株式会社マネーフォワードがビジネスカードを活用し「コンサドーレを前へ!北海道応援プロジェクト」を開始

VOIX編集部VOIX編集部 公開 法人カード
株式会社マネーフォワードがビジネスカードを活用し「コンサドーレを前へ!北海道応援プロジェクト」を開始

マネーフォワードカードでコンサドーレを前へ!北海道応援プロジェクト

株式会社マネーフォワードが、北海道コンサドーレ札幌と協業し、中小企業向けの法人カード『マネーフォワード ビジネスカード』を活用して参加企業・個人事業主はスポンサー契約を結ぶことなく日々の事業活動を通じて直接チームの応援や地域経済への貢献ができる「コンサドーレを前へ!北海道応援プロジェクト」を開始します。

本プロジェクトでは、参加企業や個人事業主がマネーフォワード ビジネスカードを利用して支払いをするごとに、還元されるポイントの一部がコンサドーレに寄付され、寄付金はチーム運営や強化費に活用されるだけではなく、さらに地域経済の活性化にも寄与します。

関連▶法人カードをおすすめしたい中小企業の特徴とは

「マネーフォワード ビジネスカード」について

マネーフォワード ビジネスカード」は、高額決済が可能な中小規模の法人と個人事業主向けに特別に開発されたVisaブランドのビジネスカードです。リアルタイムで利用明細が反映され、経費支払いにも利用できます。
本プロジェクトでは、決済するごとに還元されるポイントの一部を北海道コンサドーレ札幌に寄付できます。

関連▶マネーフォワードビジネスカードの評判からデメリットを分析

このニュースのポイント
  • 決済ごとに還元されるポイントの一部をコンサドーレに寄付可能
  • 企業・個人事業主がスポンサー契約なしでチームを応援
  • 地域経済活性化に繋がる新しいスポンサーシップの仕組みを提案

 

<以下リリース>

マネーフォワード、「『マネーフォワード ビジネスカード』で、コンサドーレを前へ !北海道応援プロジェクト」を開始

ビジネスカードで決済するごとにポイントを還元し、チームの「応援寄付」が可能に

株式会社マネーフォワードは、北海道コンサドーレ札幌(以下「コンサドーレ」)と協業し、地域の活性化とチームの支援を目的とした「『マネーフォワード ビジネスカード』で、コンサドーレを前へ!北海道応援プロジェクト」を開始します。

本プロジェクトは、参加企業・個人事業主が『マネーフォワード ビジネスカード』で決済をするごとに、還元されるポイントの一部※1をコンサドーレに寄付できます。ポイントは寄付金として、チーム運営や強化費、さらにその先の地域経済の活性化へ役立てられます。参加企業・個人事業主は、スポンサー契約などを締結することなく、日々の事業を直接チームへの応援や、地域経済への貢献に繋げることができます。

※1 すべてのポイントを寄付することも選べます。

当社は、多くの企業・個人事業主の皆さまが『マネーフォワード ビジネスカード』の利用を通じて、コンサドーレをはじめとしたスポーツチームやその先の地域経済を支援できる、新たなスポンサーシップの仕組みを提案します。また、今後はスポーツ以外の文化活動などについても、プロジェクトを拡大してまいります。

プロジェクトの背景

当社は、2020年から北海道コンサドーレ札幌とパートナー契約を結び、チームを応援してまいりました。また、2023年5月には札幌市およびコンサドーレと連携し、地域企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進とデジタル人材育成を目的とした『まちづくりのDX推進アライアンス』を発足し、地域企業の生産性向上と新規事業創出を支援し、札幌市の経済活性化に寄与してきました。

今回のプロジェクトでは、『マネーフォワード ビジネスカード』を通して、チームとその先の地域経済を応援します。今後はポイントの寄付に加え、さらにコンサドーレを応援できるプログラムを予定しています。

プロジェクト参加方法

  • 参加対象者:新規登録する法人・個人事業主※2
  • 参加方法:下記の専用のフォームから申し込み、『マネーフォワード ビジネスカード』を発行します。
  • 専用フォームはこちら

※2 『マネーフォワード ビジネスカード』を既に利用しているユーザーの参加については、こちらのフォームからお問い合わせください。

『マネーフォワード ビジネスカード』について

『マネーフォワード ビジネスカード』は、一取引あたり最大1億円※3の高額決済が可能な法人・個人事業主向けのビジネスカードです。利用明細のリアルタイム反映が可能、何枚でもカード発行できるため、従業員に配布し、経費支払にも利用できます。利用上限を設定できる「カードコントロール」機能も提供しています。『マネーフォワード クラウド』※4と連携し、取引データを取得し、スピーディな月次決算、経費処理を実現できます。

URL:https://biz.moneyforward.com/biz-pay/

※3 プリペイドカードの場合、事前審査に基づき登録された特定の加盟店における決済に限り、一取引当たり最大5,000万円の決済が可能になります。

※4 『マネーフォワード クラウド会計』、『マネーフォワード クラウド会計Plus』、『マネーフォワード クラウド確定申告』、『マネーフォワード クラウド経費』を指します。

北海道コンサドーレ札幌について

  • 名称  :株式会社コンサドーレ
  • 所在地 :北海道札幌市豊平区羊ヶ丘1番地
  • 代表者 :代表取締役GM 三上大勝
  • 設立  :1996年4月
  • ホームタウン:札幌市を中心とする北海道
  • URL  :https://www.consadole-sapporo.jp/

株式会社マネーフォワードについて

  • 名称  :株式会社マネーフォワード
  • 所在地   :東京都港区芝浦 3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
  • 代表者 :代表取締役社長CEO 辻庸介
  • 設立  :2012年5月
  • 事業内容:PFMサービスおよびクラウドサービスの開発・提供
  • URL  :https://corp.moneyforward.com/
  • 主要サービス:
    お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』 https://moneyforward.com/me
    バックオフィスSaaS『マネーフォワード クラウド』 https://biz.moneyforward.com/

*記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。

<以上>


アメックスも使える請求書カード払いの利用企業が急増中!

利用企業急増中! 法人向けの後払いサービスを紹介

”手形”や”掛け払い”ではなく”法人クレジットカード”でもない、新しい形態の法人向けの後払いサービスとして、特にビジネスローンやファクタリングに代わる手軽な資金繰り対策に「請求書カード払い」と呼ばれるサービスの人気が小規模事業者の間で急上昇中です。
VOIXでは中小スタートアップ法人に人気の「支払いドットコム」や個人事業主とフリーランスにも評判の「DGFT請求書カード払い」など請求書を銀行振り込みからカード払いに審査不要で簡単に切り替えできるサービスについて、後払いアプリなど他の後払い方式との違いや複数の類似サービスを比較し特集しています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部

VOIX編集部

2020年代をリードするビジネス情報を中心にニュースを発信します。取材やリリースを中心に、価値のある情報をお届けします。
リリースをご希望の方
ページトップへ