「Vプリカ リニューアル」新Vプリカ リアルカードも 2024年5月15日からスタート

「Vプリカ リニューアル」新Vプリカ リアルカードも 2024年5月15日からスタート

新Vプリカのリニューアル キャンペーンも開催

学生専用ライフカードが若者に好評のライフカード株式会社が、カードレスタイプですぐに使える審査なしVisaアプリであるインターネット決済専用Visaプリペイドカードを2024年5月15日(水) AM6:00から刷新しVプリカ リニューアルを実施、”新Vプリカ”としてスタートします。 さらに新Vプリカのリアルカードも同時に提供されますので評判や口コミなどからできるだけ情報を分析して詳しく解説します。

「Vプリカ リニューアル」ロゴ画像

Vプリカ リニューアルキャンペーンも開催、ポイント2倍

2024年5月15日~8月31日の期間にVプリカ リニューアルキャンペーンも開催され、期間中はライフカードからVプリカにチャージするとサンクスポイントが2倍になります。

関連▶ライフカード 入会キャンペーン

Vプリカ リニューアルキャンペーン

なぜVプリカはリニューアルされる?

「Vプリカ」は、本人確認や審査なしでコンビニなどで簡単に購入することができ、ネット上のVisa加盟店で世界中どこでも使える便利でメリットが多いVisaプリペイドカードです。

しかし、繰り返しチャージできない、お店で使えない、チャージできないなどのデメリットがあったので新Vプリカにリニューアルをしてデメリットを解消することが目的となっています。

リニューアルにより、4種類の「Vプリカ」から選べるようになり、すべてのタイプで審査不要、コンビニでのチャージコード購入が可能になります。

Vプリカリアルカードは2種類×2つのデザイン

Vプリカリアルカードは2種類×2つのデザイン

新しいVプリカはアプリ専用のデジタルカード”Vプリカ”と”Vプリカ+”の他に、お店で使えるVisaタッチ対応カードとなる2つのVプリカリアルカード ”Vプリカリアル”と”Vプリカ+リアル”が提供されます。 リアルカードはそれぞれ2種類のデザインから選ぶことができます。

Vプリカ リアルカードの違い

2種類のVプリカリアルカードの違いは以下のようになります。

タイプ Vプリカリアル Vプリカ+リアル
使えるお店 日本のVisaが使えるお店 日本と海外のVisaが使えるお店
Visaタッチ
残高上限 10万円 100万円
本人確認 なし あり
デザイン 2種類 2種類

新Vプリカのデメリット

早速ですが新Vプリカの大きなデメリットとして新たにアカウント登録が必要であるということでしょう。 ただしその他は大きくサービスが改善されメリットの方が多く、2024年5月15日のサービス開始を待たずに事前アカウント登録もできるので、後で述べますメリットを気に入った方は事前登録をしておくとスムーズです。

手続きはこちら▶事前登録

その他リニューアル後の新Vプリカのデメリットというか、注意点は以下の通りになります。

Vプリカ デメリット一覧

  • 新たにアカウント登録をして、新アプリと新マイページに切り替わる
  • 現Vプリカ残高を含む会員情報はVプリカへの引継ぎは行われない
  • 現Vプリカの残高は、リニューアル後も引き続き有効期限まで利用できるが新規購入は5月14日までとなる
  • 18歳未満は利用できない
  • リアルカードは無料ではない(発行手数料500円 税込)
  • 現Vプリカのアプリやマイページは2025年夏頃で終了する予定
  • プリペイドなので後払いアプリとしては使えない

現Vプリカから新Vプリカへの切り替えスケジュール

現Vプリカから新Vプリカへの切り替えスケジュール

新Vプリカのメリットと旧Vプリカとの違いを比較

新Vプリカのメリットをわかりやすくするために旧Vプリカとの違いを比較表にしてみました。 特に目立ったメリットは1枚のVプリカに繰り返しチャージしながら使えるようになることです。

新Vプリカ 旧Vプリカ
審査なし 審査なし
本人確認なし 本人確認なし
すぐに使える すぐに使える
コンビニで買える コンビニで買える
チャージできる チャージできない
同じカード番号をずっと使える カード番号が毎回変わる
お店でもネットでも使える お店で使えないネット専用
残高の上限が100万円 残高の上限が10万円
有効期限が5年 有効期限が1年間

新Vプリカは4タイプから選べる

リニューアルした新VプリカとVプリカリアルカードは以下の4タイプから選ぶことができます。

カード名 残高上限 リアルカード
Vプリカ 10万円 ×
Vプリカリアルカード 10万円
Vプリカ+ 100万円 ×
Vプリカ+リアルカード 100万円

いずれのタイプも審査不要でコンビニでチャージコードを購入することですぐに使えます。 ただし、Vプリカ+、Vプリカ+リアルカードは本人確認が必要となります。

さらに詳しい比較表は以下の通りです。

関連▶法人ライフカードのメリットとデメリット

Vプリカがユーザーアンケート結果を公表

新Vプリカとしてリニューアルされたきっかけとしてユーザーからの要望や意見が大きく反映されているようですが、ライフカード株式会社からVプリカのユーザーアンケート結果が公表されています。

特にユーザーからは新たに欲しい機能として、番号の変わらないチャージ機能についての要望が最も多かったようで、50%以上が繰り返し利用ができるチャージ機能を要望されていました。

また、オンライン購入ができるVプリカですが、アンケート結果ではコンビニで購入をすると答えた方が約70%となっています。

Vプリカを利用する理由としては、「セキュリティ」をあげた方が約40%、クレジットカードを使えない・使いたくないという理由は約30%となっており、セキュリティへの強い懸念が上位を占めています。

 

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
プレスリリース 無料 配信 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/
※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:
法人カード専門家 山本

監修者:山本克彦金融アナリスト 1976年東京都出身。某大手金融会社を独立後、15年以上に渡り金融アナリストとして活動。ライターとしては大手ニュースサイトに連載経験あり。 自身も複数会社を経営し、通算で法人カードを15枚以上作成経験あり。 座右の銘は「死ぬまでに1円でも多く得したい。」

ページトップへ