後払いアプリで現金化は可能でしょうか クレカの知恵袋

後払いアプリで現金化は可能でしょうか
  Q

質問者 後払いアプリで現金化は可能でしょうか

後払いアプリと呼ばれるアプリで完結するクレジットカードタイプのアプリがありますよね?あれって現金化可能でしょうか?
そもそも現金化って違法ではないのですか?

(回答数::)

回答結果を見る

A

回答者 Yamamoto カードの現金化は推奨されないリスクの高い行為です

クレジットカードの現金化は、ショッピング枠を利用して不適切な方法で現金を得る行為であり、クレジットカード会社の規約に違反し、さまざまなリスクを伴います。この行為は法律に明確に反したものではないものの、金融庁も含め、金融機関からは認められていません。利用者にとっては、カード会員資格の停止、クレジットヒストリーへの悪影響、金融犯罪や詐欺の被害に遭う可能性、個人情報の悪用、そして最悪の場合、自己破産ができなくなる可能性もあります。

このようなリスクを避けるためには、クレジットカードの現金化を行うのではなく、法律を遵守し、適切な金利が適用される公式のキャッシングサービスやカードローンを利用することをお勧めします。これにより、不要なトラブルやリスクを避けることができます。

現金が必要な場合、信頼できる金融機関が提供するクレジットカードやカードローンを利用することが賢明です。たとえば、三井住友カードは幅広いニーズに対応したカードローンサービスを提供しており、法律に基づく適切な金利で安全に資金を調達することが可能です。このような正規の金融サービスを利用することで、不必要なリスクを避けつつ、必要な時に適切な方法で資金を調達することができます。

参考記事: 安心して使える後払いアプリ

A

回答者 Uehara 現金化は金融庁も注意喚起を出しています。

いわゆる「後払い(ツケ払い)現金化」について、注意喚起するポイントがいくつかあります。「金融ブラックOK」「借金ではありません」といった誘い文句には特に注意が必要です。これらは、一見、利用者にとって魅力的なオファーのように見えますが、多くのリスクをはらんでいます。

後払い現金化は、形式上は商品売買の取引のように見えますが、実際には経済的実態が貸付けに該当することが多く、利用者は高額な支払いに直面することになります。商品の価値と販売価格が見合っておらず、顧客が実際にその商品を欲しているわけではないのです。さらに、このような取引を通じて提供された個人情報が悪用されたり、インターネット上でさらされるなどのトラブルに巻き込まれる危険性もあります。

また、貸金業としての取引が行われているにもかかわらず、適切な貸金業登録を受けていない場合、これは違法なヤミ金融業者の取引にあたり、罰則の対象となる可能性があります。こうした取引により経済的生活が悪化し、多重債務に陥る危険性も高いため、極めて注意が必要です。

「即日現金化」「ツケ払い商品売却で即日キャッシュバック」「レビュー投稿で現金報酬GET」「SNS拡散で商品宣伝協力金」といった甘い言葉に惑わされることなく、金融取引には慎重に対応することが大切です。このような取引に手を出さず、信頼できる金融機関や公式のキャッシングサービスを利用することをお勧めします。

VOIXでの 安心して使える後払いアプリについての記事もチェックしてみてください。メリットやデメリット、キャンペーンなどについて詳しく説明しています。
※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター

VOIX編集部

2020年代をリードするビジネス情報を中心にニュースを発信します。取材やリリースを中心に、価値のある情報をお届けします。
リリースをご希望の方
ページトップへ