「bitFlyer(ビットフライヤー)」のメリットや手数料について解説

VOIX編集部VOIX編集部 サービス分析
「bitFlyer(ビットフライヤー)」のメリットや手数料について解説

sabitFlyer(ビットフライヤー)は仮想通貨・ビットコインの最大手

これからビットコインなどの仮想通貨を始めたいと考えている方がいるかと思われます。そんな方にbitFlyerがおすすめです。ビットコイン取引量は6年連続1位を達成しているということは、多くの人に選らばれていることを意味します。

取引所はセキュリティの堅牢性を重視して選ぶべき

その最も要因はセキュリティの高さです。7年以上ハッキング0の次世代セキュリティのシステムなので、安全に取引をしたい方にピッタリです。

仮想通貨の取引所の選び方は、まず「セキュリティ」を重視すべきだと言えます。マイナーな取引所や過去に事故を起こした取引所はセキュリティに難がある可能性があります。

仮想通貨はハッキングの被害を受けて預けているお金が失われてしまう事件が過去には起きているため、安全に利用できるところを選ぶことはとても大事なポイントになります。知名度が高い取引所でも関係ありません。知名度が高くても大きな事件が起きているので気をつけてください。
ビットフライヤー
公式サイトへ

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴・メリット

仮想通貨に対してネガティブなイメージを持っている方がいるかもしれませんが、資金管理などのリスクをコントロールして堅実な方法で取引を続けることである程度のリスクは避けることができます。

17を超える多様な取り扱い通貨の種類

bitFlyerの特徴の1つ目はビットコインだけでなく、様々な仮想通貨に対応していることです。ビットコイン以外にはリップルやイーサ、ネムなど17種類も取り扱っています。様々な選択肢があった方がトレードチャンスが広がるので、多くの種類を取り扱っていることは重要です。ビットコインの動きが悪ければ、リップルに切り替えてトレードすることで安定的な収益が期待できます。

万が一の際の補償サービスがついている

2つ目の特徴は日本でbitFlyerにしかない補償サービスを導入していることです。メールアドレス・パスワード等の盗取による不正な日本円出金に伴う損害補てん規約、というものを設けています。不正アクセスが原因で損害の被害を受けた場合は、500万円を上限として補償を受けることが可能です。

bitFlyerはセキュリティ対策がしっかりしていますが、インターネットでは次々に新しいハッキング技術が生まれているため何が起こるか分かりません。万が一に備えて、リスクに備えておくことは欠かせないことです。この補償は二段階認証を設定しているユーザーだけになります。アカウントを開設した際は、すぐに2段階認証も行ってください。

スマホアプリの操作性が良い

3つ目の特徴はスマートフォンのアプリが非常に使いやすいことが挙げられます。初心者でも問題なく使用できるように、視覚的に分かりやすいアプリになっていて、多くのユーザーから高い評価を受けています。

初心者は使い勝手が悪いとストレスを感じてしまい、トレードにも影響が生じてしまうため、使いやすいアプリであることは損益にも関わる大きなポイントです。

上級者向けのビットフライヤーライトニングも用意されているので、まずは初心者用のアプリで慣れることから始めるべきです。そして、様々なキャンペーンも実施していて、ビットコインをゲットできる機会が多いです。商品購入や新規会員登録、資料請求をすることで、ビットコインが貰えるサービスを提供しています。金融や保険、グルメ、ファンションなどがあるので、自分の欲しい商品やサービスを利用することでビットコインが貰えてお得です。少ない資金でも始めることができて高く評価できます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の料金・手数料

取引をする際に気になるのは、料金や手数料といったコスト面になるはずです。口座開設料は当然無料。維持費などもかかりません。

基本的には、仮想通貨を購入するときの売買手数料と入出金の際の手数料です。

売買手数料

簡単取引所のビットコイン売買手数料は約定数量 × 0.01 ~ 0.15%

入出金の手数料

入金は住信SBIネット銀行からのクイック入金は無料になりますが、それ以外の銀行からの入金には330円かかります。

出金は三井住友銀行がお得です。3万円未満の出金で220円、3万円以上で440円になります。三井住友銀行以外だと3万円未満で550円で、3万円以上で770円もかかってしまうので、結構な差があることが分かるはずです。手数料は積み重ねていくと結構な金額になってしまうので、お得に利用したいのであれば入金や出金で利用する銀行も考えることをおすすめします。住信SBIネット銀行と三井住友銀行の口座を持っている方は、上手く活用してください。

bitFlyer(ビットフライヤー)口座開設方法と審査

bitFlyerを利用するためには口座開設をしないといけません。時間がかかるイメージがありますが、最短10分で口座開設することができるので便利です。

登録フォームにメールアドレスを入力して、確認メールを受け取ります。本人情報を受け取った後は、スマートフォンで免許証などを登録して本人確認を行うだけです。

株式投資やFXの口座開設は時間がかかることが多いのですが、bitFlyerは10分程度の時間であっという間に済ませることができて非常に便利です。口座を作ったら、入金をすれば取引ができるようになります。口座を作り終えたあとに、二段階認証も行うことを忘れてはダメです。補償が受けられなくなってしまいます。

ビットフライヤー
公式サイトへ

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部

VOIX編集部

2020年代をリードするビジネス情報を中心にニュースを発信します。取材やリリースを中心に、価値のある情報をお届けします。
リリースをご希望の方
ページトップへ