エポススマホカードとは。エポスカードとの違いは審査時間が大幅に短縮!

エポススマホカードとは。エポスカードとの違いは審査時間が大幅に短縮!

エポススマホカードとは、エポスカードとの違いは何?

エポスカードとエポススマホカードの違いは審査に必要な時間が大幅に圧縮され、申し込みして数分から数時間で使えることです。

エポスカードもネットで申し込みしてから即日発行してマルイなどのカードカウンターで受け取ることができましたが、エポススマホカードはスマホから申し込みをすると三井住友カード NL ナンバーレスのようにネットから簡単な申し込み手続きをするだけで「エポスアプリ」にクレジットカードを即日発行してデジタルなバーチャルカードをすぐ使えるのが最大の違いでありメリットと言ってもよいでしょう。

申し込みしてから、1~2週間程度してからプラスチックカードが郵送で届けられる仕組みなどは、セゾンカードデジタルや三井住友カード(NL)、JCBナンバーレスカード(NL)などと同様です。

後払いアプリとして使える

エポススマホカードの審査は日本在住の高校生を除く満18歳以上の方ならだれでも申し込むことができ、新規発行をする場合は株式会社エポスカード(公式)が開催するエポスカード入会キャンペーンにも参加できます。

また、すでにエポスカードを利用している方はエポスアプリ内の「エポススマホカード」メニューで設定すると後払いアプリが審査なしで利用できます。

エポススマホカードの使い方、使えない場所はある?

エポスカードとエポススマホカードの使い方の違いは店舗ではApple PayやGoogle Pay、QUICPayなどと連携してコンビニでも使える後払いアプリとしてタッチ決済で利用します。 ネットショップなどのオンライン決済の使い方はアプリに表示された”カード番号”、”有効期限”、”セキュリティコード”、”カード名義”を使うので今までのエポスカードと同じです。 ただし、Apple PayやGoogle Payに対応していない店舗では使えない点がデメリットとなり注意が必要です。

スピード審査により即時発行したエポススマホカードはマルコとマルオというイベントではマルイウェブチャネル・マルイ・モディで10%オフになる点は同じです。

「エポススマホカード」

エポススマホカードのメリット

即時発行してすぐ使えるスピード審査

通常のクレジットカードはネット申し込みしてから1~3週間程度でクレジットカードが届けられるので、すぐ使いたい場合には不向きです。

エポススマホカード」は土日祝日含めて24時間受付しており、スマホで申し込みをするとスマホで本人確認してから、三井住友カードのナンバーレスクレジットカードのようにアプリにデジタルカードが即時発行されるので、すぐ使うことができることが最大のメリットと言ってもよいでしょう。

ただし、夜間(21:50~8:10)については、申し込みして即時審査が行われ一時的なご利用可能枠を設定したエポススマホカードが発行されます。 その後朝8:10以降に再度審査が実施されます。

関連▶三井住友カード(NL)の評判を口コミから分析

エポススマホカード

エポススマホカードの画面

入会金無料・年会費永年無料

基本的なことですが「エポススマホカード」もエポスカード同様、入会金無料・年会費永年無料になっているのは間違いなくメリットです。

高い安全性と選べるカードデザイン

「エポススマホカード」はスマホとアプリにログインしないと使えないので、誰でも使えてしまう従来のエポスカードより安全性が高いというメリットもあります。 新しいサービスですが、カードデザインもかなり多彩なデザインから選ぶことができます。

ゴールドカードの無料招待

「エポススマホカード」は一定条件が達成すると無料のエポスゴールドカードに招待されるメリットもあります。 アプリに無料招待されるまでの達成率が表示されるのも安心です。

利用通期知能

エポスカードやエポススマホカードを利用するとエポスアプリに”利用日時・金額”がわかる通知が届きます。 万一の不正利用されたときにすぐ気づくことができ安心です。

分割払い・リボ払いもできる

「エポススマホカード」は通常の一括払いに加え、リボ払いや分割払いもできます。

関連▶エポスカード入会キャンペーン 特集

エポススマホカードのデメリット

Apple Pay・Google Pay・QUICPay未対応の店舗は使えない

「エポススマホカード」はApple Pay・Google Pay・QUICPay未対応の店舗は使えません。 即時発行した後1週間程度で届くプラスチック製のカードが届けばVisa加盟店で普通のVisaカードとして利用できます。

高校生は申し込めない

スマホを使った決済アプリが普及する中で「エポススマホカード」は日本在住の高校生を除く満18歳以上の方が対象なので、高校生は申し込めないのはデメリットと言えるでしょう。

ATMでキャッシングができない

「エポススマホカード」はアプリのデジタルカードなのでATMでキャッシングができませんので、口座振込によるNetキャッシングのみの対応になります。 即時発行した後1週間程度で届くプラスチック製のカードが届けばATMでキャッシングができます。

JCB、Mastercard、AMEXが選べない

「エポススマホカード」はVisaブランド専用となり、JCB、Mastercard、アメックスブランドは選べません。 とはいってもVisaであれば困ることはほとんどないはずなので、デメリットとは言えないかもしれません。

ゴールドカードやプラチナカードがない

「エポススマホカード」は三井住友カード ゴールド(NL)のようなアプリのデジタルカードのゴールド、プラチナグレードがまだ用意されていません。

関連記事➡ 三井住友カード ゴールド 切り替え キャンペーン

エポススマホカードの使い方はタッチ決済

「エポススマホカード」の使い方

エポススマホカードのカード情報

「エポススマホカード」のアプリ画面にクレジットカード情報としてカード番号、有効期限、セキュリティコード、カード名義が表示されるので、そのカード情報を使ってオンライン決済に利用できます。

また、店舗においてもApple PayやGoogle Payを設定してからVisaタッチ対応カードの様にタッチ決済で利用するかQUICPay(iOSのみ)を利用して支払いに使うことができます。

エポスカードの券面画像
エポスカード

「エポススマホカード」を即時発行してから1週間程度後にプラスチック製の「エポスカード」が届きますので、そちらのカードは一般のVisaクレジットカードとして利用できます。

エポススマホカードの申し込みの流れ

本人確認 必要書類

「エポススマホカード」の審査に必要な書類として「顔写真付きの本人確認書類」または「本人名義の金融機関口座」が必要になります。

本人確認書類一覧
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 在留カード
  • 運転経歴証明書
  • パスポート

申し込みは3ステップ

「エポススマホカード」の申し込みは以下3ステップだけです。

  1. 「エポスアプリ」をダウンロードする
  2. 本人認証をする
  3. 必要事項を入力する

「エポスアプリ」をダウンロードするQRコードエポスアプリダウンロード

エポススマホカードのよくある質問

Q

「エポススマホカード」とは何ですか?

A

「エポススマホカード」とは簡単にいうと、エポスカードのスマホアプリ「エポスアプリ」にデジタルクレジットカードを即時発行してしてすぐ使えるサービスです。
詳しく⇒ エポススマホカードとは
類似サービスを30種類以上ランキング形式で紹介しています。
詳しく⇒クレジットカードは即日発行できるデジタルがおすすめ 特集

Q

エポススマホカードが使えない場所は?

A

「エポススマホカード」はオンライン決済、Apple Pay、Google Pay、QUICPayを利用して支払いするので、これらに対応していない店舗などでは利用できません。 「エポススマホカード」を発行してから1週間程度後に届くプラスチック製の「エポスカード」を受取った場合は世界中のVisa加盟店で普通のクレジットカードと同様に利用できます。
詳しく⇒ エポススマホカードの使い方、使えない場所

Q

エポススマホカードのメリットは?

A

「エポススマホカード」のメリットはいつくかありますが何といっても、クレジットカードに申し込みをして即時発行ができ、すぐ使えることが最大のメリットです。
詳しく⇒エポススマホカードのメリット

Q

エポススマホカードのデメリットは?

A

「エポススマホカード」のデメリットは、ATMでキャッシングができない、Apple Pay・Google Pay未対応の店舗は使えない点となります。 1週間ほどしてからプラスチック製の”エポスカード”が届けば一般のVisaクレジットカードとして利用できます。
詳しく⇒エポススマホカードのデメリット

Q

エポススマホカードの使い方は?

A

「エポススマホカード」の使い方は、アプリに表示されているカード情報を使ってオンライン決済するか、Apple Pay・Google Pay・QUICPayを使って店舗で決済します。
詳しく⇒エポススマホカードの使い方、使えない場所

Q

既にエポスカードを持っている場合は作れる?

A

既にエポスカードを持っている場合も「エポススマホカード」を追加で作ることはできますが、上限は2枚までとなります。

 

【クレジットカードの即時発行とは】
以前は、申し込みをした当日に店舗で受け取る”即日発行”が発行スピードの最速でしたが、今では ナンバーレス クレジットカード の登場によって状況が一変しました。
申し込みしてから10秒~10分程度でアプリに即日発行して後払いもできるデジタルクレジットカードなど、驚きのスピード発行が実現しています。
そして面倒な書類の準備が不要で驚くほどカンタンにスマホで申し込むことができ、年会費もかからず、手数料無料の後払いができるので、初めてクレジットカードを作る初心者にもおすすめです。
最近ではカードを発行しないデジタル専用の後払いバーチャルカード アプリも人気が高まっています。

クレジットカードが届く前に使うことができるデジタルクレジットカードアプリ

 

エポスカードを使うとマルイグループのお買い物が10%になるマルイのセール&バーゲンが「マルコとマルオ」です。 1年間に6~10回程度開催されるので最新情報を確認してお得にショッピングを楽しんでください。

マルコとマルオはエポスカードで10%OFF

マルコとマルオ 最新開催情報
マルコとマルオの七日間 2024

アメックスも使える請求書カード払いの利用企業が急増中!

利用企業急増中! 法人向けの後払いサービスを紹介

”手形”や”掛け払い”ではなく”法人クレジットカード”でもない、新しい形態の法人向けの後払いサービスとして、特にビジネスローンやファクタリングに代わる手軽な資金繰り対策に「請求書カード払い」と呼ばれるサービスの人気が小規模事業者の間で急上昇中です。
VOIXでは中小スタートアップ法人に人気の「支払いドットコム」や個人事業主とフリーランスにも評判の「DGFT請求書カード払い」など請求書を銀行振り込みからカード払いに審査不要で簡単に切り替えできるサービスについて、後払いアプリなど他の後払い方式との違いや複数の類似サービスを比較し特集しています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:
法人カード専門家 山本

監修者:山本克彦金融アナリスト 1976年東京都出身。某大手金融会社を独立後、15年以上に渡り金融アナリストとして活動。ライターとしては大手ニュースサイトに連載経験あり。 自身も複数会社を経営し、通算で法人カードを15枚以上作成経験あり。 座右の銘は「死ぬまでに1円でも多く得したい。」

ページトップへ