UPSIDER BLUE DREAM Fundが株式会社コノセルに5億円の融資を実行

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん 更新 公開 法人カード
UPSIDER BLUE DREAM Fundが株式会社コノセルに5億円の融資を実行

「UPSIDER BLUE DREAM Fund」の投資実行について

中小企業におすすめの法人カードを提供する株式会社UPSIDERと株式会社みずほフィナンシャルグループの合弁事業である”UPSIDER Capital”がEdTechスタートアップの株式会社コノセルに対して、5億円の融資を行いました。これは、デジタルとリアルの教育サービスを提供するコノセルが更なる事業拡大を図るための異例の規模です。

コノセルは、個別指導コノ塾を通じてデジタル技術を活用した教育サービスを提供し、短期間での著しい成長を遂げています。この融資により、同社は教育業界におけるさらなる事業拡大とサービスの質の向上を目指すとしています。

関連▶年会費無料法人カード”UPSIDER”は独自審査が評判

このニュースのポイント
  • 株式会社コノセルに5億円の大規模融資
  • 教育スタートアップの成長を支援
  • 法人カード「UPSIDER」の与信モデルを活用

 

<以下リリース>

UPSIDER BLUE DREAM Fund、株式会社コノセルに5億円の融資を実行

法人カード「UPSIDER」で培った独自の与信モデルなどにより、さらなる事業加速を可能とする異例規模のデットファイナンスを実現

株式会社UPSIDERと株式会社みずほフィナンシャルグループの合弁事業である、株式会社UPSIDER Capital(代表取締役:石神 直樹、本社:東京都港区、以下「UPSIDER Capital」)を運営会社とした日本初のグロースステージスタートアップ向けデットファンド「UPSIDER BLUE DREAM Fund」は、株式会社コノセル(東京都新宿区、代表取締役:田辺理)に5億円の融資を実行いたしましたので、お知らせします。

融資先企業概要

EdTechスタートアップである株式会社コノセルは、「学びを通じた一生モノの成功体験をすべての人に。」をビジョンとし、ハイブリッド学習塾「個別指導 コノ塾」の運営や、アプリ・教材の企画開発を行っています。

「個別指導コノ塾」は公立高校を目指す生徒に5科目の個別指導を月額26,400円(税込)の定額制で提供する個別指導塾で、東京都・神奈川県・大阪府で教室を展開しています。独自アプリなどのデジタル技術による高品質な授業と、生徒ひとりひとりの詳細な学習データを活用した教室長による手厚いコーチング型の指導の融合により、2020年の創業ながら数多くの公立高校への合格実績をあげています。

UPSIDER Capitalは、同社がデジタルとリアルの融合を教育業界で実現し、わずか2年で47校の教室を展開する急成長を遂げていること、また、学ぶ人中心の教育が行き渡る世界を作るという理念に対し、ぜひ支援をさせていただきたいと強く感じ、今回の融資を実行する運びとなりました。

株式会社コノセル コーポレートサイトURL

今後の展望について

株式会社UPSIDERが持つAI技術を用いた与信モデルと、株式会社みずほフィナンシャルグループが持つ深い専門知識とネットワークを掛け合わせたデットファンド「UPSIDER BLUE DREAM Fund」は、特にミドル・レイターステージのスタートアップを対象に、「ともに、速く、遠くに」をキャッチコピーに最大規模の融資を最短1週間で実行することを掲げています。

株式会社UPSIDERが提供する法人カード「UPSIDER」が培ってきたAIを用いた独自の与信モデルによって、5億円という異例規模のデットファイナンスを株式会社コノセルに対して実現することができました。

今後もスピード感を持って、ベンチャーデット市場に新たな風を送り込む存在として、従来大きなデットファイナンスができなかったグロースステージ企業に新しい選択肢を提供してまいります。

株式会社コノセル 代表取締役 田辺理様よりコメント

このたびはUPSIDER BLUE DREAM Fundより、弊社の成長資金として5億円を融資いただきました。このおかげで、より多くのお客様に手頃な価格で学びを通じた成功体験を届けていくことが可能になりました。

今回の融資審査で何よりも驚いたのが、その審査スピードとシンプルで合理的な審査内容でした。弊社が日々お世話になっている法人カード「UPSIDER」を通じて、定量的な評価が迅速に下せるだけでなく、UPSIDER様自身がスタートアップであるからこその判断スピードや定性面での判断基準は同ファンドならではと印象に残っています。このようなスタートアップにとって頼りになる新しい調達手段が広がり、より多くのスタートアップが成長を加速していくことを期待しています。

株式会社UPSIDER Capital 代表取締役 石神 直樹よりコメント

教育はすべての人の挑戦の根幹にあるものです。教育を良くすることは、日本全体を良くすることと同義だと考えています。そんな重要かつ巨大な教育業界で、デジタルとリアルを融合させ、驚くほど良質なサービスを誰もが手の届く低価格で提供する「学習塾版ユニクロ」を作る、というコノセル様の大きな挑戦をグロースデットで応援させていただけたこと、大変光栄に存じます。

代表の田辺さんとお話しさせていただいた際、田辺さんのコノ塾の生徒さんや保護者の方への解像度の高さに驚かされました。これは、アプリから校舎までを一気通貫で提供できており、生徒のみなさんや保護者の方への接点が多い同社だからこそのものだと考えています。

コノセル様であれば、これまで提供者目線で作られてきた教育業界を再発明し、学びを通じて一生モノの成功体験を実現するというビジョンを達成できると信じています。同社の挑戦を、UPSIDERは全力で応援して参ります。

UPSIDER Capitalについて

  • 所在地:東京都港区六本木七丁目15番7号
  • 事業内容:UPSIDER BLUE DREAM Fundの運営、及び企業のサステナブルな成長に資する新たな金融サービスの開発・提供
  • 代表者:代表取締役 石神 直樹
  • URL:https://upsidercap.com/
  • 株主:株式会社UPSIDER、みずほイノベーション・フロンティア株式会社
本件およびUPSIDER Capitalに関するお問い合わせ先

ご導入のご相談や、取材申し込み、提携のご連絡は、contact@upsidercap.com までご連絡ください。

※ 本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。

<以上>

【関連記事】アップサイダーを数字で比較、評判や口コミも上々。 UPSIDER 法人カード年会費は永年無料で発行可能枚数が無制限。限度額も最大10億円、そして最短即日で利用可能など従来の法人カードと比べてスペックが別次元なアップサイダー
UPSIDERカードの人気の理由はネット広告の還元率Google広告やYahoo!広告に使う広告費でも1.5%と高いポイント還元率も好評!。
UPSIDERの評判や審査を解説

アメックスも使える請求書カード払いの利用企業が急増中!

利用企業急増中! 法人向けの後払いサービスを紹介

”手形”や”掛け払い”ではなく”法人クレジットカード”でもない、新しい形態の法人向けの後払いサービスとして、特にビジネスローンやファクタリングに代わる手軽な資金繰り対策に「請求書カード払い」と呼ばれるサービスの人気が小規模事業者の間で急上昇中です。
VOIXでは中小スタートアップ法人に人気の「支払いドットコム」や個人事業主とフリーランスにも評判の「DGFT請求書カード払い」など請求書を銀行振り込みからカード払いに審査不要で簡単に切り替えできるサービスについて、後払いアプリなど他の後払い方式との違いや複数の類似サービスを比較し特集しています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ: ,

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ