Visaが後払い支援プログラム「Visa Installment Credential(VIC)」を提供開始

VOIX編集部VOIX編集部 公開 クレジットカード
Visaが後払い支援プログラム「Visa Installment Credential(VIC)」を提供開始

「Visa Installment Credential(VIC)」とは

Visa Installment Credential(VIC)とは、全世界のVisa加盟店でVisaブランドカードの利用者が決済するだけで支払いが自動的に分割払いとなったり、無金利で分割払いができるなど、よりフレキシブルな後払い決済を可能とするため、カード発行会社向けにVisaが新たに開発した決済プロダクトとなります。

日本において一般消費者向けの後払いや分割払いサービスは主にクレジットカードが担っていますが、2020年ころからは日本においても後払いアプリなどとも呼ばれるクレジットカードを利用しない手数料無料の分割払いサービスとしてNP後払いやPaidyなどのサービスが普及してきています。

しかし、クレジットカード以外の後払いサービスは主にオンライン決済向けとなっており実店舗ではあまり利用できず、最近では三井住友カードが開始した”アトカラ”というサービスが実店舗でクレジットカードを利用しない後払いサービスとしてリリースされています。

VICは実店舗を含めたVisa加盟店での分割払いや後払い決済サービスがさらに普及する可能性を含んでいると思われます。

このニュースのポイント
  • Visaが日本で初めてBNPL専用クレデンシャルを展開
  • VICにより、カード発行会社が無金利分割払いを提供可能
  • フィンテック事業者支援プログラム「VIC in a Box」を開始
  • 「VIC in a Box」にライフカードやオリコ、Episode Six Japanが参画

VisaがBNPL専用クレデンシャルの展開を開始

BNPL専用クレデンシャルとしては日本初

ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社が、BNPL(後払い)サービスをより普及させるため、国内初の後払い専用の資格となる「Visa Installment Credential(VIC)」の展開を開始しました。 Visaの加盟店においてフレキシブルな分割払いや後払い決済ができるようVisaが新たに開発したカード発行会社向けの”VIC”を活用することによりカード発行会社は、利用者が無金利で利用できる分割払いなどの決済オプションをより容易に提供することが可能となるとしています。

デジタルでも利用可能

”VIC”が特徴的なのは従来の物理カードだけではなく、主にスマホを活用したデジタルクレジットカードで分割払いなどが実現可能な後払い専用クレデンシャルとなります。 さらにVICは実店舗とネット店舗で1回だけ後払いが利用できるワンタイムユースと、利用可能枠の範囲内で繰り返し利用できるマルチプルユースの2通りにも対応しています。

これにより三井住友カードが提供しているアプリ専用のカードレスクレジットカードのような決済サービスを多くの事業者が自社でも容易に開発しやすくなるかもしれません。

関連▶アプリにすぐ使えるクレジットカードを即日発行できるデジタル クレカ 特集

「VIC in a Box」も提供開始

さらにビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社は、フィンテック事業者向けに後払いに関する新サービスのリリースを加速するためVisaNetへの接続やプロセシング面でのサポートを行うプログラム「VIC in a Box」の提供も開始しています。

「VIC in a Box」は、事業者が新たにVICを活用して決済サービスを開発する際に、Visaが事業者に「VIC in a Box」に参画しているパートナー企業を紹介し協働を促す取り組みで、より迅速に新しい決済サービスをローンチするための支援プログラムとなっています。

「VIC in a Box」にライフカードやオリコ、Episode Six Japanが参画

ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社は、日本における「VIC in a Box」にライフカード株式会社、株式会社オリエントコーポレーション(オリコ)、Episode Six Japan合同会社の3社が参画したことを発表しています。

VICについて▶公式ページ


 

【クレジットカードの即時発行とは】
以前は、申し込みをした当日に店舗で受け取る”即日発行”が発行スピードの最速でしたが、今では ナンバーレス クレジットカード の登場によって状況が一変しました。
申し込みしてから10秒~10分程度ですぐ使えるクレジットカードを即日発行できるデジタル アプリなど、驚きのスピード発行が実現しています。
そして面倒な書類の準備が不要で驚くほどカンタンにスマホで申し込むことができ、年会費もかからず、手数料無料の後払いができるので、初めてクレジットカードを作る初心者にもおすすめです。
最近ではカードを発行しないデジタル専用の後払いバーチャルカード アプリも人気が高まっています。

クレジットカードが届く前に使うことができるデジタルクレジットカードアプリ

 

アメックスも使える請求書カード払いの利用企業が急増中!

利用企業急増中! 法人向けの後払いサービスを紹介

”手形”や”掛け払い”ではなく”法人クレジットカード”でもない、新しい形態の法人向けの後払いサービスとして、特にビジネスローンやファクタリングに代わる手軽な資金繰り対策に「請求書カード払い」と呼ばれるサービスの人気が小規模事業者の間で急上昇中です。
VOIXでは中小スタートアップ法人に人気の「支払いドットコム」や個人事業主とフリーランスにも評判の「DGFT請求書カード払い」など請求書を銀行振り込みからカード払いに審査不要で簡単に切り替えできるサービスについて、後払いアプリなど他の後払い方式との違いや複数の類似サービスを比較し特集しています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部

VOIX編集部

2020年代をリードするビジネス情報を中心にニュースを発信します。取材やリリースを中心に、価値のある情報をお届けします。
リリースをご希望の方
ページトップへ