新たな3Dセキュア認証方式「OOB認証サービス」をJCBアプリで提供開始

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん 更新 公開 クレジットカード
新たな3Dセキュア認証方式「OOB認証サービス」をJCBアプリで提供開始

「OOB認証サービス」の導入について

「OOB認証サービス」はMyJCBアプリが採用した新たな3Dセキュア認証方式

大日本印刷株式会社(DNP)と株式会社日本カードネットワーク(CARDNET)は、オンライン決済のセキュリティ強化と利便性向上のため、JCBカード SなどJCBカード会員向けのスマートフォンアプリに対応する新たな本人認証方式「OOB認証サービス」の提供を開始しました。

関連▶MyJCBアプリ認証機能について

このサービスは、オンラインショッピング時に、カード情報に加え、保有者本人しか知らない情報での認証を必要とする「3Dセキュア」の新しい方式として導入されます。

OOB認証では、カード会社提供のアプリを利用し、パスワード入力の代わりに認証ボタンを押すだけで簡単に本人認証が完了するため、カード利用者はより簡単かつ安全にオンライン決済を行うことが可能になるクレジットカード初心者におすすめの認証サービスとして普及が期待されています。

不正利用被害の増加と「3Dセキュア」義務化の動きに対応し、DNPとCARDNETはOOB認証サービスを開始。この認証方式は、カード会社のアプリ利用促進や「カゴ落ち」リスクの軽減にも貢献します。また、将来的にはさらなる認証機能の強化やセキュリティ対策の向上を図り、安全・安心な取引環境の実現に努めます。

関連▶JCB 入会キャンペーン

このニュースのポイント
  • 新しい3Dセキュア認証方式「OOB認証」開始
  • JCBアプリで簡単かつ安全な認証を実現
  • 不正利用被害の軽減とオンライン決済の利便性向上

 

<以下リリース>

オンライン決済の利便性を向上させる新たな3Dセキュア認証方式を提供開始

JCBのスマートフォンアプリに対応し、より簡単な認証手続きでネットショッピングを実現

大日本印刷株式会社(本社:東京 代表取締役社長:北島義斉 以下:DNP)と株式会社日本カードネットワーク(本社:東京 代表取締役社長:熊田肇 以下:CARDNET)は、オンラインで安全にクレジットカード決済を行うためのサービス「3Dセキュア」*1の新しい本人認証方式として、OOB(Out of Band)認証サービスの提供を2024年3月12日(火)に開始します。また、同日、株式会社ジェーシービー(JCB)は本サービスの運用を開始します。
「3Dセキュア」は、オンラインショッピング時に、クレジットカードの番号や有効期限等に加え、保有者本人しか知らないパスワードを入力することで本人を認証するサービスです。今回追加するOOB認証サービスは、カード会社が会員向けに提供するスマートフォン用アプリ等を使って本人認証する方式で、利用者の利便性向上と、カゴ落ちの軽減などにつなげていきます。

OOB認証サービスのフロー図OOB認証サービスのフロー図

OOB認証サービス開始の背景

日本で発行されたクレジットカードの不正利用被害額は、2022年に436.7億円と、2021年の330.1億円と比べて約1.3倍に増加しています*2。こうした状況に対して経済産業省は、2025年3月までに、国内のオンラインショッピングで「3Dセキュア」を義務化する方針を示しており、2024年3月現在、国際ブランドのJCB、VISA、Mastercard、American Express、Diners Clubがその導入を推奨しています。

「3Dセキュア」をカード発行会社(イシュア)が導入するための認証サーバー「ACS(Access Control Server)」サービスをDNPは2008年から、CARDNETは2011年から提供しており、2020年からは「EMV-3D Secure ACSサービス」として共同で提供しております。今回、決済時のセキュリティ向上の動きに対してDNPとCARDNETは、利用者がパスワードを忘れて取引ができなくなる状況や、送信先の登録不備等でワンタイムパスワードが利用者に届かない状況を防ぐため、クレジットカード会社が提供するアプリ等で本人認証するOOB認証サービスの提供を開始します。

OOB認証サービスのメリット

利用者のメリット

アプリの認証ボタンでの決済で利便性が向上:

オンライン決済時に、カード会社提供のアプリ等で本人認証を行うことができます。利用者は、自分しか知らないパスワードや送付されるワンタイムパスワードを入力する必要がなく、カード会社が提供するアプリの画面に表示される認証ボタンを押すだけで、スムーズに決済できます。

パスワードと同等のセキュリティを実現:

カード会社提供のアプリの画面操作だけで決済が完結するため、悪意がある人にパスワードをだまし取られるフィッシング詐欺等の不安の軽減につなげることができます。また、アプリの顔認証や指紋認証等の生体認証機能を追加することで、より強固に不正利用等のリスクを抑えることができます。

クレジットカード会社のメリット

自社アプリの利用促進によるカード会員の「囲い込み」:

カード会社の自社アプリの利用が促進されることで、カードの利用継続と会員からの離脱防止といった「囲い込み」につながります。

スムーズな決済完了による「カゴ落ち」リスクの軽減:

スムーズな決済が可能になることによって、決済完了前に利用者が取引をやめる「カゴ落ち」の軽減につなげることができます。

 今後の展開

DNPとCARDNETは、多くのクレジットカード会社に、「3Dセキュア」のOOB認証サービスを順次提供していきます。また、認証機能やセキュリティ対策の強化など、生活者の多様なニーズを的確に応え、不正利用の被害の軽減にも取り組み、より安全・安心な取引の実現に努めていきます。

*1 3Dセキュアの詳細 →https://www.dnp.co.jp/biz/column/detail/20168839_2781.html

*2 一般社団法人日本クレジット協会調べ →https://www.j-credit.or.jp/information/statistics/download/toukei_03_g.pdf

※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

※記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

<以上>

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ: ,

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ