【FMVカード】年会費は実質無料・還元率1%の富士通クレジットカードを詳しく解説

【FMVカード】年会費は実質無料・還元率1%の富士通クレジットカードを詳しく解説

「FMV カード」と「FMV ふくまろカード」は富士通のクレジットカード

「My Cloud プレミアム カード」がリニューアルして「FMV カード」に刷新

FMV カードは富士通クライアントコンピューティング株式会社(公式)が”FMVをいつでも身近に、もっと自由に”をコンセプトに提供していた「My Cloud プレミアム カード」をリニューアルし、2024年2月28日から新たに発行が開始された Visa&Mastercardブランドの年会費 実質無料のクレジットカードです。 募集は富士通クライアントコンピューティング株式会社が行いますが、発行業務は株式会社オリエントコーポレーションが行っています。

「FMV カード」と「FMV ふくまろカード」の違い

FMV カードとFMV ふくまろカードの違いですが、FMV カードは”Visa”ブランド、FMV ふくまろカードは”Mastercard”ブランドとなっている点とデザインが最大の異なる点です。

富士通の2つのクレジットカードは年会費や還元率、各種付帯保険など同時内容となっており、キャンペーンの特典が異なる場合があるとしています。

関連▶おすすめナンバーレスカード

「FMV カード」と「My Cloud プレミアム カード」の違い

「FMV カード」は「My Cloud プレミアム カード」のメリットである還元率1%の現金キャッシュバックやFMVサポート特典をそのまま引き継ぎ、新たに富士通ショッピングサイト「WEB MART」での割引購入特典やMastercardブランドを採用した「FMV ふくまろカード」を追加、デザインもナンバーレス クレジットカード仕様に一新されています。

「My Cloud プレミアム カード」から「FMV カード」への切り替え

My Cloud プレミアムカードは更新のタイミングでFMV カードに自動的に切り替わります。 ただし、FMV ふくまろカードに切り替えることができないので新規の申し込みが必要です。

「My Cloud カード(AzbyClubカード)」からFMV カード」への切り替え

My Cloud カード(Azby Clubカード)は更新のタイミングになってもFMV カードに切り替わりませんので、FMV カードを利用したい場合は新規で申し込みをする必要があります。

FMV カードのメリット

VisaとMastercardブランドから選べる

FMV カードはVisaとMastercardブランドから選べるようになっています。 My Cloud プレミアム カードではVisaのみだったので選択肢が広がったというメリットがあります。

ナンバーレスデザインを採用

FMV カードはMy Cloud プレミアム カードとは違い、カード表面にカード情報を記載しないナンバーレスクレジットカードとなりました。

これによりセキュリティ性が向上し、カードをお財布から出したときに、カード情報を他人に盗み見られるなどの心配がなく初心者におすすめのクレジットカードには必須の機能です。 カード番号などのクレジットカード情報はカードの裏面で確認できます。

カードデザインはVisaブランドの「FMV カード」は歴代FMVをモチーフにしたデザインを採用、Mastercardブランドの「FMV ふくまろカード」は、FMVに搭載するAIアシスタント「ふくまろ」が際立つデザインにリニューアルしています。

「FMV カード」と「FMV ふくまろカード」のデザイン

利用額の1%をキャッシュバック

FMV カードを利用した金額の1%が現金キャッシュバックされる特典もメリットと言えるでしょう。 公共料金の支払いでも1%がキャッシュバックされます。 キャッシュバック金額に上限がないのも嬉しい点です。

ただし、キャッシング利用分、分割支払手数料、諸費用および「Edyチャージ」、「nanacoチャージ」、「オリコプリペイドカードチャージ」利用分はキャッシュバックの対象外となります。

タッチ決済に対応

FMV カードは、カードの表面にタッチ決済マーク(リップルマーク)がありませんが、タッチ決済を搭載しています。 支払いはお店の決済端末にカードをタッチするだけですばやく、便利に、安全に、そして清潔に支払いができるメリットを享受できます。

関連▶Visaタッチ 対応カード 一覧

Visa, Mastercardクレジットカードなのでどこでも使える

FMV カードは、Visa, Mastercardクレジットカードです。 お店でもネットでもサブスクでも世界中の加盟店で利用できるメリットがあります。

手数料無料で後払いができる

FMV カードは、毎月末日までの利用代金を翌月27日に引き落としされる後払い方式を採用しており1回払いで支払えば手数料は無料である点もメリットです。

富士通ショッピングサイト「WEB MART」の優待割引特典

FMV カード独自の大きなメリットは富士通ショッピングサイト「WEB MART」での支払いに利用すると優待割引特典がうけられます。 他の割引クーポンを利用するときもFMV カードの優待割引が適用され割引特典の二重取りができます。

さらに購入代金の1%が現金でキャッシュバックもされるので三重にお得になります。

FMVサポート特典や付帯保険・保障サービスが利用可能

FMV カードは、もしもの時に役立つ技術サポート電話サービス料が割引価格で利用でき、付帯保険や保障サービス(最高2,000万円の旅行保険など)、そして全国のお店でお得に利用できるオリコ優待クーポンも利用できるなどのメリットもあります。

FMV カードの特典例

  • 直販サイト(WEB MART)でFMV製品がプレミアム価格で買える
  • FMV プレミアムサービス 月額料金最大4%還元
  • FMVサポート割引
  • 海外旅行損害保険 最大2,000万円(利用付帯)
  • 国内旅行損害保険 最大1,000万円(利用付帯)
  • 紛失・盗難保障
  • 家族カード・ETCカード
  • 翌月1回払い ・リボルビング払い ・ボーナス払い ・回数指定分割払い

他にもパッケージツアー割引サービスや国内レンタカー予約サービスなどオリコのサービスも利用できます。

FMV カード デビューキャンペーンで2,000円がもらえる

今ならFMV カード デビューキャンペーンが開催中です。 2024年2月28日 ~ 4月30日の期間中にFMV カードに新規入会するなど条件を達成すると、2,000円がキャッシュバックされるメリットがあります。

FMV カード デビューキャンペーンの概要

  • キャンペーン期間:2024年2月28日 ~ 4月30日
  • キャンペーン特典:条件達成でもれなく2,000円キャッシュバック
  • キャンペーン条件:
    ①「FMV カード」に初めて入会すること
    ②キャンペーン期間内に、キャンペーンにエントリーすること
    ③新しく作ったカードでキャンペーン期間内に3万円以上を利用すること
    エントリー▶こちら

FMV カードのデメリット

年会費が永年無料ではない

FMV カードの年会費ですが1年目は無料です。 2年目以降は1,375円の年会費がかかります。 年会費永年無料のクレジットカードが一般的になった今気になる点です。

ただし、1年に1回でも利用するだけで翌年の年会費は無料になります。 金額条件はないので、例えばコンビニで10円の最安値商品の購入を1回でも利用すれば翌年の年会費が無料になるのでデメリットとは言えないかもしれません。

家族カードは年会費が永年無料なのは嬉しい点です。

▼コンビニの最安値商品は10円(2024年1月14日時点、VOIX調べ)
コンビニで10円の最安値商品「ペヤング」の画像

両面ナンバーレスではない

FMV カードはカード情報が表面に表示されていませんが、裏面にはカード情報が書かれているので完全ナンバーレスクレジットカードではありません。

両面ナンバーレスと比べると安全性面で劣るというデメリットがありますが、ナンバーレスはめんどくさいなどのデメリットはないため、利用者次第の点ではあります。

即日発行ができない

FMV カードは、ナンバーレスの開祖であるセゾンカードデジタルや24時間・最短10秒発行が好評の三井住友ナンバーレスなどのようなデジタルカードを即時発行できるサービスに対応していません。 FMV カードは発行日数が最短8日程度かかるのは現在においてはデメリットと言えるでしょう。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:
法人カード専門家 山本

監修者:山本克彦金融アナリスト 1976年東京都出身。某大手金融会社を独立後、15年以上に渡り金融アナリストとして活動。ライターとしては大手ニュースサイトに連載経験あり。 自身も複数会社を経営し、通算で法人カードを15枚以上作成経験あり。 座右の銘は「死ぬまでに1円でも多く得したい。」

ページトップへ