オリコカードが即日発行できるデジタルカードが登場、メリットやデメリットは?

オリコカードが即日発行できるデジタルカードが登場、メリットやデメリットは?

審査時間は最短90秒、即時発行できるオリコ デジタルカードはApple Payに登録してすぐ使える

セキュリティ性が高く初心者にもおすすめのナンバーレスカードなどを提供する株式会社オリエントコーポレーション(オリコ)が、オリコ会員向けWebサービス「eオリコ」や会員専用無料アプリ「eオリコアプリ」で利用できる”オリコ デジタルクレジットカード”のサービス提供を開始しました。 特に「eオリコアプリ」を使うとApple Payなどとの組み合わせると、すぐ使えるクレジットカードアプリで後払いもできます。

オリコカード即日発行サービスの第二弾

即日発行発行ができるサービス第一弾として、オリコは2023年9月に加盟店向けデジタルオリコカード「Orico Code決済」をリリースしています。 今回の「オリコ デジタルカード」はオリコカードの即日発行サービス第二弾となり、審査は最短90秒で完了し、Apple Payとの組み合わせやカードレスカードも発行できるクレジットカードを即日発行できるデジタルな決済サービスとして大幅に進化しています。

オリコ デジタルカードの画像

カードレスカードとしても利用できる

既にオリコが発行した通常のプラスチックカードと組み合わせて利用できるだけでなくデジタル専用で郵送なしのカードレス クレジットカードとして利用できるサービスも提供されます。 ただし、カードレスタイプは更新時のカードのみで新規申込は2024年3月時点では対応されていません。

オリコカードが即日発行できるデジタルクレジットカード

類似サービスは三井住友カード、JCBやセゾンカードも提供

今回新たにリリースされた即時発行できるオリコデジタルカードの類似サービスですが、最初に提供を開始したのはセゾンカードとなり三井住友カード、JCBそしてイオンカードも参入しています。

カードレスタイプはセゾンカードも提供していますが三井住友カード(CL)カードレスが一番有名で、LINEも提携カードレスカードを発行しています。

関連▶三井住友カード カードレス デメリット

三井住友カード、JCB、セゾンカードと違うのは、オリコカードからはカードの両面にカード番号を表示しない完全ナンバーレスカードが提供されていません。

ただし、セキュリティ面では最強と言える完全ナンバーレスですが、めんどくさい”、”使えない”などナンバーレスカードのデメリットもあり、万人におすすめできるカードではありません。

関連▶ナンバーレス クレジットカード デメリット

オリコ デジタルカードの画面イメージ

オリコ デジタルカードのPC版画面

オリコ デジタルカードのPC版画面です。 オリコ会員向けWebサービス「eオリコ」を利用して、オリコカードの番号、有効期限、セキュリティコード、カード名義情報を表示することができるので、オンライン決済はプラスチックカードをお財布から出さなくでもこの画面の情報だけで利用できます。

オリコデジタルクレジットカードの画面

オリコ デジタルカードのスマホ版画面

オリコ デジタルカードのスマホ版画面です。 オリコ会員専用アプリ「eオリコアプリ」を利用して、オリコカードの番号、有効期限、セキュリティコード、カード名義情報を表示することができ、ネットショッピングやサブスク課金、デジタルサービスの支払いなどオンライン決済に利用できます。

オリコ デジタルカードのスマホ版画面

オリコデジタルカードのメリット

オリコの新サービスであるデジタルカードのメリットは多くのメリットがありますのでまとめてみました。

プラスチックカード不要でネット決済ができる

オリコ デジタルカードの最大のメリットとして、PCまたはスマホがあれば、お財布からオリコカードを出さずにネット決済ができます。

お店でもアプリのタッチ決済が使える

オリコ デジタルカードはタッチ決済 対応カードなので、Apple PayまたはiDに登録すると、お店でもタッチ決済が利用できるメリットもあります。

関連▶Visaタッチ 対応カード 一覧

オリコカードが届く前から使える

オンライン申し込みをすると最短90秒で審査が完了し「eオリコ」の登録手続きをするだけで、オリコカードが届く前に即時利用ができるメリットも大きいでしょう。

ほぼ全てのオリコカードで使える

オリコデジタルカードはオリコが発行するほぼすべてのカードが対象となっていることもメリットです。 セゾンカードやJCB、三井住友カードは一部のカードだけがデジタル対応されているだけです。

オリコカードを利用者は新たなに手続きをしたり、カードを申し込みすることなくオリコデジタルカードが利用できます。

アプリも機能強化

デジタルオリコカードは新たな機能として、カードを利用すると即時通知がメールやプッシュ通知される機能や、アプリからカードの一時的な利用の停止・再開の手続きもできるようになるなどのメリットが増えています。

オリコデジタルカードのデメリット

オリコデジタルカードにも少しだけデメリットと思われる点があるのでまとめてみます。

Google Payが使えない

デジタルオリコカードはGoogle Payが使えないというデメリットがあります。

完全ナンバーレスではない

三井住友カード、JCB、セゾンカードとは違い、オリコカードからはカードの両面にカード番号を印刷しない完全ナンバーレスカードは提供されていないのもデメリットとしておきます。

ただし、完全ナンバーレスはめんどくさい”などナンバーレスカードのデメリットもあり一長一短と言えるかもしれません。

24時間対応ではない

オリコデジタルカードは審査時間外に申し込みすると即時発行ができないのもデメリットと言えるでしょう。 とはいっても24時間対応で即時発行ができるのは三井住友カード(NL)ナンバーレスだけです。

関連▶三井住友カードの夜間即時発行の限度額や締め日を詳しく解説

カードレスは新規申し込みできない

オリコカードレスは、カードの有効期限終了時の更新の際にプラスチックカードを発行せずカードレスタイプとして更新されることで発行され、カードレスタイプの新規申込は2024年3月時点で対応していませんのでデメリットとしておきます。

家族カードを利用している場合は家族カードもカードレスタイプで更新されます。

ATMキャッシングや分割払いができない

オリコデジタルカードは、ATMキャッシングの利用や店頭での分割払いなどのプラスチックカードが必要となるサービスは利用できない点もデメリットとしておきます。

オリコデジタルカードの作り方、申し込みの流れ

オリコデジタルカードの作り方ですが、オンライン申し込みすると最短90秒で審査が完了するので、審査通過した場合はeオリコ登録完了メールとID・パスワード設定用のURL情報がSMSで送信されます。

SMSのURLから設定画面にアクセスしID・パスワードなどを登録をすると利用できます。 プラスチックカードは後日郵送されます。

  1. SMSのURLから本人認証項目入力
  2. メールアドレス認証
  3. ID・パスワード設定
  4. 登録完了

オリコカードの即日発行の流れ

 

【クレジットカードの即時発行とは】
以前は、申し込みをした当日に店舗で受け取る”即日発行”が発行スピードの最速でしたが、今では ナンバーレス クレジットカード の登場によって状況が一変しました。
申し込みしてから10秒~10分程度でアプリに即日発行して後払いもできるデジタルクレジットカードなど、驚きのスピード発行が実現しています。
そして面倒な書類の準備が不要で驚くほどカンタンにスマホで申し込むことができ、年会費もかからず、手数料無料の後払いができるので、初めてクレジットカードを作る初心者にもおすすめです。
最近ではカードを発行しないデジタル専用の後払いバーチャルカード アプリも人気が高まっています。

クレジットカードが届く前に使うことができるデジタルクレジットカードアプリ

 

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:
法人カード専門家 山本

監修者:山本克彦金融アナリスト 1976年東京都出身。某大手金融会社を独立後、15年以上に渡り金融アナリストとして活動。ライターとしては大手ニュースサイトに連載経験あり。 自身も複数会社を経営し、通算で法人カードを15枚以上作成経験あり。 座右の銘は「死ぬまでに1円でも多く得したい。」

ページトップへ