メルカリがビットコインで支払いが可能に!「メルカリ ビットコイン決済機能」を提供開始

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん 更新 公開 クレジットカード
メルカリがビットコインで支払いが可能に!「メルカリ ビットコイン決済機能」を提供開始

「メルカリ ビットコイン決済機能」とは

株式会社メルカリの子会社、メルコインは2024年2月15日から、メルカリアプリでの商品購入にビットコイン決済が可能な新機能を提供開始します。この機能により、ユーザーはメルカリで保有するビットコインを直接商品購入に使用できるようになります。ビットコインを売却し、その売却益をメルペイ残高にチャージして決済に利用する仕組みです。

メルコインは2023年3月にビットコイン取引サービスを開始し、7か月で利用者数100万人を突破。この新機能は、ビットコインをより身近に感じてもらい、暗号資産取引の初心者でも安心して利用できるように設計されています。また、ビットコインの保有・利用に関するユーザーの理解を深め、ビットコインの循環を促進することを目的としています。

このニュースのポイント
  • メルカリでビットコイン決済が可能に
  • ビットコイン売却益をメルペイ残高にチャージ
  • ビットコイン取引の利用者拡大を目指す

関連▶メルカードとは、メリットとデメリットを解説

メルカードをまだ持っていない方に朗報

本日がキャンペーン最終日
15曜日まで

メルカリのクレカ「メルカード」の表面の画像

入会費と年会費が無料、そして後払い手数料も無料になるメルカリで最強のクレジットカードと評判のメルカードはポイント還元率が1~4%と高く、独自の審査方式によりメルカリ利用者ならメルカードの審査に通りやすいことで有名です。
2024年3月22日時点で300万を枚突破し、楽天カードの発行ペースを上回る人気のメルカード! 今ならお得なメルカードキャンペーンが開催中です。

新生活を応援する最大13,000~29,500円分の特典がもらえるメルカード キャンペーンは2024年4月15日まで。

新生活を応援するメルカリの半額祭最大13,00029,500円分の特典がもらえるメルカードのキャンペーンは2024年15曜日まで。
メルカードは楽天カードなど他のカードと違って大きなキャンペーンは少ないので今は大チャンスです。
エントリーや紹介コードも不要、応募は「入会キャンペーン特設ページ」から申し込むだけ、お早めに!
メルカード
キャンペーン応募は
こちらから

入会キャンペーン
特設ページ

<以下リリース>

メルカリのお買い物でビットコイン決済ができる機能の提供開始 月間2,300万人・累計出品数30億品超のメルカリで、あらゆるモノの購入にビットコインが使える

株式会社メルカリ(以下、メルカリ)の子会社で、暗号資産やブロックチェーンに関するサービスの企画・開発を行う株式会社メルコイン(以下、メルコイン)は、2024年2月15日より、メルカリでの商品購入時(※1)に、保有しているビットコインを決済に使用できる機能(※2)を提供開始(※3)いたします。今回の新機能により、累計出品数30億品超のメルカリで、ビットコインを使ってあらゆるモノをシームレスに購入することが可能となります。

※1:メルカリShopsを除くメルカリアプリでのお買い物にビットコインをご利用いただけます
※2:メルカリ内のお買い物にビットコインの使用を選択した場合、保有しているビットコインを売却し、売却して得たお金をメルペイ残高へ自動でチャージ(入金)することで、メルカリのお買い物の支払いに使用する決済方法です
※3:本日よりメルカリアプリをご利用のお客さまは段階的に利用が可能になります。また、ご利用にはあらかじめ「メルカリ」のビットコイン取引サービスで、ビットコインを保有している必要があります(ビットコイン取引サービスご利用には審査がございます。また、18歳未満の方、75歳以上の方は利用できません)

「メルカリ」のビットコイン取引で生まれた新たなお買い物体験をさらにシームレスに

メルコインは、これまでビットコイン取引を行ったことがない方でも、かんたん・安心にご利用でき、ビットコインを身近に感じていただくことを目指して、2023年3月にビットコイン取引サービスを開始しました。開始7か月で利用者100万人を突破(※4)し、MMD研究所調査において「2023年に利用開始された暗号資産取引サービス」の項目でNo.1(※5)となりました。

「メルカリ」のビットコイン取引サービスを利用するお客さまのうち、約8割(※6)は暗号資産取引を初めて経験された方となっており、これまで暗号資産取引を行ってきた方とは異なるお客さまからのご利用を拡大しています。そして、メルカリで不要品を売却して得た売上金でビットコインを購入し、ビットコインを売却してメルペイ残高に戻してメルカリでお買い物をする、といった新たなお買い物体験も生まれていると考えられます。実際に、「メルカリ」のビットコイン取引サービスご利用いただいているお客さまのうち、約5割(※7)がビットコイン売却後にメルペイ残高を使ってメルカリでお買い物を経験しており、そこで買われてきたモノは特別高価な商品などではなく、アパレルや家電、おもちゃ、推し活グッズ、日用品など、お客さま一人一人の日常に関係するさまざまな欲しいモノ、好きなモノが購入されています。

こうしたお客さまの現状・ニーズを踏まえ、ビットコインを使った新しいお買い物体験をさらに加速させる新機能を提供開始いたします。

また、ビットコイン取引サービスご利用のお客さまアンケート(※8)によると、保有ビットコインの使い方・使い道を理解していると回答した方は5割未満(45.7%)にとどまり、持ってはみたもののどう使ったらいいかがわからない方も多くいることが伺えます。このようなお客さまに、ビットコインを「持つ」だけでなく「使う」ことを通じて理解を深めて、ビットコインをもっと身近なものとして感じていただきたいと考えています。

※4:すべてのお客さまが申込可能となってから(2023年3月16日)のビットコイン取引サービスの口座開設者数
※5:MMD研究所「2023年暗号資産(仮想通貨)に関する調査」調査結果より一部抜粋(https://mmdlabo.jp/investigation/detail_2297.html
※6:メルカリアプリ「ビットコイン取引サービス」申し込み時のお客さまアンケート調査結果(2023年10月4日時点)
※7:メルカリアプリ「ビットコイン取引サービス」でビットコインを売却した人のうち、売却後にメルカリで買い物をした人の割合(2023年10月4日時点)
※8:メルカリアプリ「ビットコイン取引サービス」ご利用のお客さまアンケート調査結果(2023年12月27日時点)

新機能概要

メルカリの商品購入画面より、ポイントの使用と同じようにビットコインを支払い方法のひとつとしてご利用いただけるようになります(※9・10・11)。また、ポイントや売上金との併用も可能です。

※9:「メルカリ」のビットコイン取引サービスで保有しているビットコインが使用対象となります
※10:保有しているビットコインを売却し、メルペイ残高に戻した日本円を支払いに使用します
※11:決済時、ビットコインの売却価格はスプレッド分が引かれた価格となります

あらゆる価値が循環するマーケットプレイスに向けて、日本や世界でも有数のビットコインを持つ・使う場所へ

これまで日本におけるビットコインをはじめとした暗号資産は、一部の方が利用するサービスとなっていました。暗号資産は価格変動の大きいリスク資産ということもあり、「損しそう(36.9%)」「何となく怖い(30.5%)」「購入資金がない(26.6%)」「ニュース・SNSを見てイメージが悪い(24.6%)」(※12)といったネガティブイメージや資金面での課題が存在しています。

ビットコインをもっと身近に感じてもらい、今後さらに多くのお客さまにご利用いただくためには、ビットコイン取引サービスで保有する人を増やすだけでなく、ビットコインの意味や価値、利便性を理解してもらうことが不可欠だと考えています。

株式会社メルコイン CEO 中村 奎太 コメント

「2023年3月にビットコイン取引サービスをリリースし、100万を超えるお客さまにご利用いただき暗号資産が少しづつ身近に感じていただけるようになってきたのではないかと思います。このステップをもう一歩大きく進めるべく、今回メルカリでビットコインが使える世界を実現しました。いつものメルカリで、いつもの購入体験の中に当たり前のようにビットコインが存在する状態を作ることで、日常的に活用できるものであることを知ってもらい、新しい価値をより実感してもらえると思います。
まだまだ暗号資産は投資の側面が強い中で、我々はメルカリを世界でも有数のビットコインによる決済が行われる場所にしていきたいと考えています。こうした新しい価値の循環によって、ブロックチェーンの世界との架け橋となれるよう、今後もさらにサービスを拡大してまいります。」

メルコインは今後も、暗号資産やブロックチェーンの領域に関する新たな挑戦をより強力に推進してまいります。

※12:メルコイン調べ、暗号資産に関するアンケート調査結果(2023年2月時点)

<以上>

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ: ,

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ