コンビニのクレジットカードvisaでの払い方とおすすめカードはどれですか? クレカの知恵袋

コンビニのクレジットカードvisaでの払い方とおすすめカードはどれですか?
  Q

質問者 コンビニのクレジットカードvisaでの払い方とおすすめカードはどれですか?

初心者ですみませんm(_ _)m
コンビニでクレジットカードを使うとき、Visaのクレジットカードって使えますよね?
Visaカードの場合、Visaタッチ決済や通常のクレジットカード利用(差し込み?)などがあると思いますがどっちをどのように使うのが一般的なのでしょうか?
また、おすすめのクレジットカードや使えないクレジットカードがあれば教えて下さい。

(回答数::)

回答結果を見る

A

回答者 Yamamoto コンビニでのVisaクレジットカードの払い方 & 還元率の高いVisaカード

コンビニでのVisaタッチ決済の支払い方法はとても簡単です。Visaタッチ決済を利用するには、まずレジにて「クレジットで」と伝えることが重要です。これにより店員がクレジットカードの支払い方法を選択し、端末が支払いの準備を行います。

お支払いをする際は、Visaタッチ決済対応マークのあるレジのリーダーに、カードまたはスマートフォンをタッチするだけです。リーダーのライトが光ったことを確認し、デバイスをリーダーにかざして支払いが完了します。サインや暗証番号の入力は必要ありませんが、一定金額以上の支払いでは暗証番号の入力が求められることもあります。

また、スマートフォンを使用する場合は、事前にApple PayやGoogle Payなどの対応アプリにカードを登録しておく必要があります​ ​。この設定を済ませておけば、スマートフォン一つで手軽に支払いができるようになります。

Visaのタッチ決済はセキュリティもしっかりしており、非接触対応のためスピーディーかつ安全に利用できるメリットがあります​。

Visaを国際ブランドとして採用しているクレジットカードで、コンビニでの還元率が特に高いカードについてまとめます。

三菱UFJカード

コンビニ還元率: セブン‐イレブン、ローソンで最大5.5%、期間限定で最大19%
年会費: 初年度無料、2年目以降1,375円(税込)
特徴: 最短翌営業日に発行可能、様々な電子マネーオプション(楽天Edy、Suica、QUICPay、Apple Pay)が利用可能

三井住友カード(NL)

コンビニ還元率: 最大7%
年会費: 永年無料
特徴: 24時間、最短10秒で即時発行可能、iD、WAON、Apple Payなどの電子マネー利用が可能

これらのカードはどちらもVisaブランドを採用しており、コンビニでの利用時に高い還元率を提供します。年会費の有無や発行スピード、サポートする電子マネーの種類など、カード選びの際の考慮点も含めて、個々のニーズに合った選択をすることができます。特に三井住友カード(NL)は年会費無料でありながら高還元率を誇り、即時発行が可能な点が大きな魅力です。

参考記事: コンビニ クレジットカード

A

回答者 Uehara ほとんどのコンビニでVisaタッチ決済が使えます。

コンビニでVisaタッチ決済を利用する際の注意点は以下の通りです。

金額制限あり(通常は15,000円)

Visaタッチ決済は通常、サインや暗証番号なしで利用できますが、一定の金額(通常は15,000円)を超えると、カードを挿入して暗証番号の入力が必要になる場合があります。この限度額はカード発行会社によって異なることがあるため、利用前に確認が必要です。

対応端末の確認

Visaタッチ決済を利用できるのは、対応マークがあるレジのリーダーのみです。すべての店舗や端末で利用できるわけではないため、支払い前に対応マークの確認をしましょう​。

端末の反応が悪いときもある

端末によってはタッチの感度が低い場合があり、一度タッチしても反応が悪いことがあります。その場合、確実に決済が行われるまでカードまたはスマートフォンを端末にかざし続ける必要があります​。

セキュリティの確認

Visaタッチ決済は非接触決済のため、カード情報の盗難リスクが心配されることもありますが、EMV標準のセキュリティ技術により高い安全性が保たれています。それでも、カードやスマートフォンを紛失した場合はすぐにカード会社への連絡が必要です​。

これらの点に注意しながら、Visaタッチ決済の利便性とスピードを活用してみてください。

コンビニでの支払いにはクレジットカードがおすすめ

コンビニでの買い物は日常生活の一部となっており、便利さが求められます。そんな中で、クレジットカードを利用することは多くのメリットをもたらします。ここでは、コンビニでの支払いにクレジットカードを使用することの利点について説明します。

ポイントが貯まる

クレジットカードを利用する最大のメリットの一つは、ポイントが貯まることです。クレジットカード会社は、利用金額に応じてポイントを還元するプログラムを提供しています。これにより、普段の買い物を通じてポイントを効率的に貯めることができます。

  • ポイント還元率: 多くのクレジットカードは、1%から2%のポイント還元率を設定しており、使えば使うほどポイントが貯まります。例えば、月に1万円のコンビニ利用がある場合、年間で1200ポイント以上貯まることになります。
  • ポイントの利用方法: 貯まったポイントは、次回の買い物での割引や商品交換、キャッシュバックなどさまざまな形で利用可能です。これにより、実質的に支出を抑えることができます。

支払いがスムーズで楽

クレジットカードを使えば、支払いが非常にスムーズで簡単になります。現金を数える手間が省けるだけでなく、タッチ決済やスマホ決済も可能です。

  • タッチ決済: 端末にカードをかざすだけで決済が完了するタッチ決済は、素早く支払いを済ませたい時に非常に便利です。待ち時間が短縮され、ストレスフリーな買い物ができます。
  • スマホ決済: Apple PayやGoogle Payなどのモバイル決済を利用すれば、財布を持ち歩く必要もなくなります。スマホ一つで買い物が完了するため、より便利な生活が実現します。

セキュリティ面で安心

クレジットカードには高いセキュリティ機能が備わっており、不正利用時の補償も充実しています。これにより、安心して利用できるという利点があります。

  • 不正利用防止機能: クレジットカードには、不正利用を防ぐための監視システムや暗証番号の設定などがあり、安全性が高いです。
  • 補償制度: 万が一不正利用が発生した場合でも、多くのカード会社が補償制度を提供しているため、利用者のリスクを軽減します。

管理が簡単

クレジットカードを利用すると、支出の管理が簡単になります。毎月の利用明細が発行されるため、何にいくら使ったのかを把握しやすくなります。

  • 利用明細の確認: オンラインで簡単に利用明細を確認できるため、支出の管理が非常に便利です。家計簿アプリと連携すれば、さらに詳細な管理も可能です。
  • 予算の管理: クレジットカードの利用履歴を見ながら予算を設定することで、無駄遣いを防ぐことができます。

コンビニでおすすめのクレジットカードとは?

コンビニではクレジットカード支払いが便利ということを説明してきましたが、カードはによってはポイント還元率に雲泥の差があります。

こちらの人気記事では、コンビニで使うクレジットカードにより10倍以上のポイント差がつくことを説明しており、中でも優秀なカードをいくつか挙げています。

コンビニで使えるクレジットカードのおすすめはどれ?使い方次第で10倍以上お得に!?

結論

コンビニでの支払いにクレジットカードを利用することは、ポイントが貯まる、支払いがスムーズで楽、セキュリティが高い、そして管理が簡単という多くのメリットがあります。これらの利点を活用して、より便利でお得な買い物を楽しんでみてください。次回のコンビニでの買い物には、ぜひクレジットカードを活用してみましょう。

VOIXでの コンビニ クレジットカードについての記事もチェックしてみてください。メリットやデメリット、キャンペーンなどについて詳しく説明しています。
※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター

VOIX編集部

2020年代をリードするビジネス情報を中心にニュースを発信します。取材やリリースを中心に、価値のある情報をお届けします。
リリースをご希望の方
ページトップへ