰でも簡単で、お見積りがスムーズに、お会計がスマートになるのが特徴です。

ステラパック対応決済手段

キャッシュレス30種対応&お客様向けアプリが便利

キャッシュレスは30種類以上の決済方法に対応しており、しかも1台の端末で実現するオールインワンですから、お客様からみてレジ周りも対応もスッキリします。
お客様向けの会員証アプリのおみせポケットを活用すれば、キャンペーンの告知やスタンプカードの電子化も実現できます。

スマートな決済に必要なのはオールイン端末のstera terminal(ステラターミナル)の導入ですから、本当に導入のハードルが低くて簡単です。

決済のオペレーションが楽

決済のオペレーションは、3ステップで完了です。

  1. ①スタッフが決済方法を選択
  2. ②金額を入力してお客様の支払い方法を入力
  3. ③お客様に各種の決済方法で決済をしていただく

いずれも直感的にわかりやすく操作できますのでオペレーションのハードルは低いと言えます。

端末の機能も優秀

お客様向けの端末には、コードを読み取るカメラタッチ決済の非接触決済対応のリーダーカードリーダーが備わります。

お店側の端末はタブレットPCのような画面となっており、タッチ操作で決済を進めることができます。

電子サインにも対応しているので紙伝票の保管は不要ですし、自動音声機能でスタッフの案内は不要になりますから、お客様との会話が途切れなくなります。
暗証番号を覗き見られる心配もなくなり、レシート排出も内蔵プリンターで行えるので快適です。

stera pack(ステラパック)の料金・手数料

stera pack(ステラパック)の料金は、初期コストが0円で月額3,300円(税込)と分かりやすい料金体系になっています。
レシートロール紙、修理交換費用は無料ですし、会員証とスタンプカード、クーポン発行に顧客管理機能を併せ持つ会員証アプリおみせポケットも使えます。

業界最安水準の決済手数料は、VISAとマスターカードの決済が初年度2.80%から、その他決済方法も3.25%か3.74%と低水準です。

stera pack(ステラパック)は最短5日に1回という高頻度の入金サイクルにすることができます。その際に振込口座が三井住友銀行口座なら振込手数料が0円になります。

その他の銀行口座でも220円(税込)とリーズナブルなので、導入も運用も負担を最小限に抑えられることが分かります。

stera pack(ステラパック)の申し込み・導入方法

申し込み方法

stera pack(ステラパック)の申し込みと導入は、①WEBサイトからアカウント登録の申し込みで事業者主様の基本情報を入力、②登録完了メールを確認して案内通りにログインします。
更に、③各種決済会社の審査の為のお申込み情報を入力、④加盟店審査を経て正式にアカウント登録となります。

審査について

加盟店審査と審査結果が分かるのは、申し込みから約2週間~2ヵ月後です。ネットでのレビューを見ると1ヶ月以内という方が多いようです。
メールにて審査結果の連絡がありますから、それまでしばらく待つことになります。
アカウントの登録が完了すると、審査結果のメールにあるご利用可能日(予定)の前後数日以内に端末が届きます。

実際の導入開始はどれくらい?

端末の配送の目安は申し込みから約1.5ヵ月なので、2ヵ月以内に導入や運用を始められることになります。
端末が手元に届いてセッティングが完了したら、初期設定が済み次第利用の開始です。
利用可能な決済ブランドから順次、決済の利用が始められるようになっています。
どのブランドで決済できるか、使えるようになるかは審査結果メールに記載されます。
申し込みに必要なのは、法人なら発行後3ヵ月以内の履歴事項全部証明書、個人事業主であれば本人確認書類で、後はホームページのURLや店舗外観内観画像のみです。

stera pack(ステラパック)
公式サイトへ

【stera pack(ステラパック)】

関連:「stera pack(ステラパック)」三井住友のキャッシュレス決済端末。手数料やメリットを分析!

stera pack(ステラパック)の画像

「stera pack(ステラパック)」は、三井住友カードグループのSMBC GMO PAYMENT株式会社が提供する店舗用のキャッシュレス決済パッケージです。
1台で店舗に必要なほとんどのキャッシュレス決済に対応できるオールインワン決済端末「stera terminal(ステラターミナル)」に、集客アプリや販促アプリがプリインストールされた、実践的で拡張性の高いキャッシュレス統合パッケージです。

stera terminal(ステラターミナル)

stera packに含まれている端末「stera terminal(ステラターミナル)」は、ほとんどのクレジットカード、電子マネー、コード決済、スマホ決済に対応しているオールインワン決済端末です。詳しくは公式ページを確認してください。

▼詳しくはこちら▼
stera pack(ステラパック)
公式サイトへ

タグ: ,

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部

VOIX編集部

2020年代をリードするビジネス情報を中心にニュースを発信します。取材やリリースを中心に、価値のある情報をお届けします。
リリースをご希望の方
ページトップへ