JCBと三菱UFJ銀行がジャパン・メタバース経済圏を推進

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん 公開 クレジットカード
JCBと三菱UFJ銀行がジャパン・メタバース経済圏を推進

「MULTI MAGIC PASSPORT」開発について

JCBカードWの即日発行サービスが人気の株式会社ジェーシービー(JCB)と三菱ナンバーレスが好評の株式会社三菱UFJ銀行は、ジャパン・メタバース経済圏(JMEZ)を推進するログシス株式会社への出資を通じ、デジタルIDウォレット「MULTI MAGIC PASSPORT™(MMP)」の開発を本格化します。

MMPは、ユーザーが自身の情報を管理し、対面・非対面で身元証明できる自己主権型アイデンティティ(SSI)を採用。エンタメ性とAIパートナー機能を兼ね備え、メタバース空間での利用・横断を可能にします。三菱UFJ銀行の追加出資により、ログシスは計7億円の資金調達を完了。

この技術は、メタバースプラットフォーム「リュウグウコク®」などでの利用を予定しており、メタバース経済圏の発展に貢献します。JCB、三菱UFJ銀行、ログシスは、デジタル空間を活用した経済圏の発展に向け、継続的に取り組んでいきます。

関連▶JCBカード S と JCBカード Wの違いとは

このニュースのポイント
  • JCBと三菱UFJ銀行がログシスに出資
  • 「MULTI MAGIC PASSPORT」開発を本格化
  • メタバース経済圏の発展に向けた取り組み

 

<以下リリース>

JCBと三菱UFJ銀行によるログシスへの出資およびMULTI MAGIC PASSPORT開発の本格化について

株式会社ジェーシービー(代表取締役兼執行役員社長:二重 孝好、以下JCB)と株式会社三菱UFJ 銀行(取締役頭取執行役員:半沢 淳一、以下三菱UFJ 銀行)は、今般、ジャパン・メタバース経済圏(以下JMEZ)を推進するログシス株式会社(代表取締役CEO:田畑 端、以下ログシス)の第三者割当増資を引き受けました。JCB とログシスは、本出資において両社間で資本業務提携を締結しております。また、三菱UFJ 銀行によるログシスへの出資は、2023 年5 月に続く追加出資となり、ログシスは計7 億円の資金調達を完了いたしました。

ログシスは、調達した資金をもって「MULTI MAGIC PASSPORT™(以下MMP)」の開発を本格的に進めてまいります。

MMP は、資格情報や属性情報をデジタルデバイス上で管理し、対面・非対面で提示することで帰責者を証明するデジタルID ウォレット(デジタル・アイデンティティ・ウォレット)です。ユーザー自身で情報提供の可否を判断する自己主権型アイデンティティ(Self-Sovereign Identity、SSI)の考え方を取り入れ、MMP 上でユーザー自身の同意管理をより簡単に実現することを目指しています。また、ユーザー自身が取得・提供する資格情報等の各種情報は、VC(Verifiable Credential)等の技術を活用して検証可能なデータとして取り扱うことを検討しています。

これらのデジタルID ウォレットとしての技術に加え、エンタメ性及びAI パートナー機能を兼ね備えたAIパートナーID ウォレット「MMP」を通じて、よりよいデジタルライフのサポートに貢献してまいります。

MMPは、ログシスと共にJMEZを推進するJP UNIVERSE株式会社(以下JPU)が提供するRPGメタバースプラットフォーム「リュウグウコク®」をはじめ複数のデジタル空間との連携を予定しています。MMPを使うことで、自分自身の証明や取引の信頼性を確保し、様々なメタバース空間を利用・横断することができるようになります。

本構想は2023年2月、メタバースやデジタルコンテンツが集う共通基盤を活用したJMEZの創出をきっかけに生まれました。日本だけではなく、アジアを始めとした全世界においてゲーミングテクノロジーを活用した産業DXの取り組みを加速させるため、今後もJCB・三菱UFJ銀行・ログシスは、デジタル空間を活用した経済圏の発展に必要な認証、決済、データなどに関する事業を継続的に取り組んでまいります。

MMPコンセプトイメージ
リュウグウコク®におけるMMP利用イメージ

各社の狙い

株式会社ジェーシービー

メタバースはインターネットの三次元化と言われ様々なビジネスの登場が期待されています。これまで多くのユーザーに最新のオンライン体験を提供してきた田畑氏とJCBがこれまで培ってきた「決済認証技術」を活用し、メタバースという世界に「信頼」を提供し、新たな経済を創り出せることに大いに期待し今回資本業務提携を締結いたしました。本締結をきっかけに、安全・安心でより良い世界に向けて協創してまいります。

株式会社三菱UFJ銀行

メタバースを含む次世代デジタル空間サービスは、利便性と体験価値の双方を備え、経済と産業の成長に大きなインパクトを与えるものとして注目されています。MUFGはオープン・メタバースを活用したジャパン・メタバース経済圏(JMEZ)創出の構想に参画しております。また、三菱UFJ銀行は2023年5月にログシスと資本業務提携を締結しております。

今回、MUFGが持つ金融機能も活かし、MMPを通じてメタバース空間における金融プラットフォーム機能を提供する予定です。また、産業界とメタバースを繋ぐ役割を果たすことで、メタバース経済圏の創出に向けた取り組みを加速させてまいります。

ログシス株式会社

ジャパン・メタバース経済圏(JMEZ)構想とはRPGエコノミーの実現です。RPGの世界に、体験を損なわない形で認証や決済などのデジタル空間を快適かつ安全に過ごせるインフラを構築することが必要です。MMPはその中核を担うソリューションで、パーソナルAIとキャラクターと認証システムなどを統合した「AIパートナーIDウォレット」という、個社では実現できない独自性の強いサービスになります。今回の資本業務提携により、本格的に開発を進めることになりました。空間コンピューティング時代の、仮想と現実の両方にまたがって利用できるものを目指して進めて参ります。


リュウグウコク®について

「リュウグウコク®」は、空間コンピューティング時代を見据えてPEGASUS WORLD KIT®(以下PWK)で開発されたRPGにゲームコマースを内包した仮想空間プラットフォームです。「リュウグウコク®」では、広大なVR世界でユーザーが好きなアバターで冒険に参加できるだけでなく、企業が提供する様々な現実のプロダクトを遊びの中で使用することができます。ユーザーにとっては、気軽に企業の製品やコンテンツをデジタル空間で体験できる機会となり、企業にとっては、ユーザーのゲーム体験をサポートすることで、新たな顧客との出会いの機会となります。

PEGASUS WORLD KIT®(PWK)について

「PWK」は、JPUが提供する仮想空間の開発に必要な機能が揃うRPG/メタバース開発キットです。写真からメタバース空間を簡単に作れる「RIV TECHNOLOGY®」など、ユーザーによるコンテンツ作成機能も搭載しています。

<以上>

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ: ,

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ