Tポイント と Vポイントが統合、SMBCグループとCCCグループの資本業務提携により実現

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん 公開 クレジットカード
Tポイント と Vポイントが統合、SMBCグループとCCCグループの資本業務提携により実現

SMBCグループとCCCグループが資本・業務提携、Tポイント と Vポイントのブランド&ポイント事業が統合

株式会社三井住友フィナンシャルグループ(SMBCグループ)および  中小企業におすすめの法人クレジットカード やタッチ決済対応クレジットカード などキャッシュレス決済事業を展開する 三井住友カード株式会社(三井住友カード)とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(CCC)および CCCMKホールディングス株式会社(CCCMKHD)が、SMBCグループとCCCグループとの間の資本・業務提携に関し、基本合意書を締結しました。

資本提携として、決済・ポイント事業の共同運営実現のために、CCCMKHDをSMBCグループとCCCグループの共同事業会社化し、株式をCCCが6割、SMBCグループが4割の割合で保有する予定となっており、資本・業務提携契約について2022年12月31日までに締結する予定としています。

関連▶Tポイント と Vポイントが統合するメリットは二重取り

SMBCグループとCCCグループの資本・業務提携の全体図

SMBCグループとCCCグループの資本・業務提携の全体図

「Tポイント」と「Vポイント」を統合した新たなポイントブランド

業務提携の目玉として、三井住友カードとCCCMKHDのポイント事業を統合し、VポイントとTポイントを統合した新たなポイントブランドを立ち上げる予定としています。

「Vポイント」とは

「Vポイント」は、2020年6月にSMBCグループの共通ポイントとしてサービスを開始しました。

最大の特徴は、ためたVポイントが世界中のVisa加盟店で利用できる汎用性となっています。

「Tポイント」とは

「Tポイント」は、利用会員数は7,000万人、提携店舗数15万店舗、うち5,000を超えるポイント提携企業で利用されており、キャッシュレス決済や現金払いなどあらゆる決済手段で、TカードやモバイルTカードを提示することでポイントがたまるなど、国内市場の基盤を強みとしています。

この度、両社グループの強みを掛け合わせ、互いのポイントの貯まりやすさ、使いやすさを大幅に向上させることを目的に、両ポイントを統合し、新たなポイントサービス開始を視野に基本合意いたしました。

三井住友カードで新ポイントがたまる、三井住友カードがTポイントの公式カードに

三井住友カードの利用で統合後の新ポイントがたまり、Tポイントのアプリ・WEBサイト等で三井住友カードを公式カードとして募集を行うことが予定されています。

関連▶VポイントとTポイント 統合キャンペーン

「Tポイント」と「Vポイント」統合の目的

「Tポイント」と「Vポイント」の統合によりポイントのたまりやすさや使いやすさが大幅に向上しますが、主なメリットとして以下4点が挙げられます。

  1. Tポイント加盟店で統合後の新ポイントがたまる、使える
  2. 三井住友カードの利用で統合後の新ポイントがたまる、使える
  3. SMBCグループのサービスを利用すると統合後の新ポイントがたまる、使える
  4. 世界のVisa加盟店で統合後の新ポイントがたまる、使える

「Tポイント」と「Vポイント」統合のメリット

【三井住友カードのおすすめナンバーレスカード】
個人用 三井住友カード(NL) 三井住友カード ゴールド(NL) 三井住友カード プラチナプリファード
デザイン 三井住友カード(NL)ナンバーレスカード - 年会費永年無料 三井住友カード ゴールド(NL)ナンバーレスの券面画像 三井住友カードプラチナプリファード(NL)の券面画像
発行 スピード ネットで申し込みしてから最短10秒で即時発行(※)で即時発行ができ、すぐ使える。※即時発行ができない場合があります。
ポイント
還元率
最大7%還元 (※1) 最大7%還元 (※1) 最大10%還元
(ポイント付与の詳細は
公式ページで確認してください。)
対象 初めてカードを作る方におすすめ 年間100万円以上使う方におすすめ 年間200万円以上使う方におすすめ
年会費 永年無料 5,500円
年間100万円以上の利用で
翌年以降は年会費永年無料(※2)
33,000円
キャンペーン 入会キャンペーン開催中 入会キャンペーン開催中 入会キャンペーン開催中
詳細 ページ 三井住友カード(NL)と
ナンバーレスの評判
三井住友カード
ゴールド(NL)
初年度無料、
永年無料にする方法
三井住友カード
プラチナプリファード
キャンペーン 2024

※1:最大7%ポイント還元の内訳は通常ポイント0.5%+スマホのタッチ決済利用6.5%となっています。 商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があり、iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。 一定金額(原則1万円)を超えるとタッチ決済でなく、決済端末にカードを挿して支払いをするく場合があり、その場合の支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりません。 上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合があります。 ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。
※2:対象取引や算定期間等の実際の適用条件などの詳細は、三井住友カードのホームページを必ずご確認ください。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ: ,

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ