三井住友カードが法人カード管理者サービスをバージョンアップ

VOIX編集部VOIX編集部 公開 法人カード
三井住友カードが法人カード管理者サービスをバージョンアップ

三井住友法人カードの管理者用サービス「SMCC Biz Partner」に新機能が追加

三井住友カード ビジネスオーナーズの2枚持ちの還元率UPサービスが好評の三井住友カード株式会社が、コーポレートカードとパーチェシングカードの管理者用サービス「SMCC Biz Partner」の機能を追加、Web完結で各種申請手続きができるようになりました。

関連▶法人カードをおすすめしたい中小企業の特徴とは

経理処理やバックオフィス業務の負荷が増大する中、企業は自社の管理業務を効率化するためにコーポレートカードやパーチェシングカードの利用を積極的に検討しています。これにより、経費精算や会計システムとの連携を通じた業務のさらなる効率化、不正利用防止やガバナンス強化といった多機能化が求められるようになりました。

また、企業のペーパーレス化やシステムのデジタル・トランスフォーメーション(DX)、キャッシュレス化が大きく進展し2023年度の法人カード利用額は2019年と比較し2倍になっていることから、企業取引環境の大きな変化に対応するため、さらなる利便性向上を目指し、法人カード管理者用サービス「SMCC Biz Partner」をバージョンアップしたとしています。

「SMCC Biz Partner」とは

法人カード管理者用サービス「SMCC Biz Partner」は、三井住友カードのコーポレートカードやパーチェシングカードを導入した企業の管理者がオンラインで各種手続きを行えるクラウドサービスです。 カード使用者の追加や退会、属性変更、カードご利用枠変更のお届け、請求書のPDFファイル、CSVデータのダウンロードなどの機能が用意されています。

「SMCC Biz Partner」の新機能 一覧

 

【三井住友カードのおすすめ法人カード】

業務用 三井住友カード
ビジネスオーナーズ
ゴールド
三井住友カード
ビジネスオーナーズ
デザイン 三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドカード smbc-biz-owners
特徴 ①審査書類として、登記簿謄本や確定申告書が不要なので、いますぐネットから申し込み手続きができます。キャッシュカードや通帳など、引き落とし用の口座番号がわかるものは必要です。)
②決算書や確定申告書、銀行口座残高証明など 業績に関する審査書類も不要なので、設立1年未満で決算書がない、設立・起業したばかりで、まだ売り上げがない・少ない、赤字など審査が不安な経営者にもおすすめです。
対象 満18歳以上の法人代表者、個人事業主(副業、フリーランスを含む)の方
年会費 5,500円、年間100万円以上の利用で翌年以降の年会費永年無料
詳しくは⇒ 三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド を年会費永年無料にする方法
永年無料
キャンペーン 入会キャンペーン開催中 入会キャンペーン開催中
詳細 三井住友カード
ビジネスオーナーズ
ゴールド
詳しくはこちら
三井住友カード
ビジネスオーナーズ
詳しくはこちら

 

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ: ,

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部

VOIX編集部

2020年代をリードするビジネス情報を中心にニュースを発信します。取材やリリースを中心に、価値のある情報をお届けします。
リリースをご希望の方
ページトップへ