楽天ブラックカードが条件や特典を公開、2024年7月1日からWeb申し込みを開始

楽天ブラックカードが条件や特典を公開、2024年7月1日からWeb申し込みを開始

楽天ブラックカードはコンシェルジュやプライオリティパスが利用できる”楽天カード最上位モデル”だがメリットはある?

楽天ブラックカードはコンシェルジュやプライオリティパスが利用できる”楽天カード最上位モデル”

楽天ブラックカードの年会費は33,000円

アプリでスマホのタッチ決済ができる楽天デジタルカードが好評の楽天カード株式会社が、招待制の最上位となるブラックカード「楽天ブラックカード」のWeb申し込みを楽天プレミアムカード利用者を対象に2024年7月1日から開始しました。 申し込み条件も明示されたので、インビテーションがない状態で突撃しなくても楽天ブラックカードが作れるようになりました。

気になる楽天ブラックカードの年会費は33,000円、コンシェルジュやプライオリティパスも利用できるようになっており、楽天ブラックカードと楽天プレミアムカードの違いも比較しました。

関連▶ステータス最強のかっこいい法人カード「法人ブラックカード」特集

楽天ブラックカードは、楽天カードの最高峰に位置するプレミアムクレジットカードであり、カードホルダーには高額な限度額や高還元ポイントプログラム、同伴者2名まで無料のプライオリティパスや専用のコンシェルジュサービスなどが提供されます。
インビテーションがない状態で”突撃”と呼ばれる楽天ブラックカードの申し込み問合せをしなくても条件に則ればWeb申し込みができるようになりました。 やや、夢がない感じもしますが不確実性がなくなったのは良いことのような気がします。

楽天ブラックカードの条件も公開

楽天ブラックカードに申し込むための条件は、楽天プレミアムカードを12カ月以上利用し、年間の利用金額が500万円以上の会員が対象となります。 申し込み方法は「楽天e-NAVI」や「楽天カードアプリ」から可能となっています。

  • 【楽天ブラックカードの申し込み条件】
  • 楽天プレミアムカードを12カ月以上利用していること
  • 年間の利用金額が500万円以上であること

楽天ブラックカードの限度額は最高1,000万円

楽天ブラックカードは最高1,000万円の利用枠、充実した旅行保険、空港ラウンジ利用、コンシェルジュサービス、楽天市場や楽天トラベルでの優待ポイント、楽天証券の投信積立での高ポイント還元など楽天ポイントの還元率が封遇されるのでポイントがとても貯まりやすいのも特色です。

新たなプレミアム会員向けサービスも開始

さらに楽天ブラックカードと楽天プレミアムカードの利用者向けには、新たなプレミアム付帯サービスとして月3冊まで無料で雑誌が読める「楽天マガジン ライト for 楽天カード」と30日ごとに5時間まで無料で好きな音楽を聴くことができる「楽天ミュージックバンドルプラン」の提供も同日から開始しています。

楽天ブラックカードと楽天プレミアムカードの違いを比較

楽天ブラックカードと楽天プレミアムカードの違いはデザインから始まって年会費、限度額、旅行傷害保険、積立投資還元率などに及びます。 新たなプレミアム優待サービスである「楽天マガジン ライト for 楽天カード」と「楽天ミュージックバンドルプラン」のサービス内容は同じです。

カード名 楽天ブラックカード 楽天プレミアムカード
デザイン 楽天ブラックカード 楽天プレミアムカード
年会費 33,000円 11,000円
限度額 最高1,000万円 最高300万円
コンシェルジュ ×
手荷物宅配サービス ×
旅行傷害保険 海外最高1億円
国内最高5,000万円
最高5,000万円
国内最高5,000万円
空港ラウンジ ・国内主要空港のラウンジが無料
・世界145カ国、1,500カ所以上の空港ラウンジが同伴者2名まで無料(プライオリティ・パス)
・国内主要空港のラウンジが無料
・世界145カ国、1,500カ所以上の空港ラウンジが無料(プライオリティ・パス)
ポイント還元率 1~6% 1~4%
積立投資還元率 2% 1%
楽天マガジン 月3冊まで無料
楽天ミュージック 30日ごとに5時間まで無料
カードブランド Visa, JCB Mastercard, American Express

楽天ブラックカードのメリットは?

楽天ブラックカードの主なメリットは以下の通りですが、最高1,000万円まで高額な利用可能額、高いポイント還元率そして楽天カード随一と言えるコンシェルジュサービスなどが大きなメリットとなるでしょう。

  • 【楽天ブラックカードメリット一覧】
  • 高い利用限度額:最高300万円〜1,000万円までの利用枠があり、大きな支出にも対応できます。
  • 高いポイント還元率:楽天市場での利用でさらにポイントが1倍増、楽天証券での投資信託積立では100円につき2ポイントが付与されます。
  • 多彩な付帯機能:楽天Edyや楽天ポイントなどの機能が付帯し、日常の買い物でも便利に使えます。
  • 家族カード無料:2枚まで年会費無料の家族カードが発行できます。
  • 豊富な保険:海外旅行傷害保険(最高1億円)、国内旅行傷害保険(最高5,000万円)、動産総合保険(最高300万円)が自動付帯されています。
  • コンシェルジュサービス:レストラン予約やエンターテイメントの手配、旅行プランの提案など、専任のコンシェルジュがサポートします。
  • 空港ラウンジ利用:国内の空港ラウンジに加え世界145カ国、600以上の都市や地域で1,500カ所以上の空港ラウンジが無料で利用できる「プライオリティ・パス」が付帯し同伴者2名まで無料です。
  • 手荷物宅配サービス:旅行の際に、空港から自宅への手荷物を無料で宅配してくれるサービスが年2回まで利用可能です。
  • 特典満載の優待:楽天トラベルや楽天ブックス、Rakuten TVなどでの利用でポイントが増える優待特典があります。
  • レンタカー優待:Hertzレンタカーを優待価格で利用可能です。
楽天ブラックカードの年会費は高い印象がありますが、特典や優待サービスの内容はかなり豊富なのとアメックスプラチナの15万円やラグジュアリーブラックカードの10万円と比べると年会費は33,000円とかなり安い部類に入ります。
高額な利用可能額、豊富なポイント還元、様々な保険、専用コンシェルジュサービス、空港ラウンジの利用など、特別な体験を求める人に最適なカードです。特に楽天のサービスを多く利用する方にとって、楽天ブラックカードは非常に魅力的な選択肢となるでしょう。

詳しく▶公式ページ

 

【クレジットカードの即時発行とは】
以前は、申し込みをした当日に店舗で受け取る”即日発行”が発行スピードの最速でしたが、今では ナンバーレス クレジットカード の登場によって状況が一変しました。
申し込みしてから10秒~10分程度ですぐ使えるクレジットカードを即日発行できるデジタル アプリなど、驚きのスピード発行が実現しています。
そして面倒な書類の準備が不要で驚くほどカンタンにスマホで申し込むことができ、年会費もかからず、手数料無料の後払いができるので、初めてクレジットカードを作る初心者にもおすすめです。
最近ではカードを発行しないデジタル専用の後払いバーチャルカード アプリも人気が高まっています。

クレジットカードが届く前に使うことができるデジタルクレジットカードアプリ

 

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
法人カード専門家 山本

監修者:山本克彦金融アナリスト 1976年東京都出身。某大手金融会社を独立後、15年以上に渡り金融アナリストとして活動。ライターとしては大手ニュースサイトに連載経験あり。 自身も複数会社を経営し、通算で法人カードを15枚以上作成経験あり。 座右の銘は「死ぬまでに1円でも多く得したい。」

ページトップへ