ステーキハウス88が全店で「青と黄色のVポイント」と「Vマネー」を導入

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん 公開 クレジットカード
ステーキハウス88が全店で「青と黄色のVポイント」と「Vマネー」を導入

ステーキハウス88のVポイント導入は2024年4月22日から

沖縄テクノクリエイトとパートナー企業は、2024年4月22日からステーキハウス88とステーキハウス88Jr.全19店舗で青と黄色のVポイント」サービスと電子マネー「Vマネー」のサービスを開始します。 これにより対象の三井住友カードを提示することでポイントが貯まり、さらに三井住友ナンバーレスカードで支払うことで、ポイントが併せて貯まる二重取りができる仕組みが利用できお得にステーキを楽しむことができるようになります。

関連TポイントとVポイントの統合 手続き

この新サービスにより、顧客は食事の支払いでポイントを貯めたり、使用したりできるようになります。200円ごとに1ポイントが貯まり、1ポイントは1円として使用可能です。また、Vマネーを使うことでさらにポイントが貯まる仕組みが加わり、よりお得に利用できるようになります。

「青と黄色のVポイント」のサービス概要

「ステーキハウス88」での「青と黄色のVポイント」サービスの概要は以下の通りです。

  • サービス開始日:2024年4月22日(月)
  • 対象店舗:「ステーキハウス88」「ステーキハウス88Jr.」全19店舗
  • 付与レート:200円(税込)につき1ポイント貯まります。
  • 利用レート:1ポイント=1円分として使うことができます。

関連▶三井住友カードでVポイント二重取りをする攻略法

 

<以下リリース>

4月22日から沖縄のレストランチェーン「ステーキハウス88」全店で「青と黄色のVポイント」を開始

「青と黄色のVポイント」が貯まる!使える!電子マネー「Vマネー」も使える!

株式会社沖縄テクノクリエイト(本社:沖縄県那覇市、代表取締役社長:金城康次、以下:「沖縄テクノクリエイト」)、CCCMKホールディングス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:髙橋誉則、以下:CCCMKHD」)、三井住友カード株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:大西幸彦、以下:「三井住友カード」)および株式会社Tマネー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:丹尾正和、以下:「Tマネー社」)は、2024年4月22日(月)より、沖縄テクノクリエイトが沖縄県内で展開するステーキレストラン「ステーキハウス88」と「ステーキハウス88Jr.」全19店舗で、「青と黄色のVポイント」が貯まって使えるサービスと、電子マネー「Vマネー」サービスを開始いたします。

「青と黄色のVポイント」(運営会社:CCCMKHD、正式名称:Vポイント)は、CCCMKHDと三井住友カードが、4月22日(月)より開始する新たな共通ポイントサービスです。「Vマネー」(運営会社:Tマネー社)(※1)は「Vポイントが貯まるカード」などでチャージをすることでご利用いただける電子マネーサービスです。

創業46年を迎え世代を超えて愛されている沖縄の老舗ステーキレストラン「ステーキハウス88」では、2020年4月より一部店舗にて「Tポイント」の導入を開始しました。新型コロナウイルス感染症の影響により、沖縄県の観光客数が大幅に減少したことから導入店舗の拡大を見合わせておりましたが、このたび4月22日の「青と黄色のVポイント」の誕生に合わせて「ステーキハウス88」と「ステーキハウス88Jr.」全19店舗で「青と黄色のVポイント」を導入することが決定しました。

このたびの取り組みにより、「ステーキハウス88」「ステーキハウス88Jr.」各店をご利用のお客さまは、店頭でのお会計時に、「青と黄色のVポイント」が貯まるカードを提示すると、お食事金額に対して「青と黄色のVポイント」が200円で1ポイント貯まります。貯まったポイントは、「ステーキハウス88」「ステーキハウス88Jr.」各店のお支払いで、1ポイント=1円分として使うことができるほか、全国のVポイント提携先でもお使いいただけます。

また「青と黄色のVポイント」が貯まるカードなどでチャージをすることで決済が可能な電子マネー「Vマネー」もご利用いただけます。「Vマネー」でお支払いいただくと、通常のお食事で貯まるポイントに加えて、Vマネー月間利用金額500円(税込)につきVポイントが1ポイント貯まります。さらに貯めたVポイントは「Vマネー」へチャージすることで、次回のお食事にもご利用いただけます。

沖縄テクノクリエイト、CCCMKHD、三井住友カード、Tマネー社は、「ステーキハウス88」「ステーキハウス88Jr.」各店での「青と黄色のVポイント」および「Vマネー」のサービスを通じて、これからも多くのお客さまに喜んでいただけるサービスを提供してまいります。

「ステーキハウス88」での「青と黄色のVポイント」サービス概要

  • サービス開始日:2024年4月22日(月)
  • 対象店舗:「ステーキハウス88」「ステーキハウス88Jr.」全19店舗
  • 付与レート:200円(税込)につき1ポイント貯まります。
  • 利用レート:1ポイント=1円分として使うことができます。

※「青と黄色のVポイント」のサービス詳細については、以下のWEB サイトをご確認ください。

CCCMKHD特設サイト:https://web.tsite.jp/vpoint/

三井住友カード特設サイト:https://www.smbc-card.com/camp/totalvpoint_mirror/index.html

「ステーキハウス88」での「Vマネー」サービス概要

  • サービス開始日:2024年4月22日(月)
  • 対象店舗:「ステーキハウス88」「ステーキハウス88Jr.」全19店舗
  • 利用可能金額:1円以上30,000円まで
  • Vポイント付与:Vマネー月間利用金額500円(税込)につきVポイント1ポイント付与
    ※Vポイント提携先ではVマネーでのお支払いによる決済ポイントと「青と黄色のVポイント」が貯まるカードの提示によるショッピングポイントがダブルで貯まります。
  • Vマネーのチャージ方法:
    1.クレジットカードによるオートチャージ・1タップチャージ
    2.Vポイントでのチャージ
    3.Paidyによる後払いでチャージ
    4.Vマネー加盟店で現金によるチャージ
    ※「ステーキハウス88」「ステーキハウス88Jr.」ではチャージいただけません
  • Vマネー有効期限:Vマネーの最終利用日から10年間

「青と黄色のVポイント」について

「青と黄色のVポイント」は、CCCMKHDと三井住友カードが、4月22日(月)より開始する新たなポイントサービスです。ご利用いただける店舗は現在のTポイント提携先15万店舗に加えて、国内ではVisa加盟店750万店舗、世界ではVisa加盟店1億店舗へ拡大いたします。

現在Tカード/モバイルTカードのみをご利用のお客さまは、対象の三井住友カード※をお申込みいただくと、Vポイント提携先かつVisa加盟店でのお買い物で、ショッピングポイントと決済ポイントのダブルで「青と黄色のVポイント」が貯まるようになります。また、「VポイントPayアプリ」をご利用いただくことで、国内の750万店舗、世界の1億店舗のVisa加盟店で、「青と黄色のVポイント」でお支払いいただけるようになります。

※一部、青と黄色のVポイントが貯まらないクレジットカードがあります。

(※1)4月22日(月)より、電子マネーサービスのTマネーは「Vマネー」にサービス名称を変更いたします。また、運営会社である株式会社Tマネーは、「CCCライフパートナーズ株式会社」に社名を変更いたします。

<以上>

詳しく▶Tポイント Vポイント キャンペーン

入会キャンペーン開催中のおすすめカード

カードデザイン キャンペーン情報
三井住友カード キャンペーン 三井住友(NL)キャンペーン
三井住友カード カードレス キャンペーン 三井住友カードレスのデメリット
三井住友ゴールドカード キャンペーン 三井住友ゴールド キャンペーン
プラチナプリファード キャンペーン 三井住友プラチナプリファード キャンペーン
Oliveフレキシブルペイ マルチナンバーレスカードとは

 

【クレジットカードの即時発行とは】
以前は、申し込みをした当日に店舗で受け取る”即日発行”が発行スピードの最速でしたが、今では ナンバーレス クレジットカード の登場によって状況が一変しました。
申し込みしてから10秒~10分程度でアプリに即日発行して後払いもできるデジタルクレジットカードなど、驚きのスピード発行が実現しています。
そして面倒な書類の準備が不要で驚くほどカンタンにスマホで申し込むことができ、年会費もかからず、手数料無料の後払いができるので、初めてクレジットカードを作る初心者にもおすすめです。
最近ではカードを発行しないデジタル専用の後払いバーチャルカード アプリも人気が高まっています。

クレジットカードが届く前に使うことができるデジタルクレジットカードアプリ

 

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ: ,

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ