「モッピー Pay」は後払い(審査あり)もできるセレスのカードレス決済サービス

「モッピー Pay」は後払い(審査あり)もできるセレスのカードレス決済サービス

「モッピー Pay(モッピーペイ)」とは

「モッピー Pay(Moppy Pay)」は、株式会社セレス(以下、セレス)が運営する累計会員数1,100万人以上、スマートフォンアプリ300万ダウンロード以上を誇る国内最大級のポイントサイト「モッピー」で貯めたポイントをマイルなどに交換しなくても直接 Visaカードレスカードとして支払いに利用できる2023年11月30日より開始された新しい決済サービスです。

「モッピー Pay」が登場

モッピー Pay は後払い(審査あり)もできる

基本はモッピーポイントからチャージして利用しますが、後払いができる”おたすけチャージ+(プラス)”という機能が実装されるなど、モッピー Payのメリットやデメリットについてもリリース資料や評判や口コミなどからまとめてみます。

関連▶郵送なし”カードレス クレジットカード”

モッピー Payが使えるお店と使い方

チャージは必要、Visaのタッチ決済やクイックペイ加盟店で使える

モッピー Pay は、モッピー会員が「モッピー」で貯めたポイントを「モッピー Pay」にチャージしてから、Visaのタッチ決済の加盟店やQUICPay™(クイックペイ)加盟店などで支払いに使うことができます。

今までは、「モッピー」で貯まったポイントを利用するために提携する約50種のポイントやマイルなどと交換する必要があり、手数料も発生するデメリットがありました。

モッピー Pay 5つのメリット

  1. ポイント交換が不要
  2. 店舗の支払いにもネットの支払いも可能
  3. ネットでの支払いはポイント還元
  4. 「おたすけチャージ+(プラス)」で後払いも可能
  5. 個人間送金もできる

ポイント交換が不要

モッピー Pay は、「モッピー」で貯めたポイントをポイントやマイルの交換ではなく直接支払いに利用できる点が大きなメリットです。

店舗の支払いにもネットの支払いも可能

モッピー Pay は、日本を含む世界約200の国と地域で使えるVisaのタッチ決済加盟店と全国228万箇所以上のQUICPay加盟店で支払いに利用できます。 オンラインショッピングやゲーム課金などのインターネット決済時にもVisaプリペイドカードのバーチャルカードとして利用できます。

ネットでの支払いはポイント還元

モッピー Pay は、インターネット決済に利用した場合、0.5%のモッピーポイントが還元されます。

「おたすけチャージ+(プラス)」で後払いも可能

モッピー Pay は、後払いサービス「おたすけチャージ+(プラス)」を別途申し込むと、支払い金額に対しポイントが足りない場合でも、アプリ上で希望額をチャージして支払いに利用できます。

個人間送金もできる

モッピー Pay は、他のモッピー Pay利用者に手数料無料で送金できる機能も提供されています。

モッピー Pay 4つのデメリット

  1. 最低チャージポイント数は300ポイント
  2. 利用範囲が限定
  3. チャージ方法が限定
  4. モッピーへの入会とモッピーアプリが必要

最低チャージポイント数は300ポイント

モッピー Pay の最低チャージポイント数は300ポイントとなっており、制限があります。 ただし、300ポイント以上であれば1ポイント単位でチャージできます。

利用範囲が限定

モッピー Pay は、店舗での支払いならVisaのタッチ決済の加盟店とQUICPay加盟店、オンラインでの支払いならVisaプリペイドカードの加盟店での利用に限定されます。

加盟店数はかなり多く致命的なデメリットに名貼りませんが、コード決済や交通系電子マネーなどの加盟店では利用できません。

チャージ方法が限定

モッピー Pay へのチャージは「モッピーポイント」と「おたすけチャージ+(プラス)」、「個人間送金」の3通りだけです。 クレジットカードチャージや銀行振り込みによるチャージなどには対応していません。

モッピーへの入会とモッピーアプリが必要

モッピー Pay は、ポイントサイト「モッピー」の拡張サービスなので、モッピー会員になる必要があり、モッピーアプリも必要です。

モッピーアプリのダウンロード

モッピー Payのチャージ方法

モッピーポイントからモッピー Payへのチャージ方法は、モッピーアプリから以下の4ステップで可能です。 他にも「おたすけチャージ+(プラス)」、「個人間送金」を使ってチャージができます。

モッピー Payのチャージ方法

「おたすけチャージ+(プラス)」とは

モッピー Payで後払いができるサービスが「おたすけチャージ+(プラス)」です。

「おたすけチャージ+(プラス)」はモッピーアプリからアプラスが提供する専用のクレジットカードに申し込みが必要で、審査があり最初の利用可能な金額は審査結果により異なるなど、プラスチックカードが届かない、郵送なしクレジットカード に新規入会するのに近い内容となります。

おたすけチャージ+(プラス)のチャージ最低金額は1,000円からとなっており、1,000円以上は1円単位でチャージできます。

モッピー Payは「BANKIT®(バンキット)」により構築

モッピー Pay は、SBI新生銀行グループで資金移動業および前払式支払手段発行業の登録がある株式会社アプラス(以下、アプラス)が提供する「BANKIT®(バンキット)」という決済サービスを簡単に立ち上げられる金融プラットフォーム「BANKIT®(バンキット)」を活用して実現しています。

関連▶BANKIT®(バンキット)とは

「モッピー」と「マイレージプラス」がポイント交換を開始

セレスが運営するポイントサイト「モッピー」でたまったポイントをユナイテッド航空の「マイレージプラス(MileagePlus)」にポイント交換できるサービスが2023年1月23日より開始されます。

モッピー Payや子会社を通じてラボルカード払いなどのサービスを提供する株式会社セレスと、株式会社クレディセゾンや株式会社ジェーシービーと提携しMileagePlusセゾンなどのマイレージ関連サービスを提供するユナイテッド航空のサービスパートナーであり、ANAグループの全日空商事株式会社とデジタルガレージグループの株式会社DGフィナンシャルテクノロジーの合弁会社として「決済&マーケティングプラットフォーム」を基盤としたソリューションを提供するANA Digital Gate株式会社と事業提携を開始したことにより実現しています。

注意点としては、「マイレージプラス」から「モッピーポイント」への交換はできません。

「マイレージプラス」から「モッピー」へのポイント交換サービスの内容

  • 交換単位:
    ・1,500P  ⇒ 500マイル
    ・3,000P ⇒ 1,000マイル
    ・4,500P  ⇒ 1,500マイル
    ・6,000P  ⇒ 2,000マイル
    ・7,500P ⇒ 2,500マイル
    ・9,000P  ⇒ 3,000マイル
    ・10,500P ⇒ 3,500マイル
    ・12,000P ⇒ 4,000マイル
    ・13,500P ⇒ 4,500 マイル
    ・15,000P ⇒ 5,000マイル
    ・16,500P ⇒ 5,500マイル
    ・18,000P ⇒ 6,000 マイル
  • 最低交換ポイント:1,500P
  • 交換比率:3P =1マイル
  • 交換日数:交換申請日から2週間程度
  • 手数料:無料
  • ポイント有効期限:なし

関連▶マイレージプラスセゾン キャンペーン

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:
法人カード専門家 山本

監修者:山本克彦金融アナリスト 1976年東京都出身。某大手金融会社を独立後、15年以上に渡り金融アナリストとして活動。ライターとしては大手ニュースサイトに連載経験あり。 自身も複数会社を経営し、通算で法人カードを15枚以上作成経験あり。 座右の銘は「死ぬまでに1円でも多く得したい。」

ページトップへ