SCATとMHG社が美容業界の法人カード決済を推進

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん 公開 法人カード
SCATとMHG社が美容業界の法人カード決済を推進

「美容業界のDX化と資本業務提携の強化」について

SCAT株式会社とMHG社は、美容業界のDX推進を目的とした資本業務提携を強化しました。

これにより、JCB、Visa、Mastercard、AMEX、Dinersclubの5大ブランドに対応した主に中小企業におすすめの法人カードが利用できる理美容業界の事業者向けのBtoBクレジット決済である「請求書クラウド for Beauty」の取り組みが一層強化されます。 特にMHG社グループにおいては、美容室支援事業におけるBtoBクレジット決済サービス”請求書クラウド for Beauty”に注力しています。

関連▶「請求書クラウド for Beauty」のメリットや特徴とは

また、SCATの美容ディーラー販売管理システムとのシステム連携を通じて、美容サロンの経営効率化とキャッシュレス化を促進するとしています。

関連▶法人カードは年会費無料がおすすめ

このニュースのポイント
  • SCATとMHG社、資本業務提携を強化
  • 美容業界向けBtoBクレジット決済を推進
  • システム連携による経営効率化とキャッシュレス化

 

<以下リリース>

SCATとMHG社、資本業務提携を強化し、美容業界のBtoBクレジット決済推進とシステム連携

DX推進により美容サロンの課題を解決し、経営の効率化及びキャッシュレス化促進

 理美容業界DX化促進のリーディングカンパニーであるSCAT株式会社(東京本社:東京都港区、代表取締役社長:長島秀夫、東証スタンダード3974、以下、「SCAT」という。)は、理美容業界におけるDX推進サポートの一環として、株式会社エム・エイチ・グループ(本社:東京都渋谷区、代表取締役兼執行役員社長:半澤勝己、東証スタンダード市場:9439、以下「MHG社」という。)との資本業務提携を強化し、理美容業界に特化した請求書サービス「請求書クラウドfor Beauty」の販売促進に伴うBtoBクレジット決済、及びSCATが提供する美容ディーラー販売管理システムとの連携を発表いたしました。

資本業務提携強化の背景・目的

当社は、「ICTを活用した中小企業の経営支援による社会貢献」を企業理念として、理美容業界向けにPOSレジ顧客管理システムの販売や、美容予約システムなどの各種Webコンテンツサービスの提供により、美容サロンの経営のサポートを行っております。

MHG社は、日本国内及び海外に「モッズ・ヘア」サロンを展開しており、直営サロンの運営並びにフランチャイズ展開を担う美容室運営事業、「モッズ・ヘア」の起源であるヘアメイク事業、そして、これらの事業展開を通じて創出されるスケールメリットをサービス化した美容室支援事業等を行っております。

当社は、当社とMHG社との間で資本業務提携を行っており、また、MHG社100%子会社である株式会社ライトスタッフ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤田直樹、以下「RS社」という。)との間でも、美容サロン向けソリューション商品の販売提携を行うなど営業面においての相互販売協力関係を築くとともに、理美容業界における持続可能な環境経営支援を目的とした協力体制の構築を図っております。

当社グループは、更なる美容業界及び美容関連業界向けサービスの業容拡大を図っており、MHG社及びRS社の持つネットワークを活かした案件について業務提携を強固にし、MHG社の株式を追加で取得することにより、資本業務提携を強化することといたします。

今後とも両社グループの協力体制を更に強化し、課題解決の一助となるコンテンツ開発及びサービス領域の拡大に取り組んでまいります。

美容業界BtoBクレジット決済推進とシステム連携

美容業界では依然として紙の請求書郵送が主流であり、業界全体においても請求支払業務のDX化が課題となっています。この課題解決のため、理美容業界に特化した決済サービスを提供するRS社と、美容サロン向けPOSシステム、美容ディーラー向け販売管理システム等のソリューションを提供する当社が相互協力し、理美容業界にとって最適な電子請求書サービスの販売促進とBtoBクレジット決済の促進を目指します。

今後の展望

当社とMHG社グループの業務提携の強化を行うことは両社の更なる企業価値向上に繋がるものと考えており、両社の長期的なパートナー関係の発展・強化のために、相互に株式を追加取得する形での本資本業務提携の強化が必要と判断いたしました。

MHG社グループは、美容室支援事業において理美容業界向けBtoBクレジット決済サービスに注力しており、日本国内においてもキャッシュレス決済の普及はより加速し、企業間のBtoBクレジット決済においてもそのニーズは高まっております。

当社の持つソリューション技術、ネットワークと相互協力を図ることで、BtoBクレジット決済サービスの促進に加え、理美容業界の環境経営推進、DX推進等、課題解決の一助となるコンテンツ開発及びサービス領域の拡大に取り組んでまいります。

株式会社エム・エイチ・グループの概要

株式会社 エム・エイチ・グループ

社名 株式会社エム・エイチ・グループ (東証スタンダード:9439)
代表者 代表取締役兼執行役員社長 半澤 勝己
所在地 東京都渋谷区千駄ヶ谷一丁目11番1号 M・Hビル
グループ会社 株式会社エム・エイチ・プリュス ・ 株式会社ライトスタッフ

アーツ株式会社 ・ 株式会社オンリー・ワン

企業URL https://mhgroup.co.jp/

株式会社 ライトスタッフ

社名 株式会社ライトスタッフ
代表者 代表取締役 藤田 直樹
所在地 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-11-1 M・Hビル
事業内容 クレジットカード決済代行事業、サロン保険事業、サロンシステム事業、

サロン経営者及び技術者に対するコンサルティング業務、美容室経営

企業URL https://www.rscredit.co.jp/

SCATのDX戦略

SCATは理美容業界に必要なシステムとコンテンツを提供しております。

POSシステムとスマホアプリ、コンテンツサービスを併用して利用することで、サロン顧客の新規獲得やリピート集客につなげることができます。

営業活動の変革とお客様のニーズを捉えた最適な商品・サービスを提供することで、当社と理美容業界のDX化を普及・推進させることを目指します。

※)SCATは経済産業省が定める「DX認定事業者」です。

<以上>

法人向け後払いサービス「請求書カード払い」の利用企業が急増中!

利用企業急増中! 法人向けの後払いサービスを紹介

”手形”や”掛け払い”ではなく”法人クレジットカード”でもない、新しい形態の法人向けの後払いサービスとして、特にビジネスローンやファクタリングに代わる手軽な資金繰り対策に「請求書カード払い」と呼ばれるサービスの人気が小規模事業者の間で急上昇中です。
VOIXでは中小スタートアップ法人に人気の「支払いドットコム」や個人事業主とフリーランスにも評判の「DGFT請求書カード払い」など請求書を銀行振り込みからカード払いに審査不要で簡単に切り替えできるサービスについて、他の後払い方式との違いや複数の類似サービスを比較し特集しています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ