楽天カードと国際ブランドのおすすめはどれ?Visa、Mastercard、JCB、AMEXの選び方

楽天カードと国際ブランドのおすすめはどれ?Visa、Mastercard、JCB、AMEXの選び方

楽天カードの国際ブランド

楽天カードは、複数の国際ブランドオプションを提供しており、利用者にはVisa、Mastercard、JCB、American Expressの中から選ぶことができます。これにより、利用者は自身のライフスタイルや特定のニーズに最適なブランドを選択することが可能です。例えば、一般的なショッピングにはVisaやMastercardが、日本国内での広範な受け入れを考えるならJCBが、高級旅行や特典を重視するならAmerican Expressが適しています​​​​​​。

楽天カードが提供する各国際ブランドの特徴を簡単にまとめた表です。

国際ブランド 特徴 最適な利用シーン
Visa 広範な加盟店ネットワーク、高い国際的受け入れ度 国内外での一般的なショッピングや旅行に
Mastercard 海外利用時の為替手数料が低い、Apple Payとの互換性あり 海外での使用が多い方、Apple Payを頻繁に利用する方
JCB 日本国内での広範な受け入れ、独自の特典とキャンペーン 国内での使用が中心の方、日本国内の特典を活用したい方
American Express ハイクラスなサービスと優待、年会費無料 高級旅行やレストランでの特典を楽しみたい方、ステータスを重視する方

これらのブランドはそれぞれ独自のメリットを提供しており、利用者のライフスタイルや具体的なニーズに応じて最適なカードを選択できます。また、楽天カードでは2枚のカードを持つことが可能で、異なるブランドを組み合わせて使い分けることもできます。これにより、より幅広いシーンでの利用や特典の最大化が期待できます。

2枚目の楽天カードの利点

楽天カードでは、一人で複数のカードを持つことが可能です。これにより、異なる国際ブランドのカードを持つことで、さまざまなシーンで使い分けることができます。例えば、国内主体で利用する場合にJCBカードを、海外旅行で主に使用する場合にはVisaやMastercardを選ぶことができます。このようにして、カードの特典や決済の利便性を最大化することが可能になります。

さらに、異なるブランドを持つことで、それぞれのカードの特典やキャンペーンを効果的に活用することができ、より多くのポイントを獲得したり、特定の割引を受けたりすることができます。この戦略は、賢いクレジットカードの使い方として推奨されています​​​​。

楽天カード Visaの特徴

楽天カード独自のキャンペーンを行うこともある

楽天カードVisaでは特別なキャッシュバックキャンペーンを提供しすることがあります。
例えば2024年5月13日~8月31日 開催のキャンペーンは、特定期間内にVisaカードを使用して一定金額以上を決済することで、抽選で1万人に1万円がキャッシュバックされます。さらに、スマホタッチ決済を利用した場合、期間中に合計金額の20%(最大1000円)がキャッシュバックされるというもの。

詳細:https://voix.jp/credit-cards/rakuten-card/rakutencard-visa-campaign/

世界的な利用の広がりと便利さ

楽天カードのVisaオプションは、その国際的な利用範囲の広さで特に注目されています。Visaは世界中で広く受け入れられており、200以上の国や地域、約7,000万カ所以上の店舗で使用可能です。これにより、海外旅行や国際的なショッピングが非常に便利になります​​​​。

高い決済の安全性と速さ

Visaはタッチ決済の技術を導入しており、端末にカードをかざすだけで支払いが完了します。これにより、よりスピーディで安全な取引が可能になり、特に急いでいる時に便利です​​。

優待特典の充実

Visaは、利用者に多様な優待特典を提供しています。たとえば、ホテル予約サイト「Booking.com」での予約に対してポイント還元や、旅行サイト「Expedia」での予約時に割引が適用されるなど、特に旅行好きな方にお得な特典が多く用意されています​​​​。

初めてのクレジットカードに最適

Visaの広範な受け入れと安全性、便利さは、初めてクレジットカードを作る人にとって理想的です。初心者でも使いやすく、また多くの場所での利用が見込めるため、クレジットカードとしての信頼性が高くなっています​​。

これらの特徴から、楽天カードでVisaを選ぶことは、国内外を問わず多くのショッピングやサービスで利用でき、充実したクレジットカードライフを送ることができるでしょう。

参考:https://www.visa.co.jp/

楽天カード Mastercardの特徴

広範囲にわたる利用可能エリア

楽天カードのMastercardオプションは、Visaに次ぐ広範な加盟店ネットワークを誇り、世界中で広く利用されています。Visaに匹敵する広さを持つこのネットワークは、特に海外での利用が多い人にとって大きなメリットです。世界中で利用可能なため、旅行や海外出張が多い方には特におすすめです​​。

主要なMastercardサービス

  1. 緊急サービス: 紛失や盗難時のクレジットカード再発行、キャッシングサービス、アカウント情報へのアクセス支援を提供します。これは365日24時間、国内外からアクセス可能です。
  2. Mastercard Nearby™アプリ: このアプリを使うと、コンタクトレス決済やモバイル決済が可能な店舗、および最寄りのATMを検索できます。
  3. MastercardグローバルATM検索: 住所を入力するだけで、Mastercard・Maestro®・Cirrus®マークのあるATMを瞬時に探すことができます。
  4. ゼロライアビリティー: 不正使用から保護され、条件を満たせばカード保有者の責任がゼロになる保護が適用されます。
  5. プライスレス・シティ: 世界各地の特別なイベントへの参加や特典を提供するプログラムです。日本国内では「プライスレス・ジャパン」が利用可能です。
  6. コストコでの利用可能性: 日本国内のコストコで支払いが可能なのはMastercardだけです。

為替手数料のメリット

Mastercardは、他の国際ブランドと比較して為替手数料が最も低く設定されることが多いです。これにより、海外でのショッピングやサービスの利用時に、より少ない追加コストで済むため、コストパフォーマンスを重視するユーザーには大きな利点となります​​。

Apple Payとの互換性

MastercardはApple Payとの互換性があり、Apple Payを利用したい場合に制限なく利用できます。これにより、iPhoneユーザーはSuicaなどの交通系カードへのチャージを含め、よりスムーズにApple Payを活用することが可能です​​。

多様なデザインオプション

楽天カードのMastercardは、選べるデザインのバリエーションが豊富です。このため、デザインにこだわりたいユーザーには特に魅力的な選択肢となります。限定デザインやおしゃれなカードを求める方にも満足いただけるでしょう​​。

これらの特徴から、Mastercardは幅広いシーンでの利用を考えている方、特に海外での利用を頻繁に行う方、Apple Payを利用したい方にとって、非常に魅力的な選択肢と言えます。

参考:https://www.mastercard.co.jp/ja-jp.html

楽天カード JCBの特徴

国内での強みと利便性

楽天カードのJCBオプションは、日本発の国際ブランドとして国内で広範囲にわたる加盟店ネットワークを有しています。これにより、日本国内での利用時に非常に便利であるという特徴があります。日本全国の多くの店舗で受け入れられているため、国内主体でカードを使用される方には特におすすめです​​​​。

独自のサービスと特典

JCBは、国内利用者向けに様々な特典やキャンペーンを提供しています。特に、楽天市場や楽天ペイでの利用において楽天ポイントが高還元率で貯まる点が魅力です。また、限定デザインのカードオプションもあり、ディズニーデザインなど、特定のテーマを好むユーザーにとって魅力的な選択肢となっています​​。

ハワイとエンターテイメントに強みを持つ

特に旅行やエンターテイメントに役立つ独自のサービスを提供しています。以下は、JCBの主な特徴とサービスに焦点を当てた内容です。

旅行関連のサービス

JCBは、特にハワイでの旅行が楽しめるようなサービスを提供しています。例えば、ワイキキ・トロリーピンクラインの無料乗り放題や、人気ホテルでの特別優待、JCBプラザ ラウンジ・ホノルルの利用が可能です。これらのサービスは、特にハワイを頻繁に訪れる旅行者にとって魅力的です。

エンターテイメント

「チケットJCB」というサービスを通じて、演劇やミュージカルなどのイベントチケットを割引価格で提供したり、先行販売の機会を提供しています。観劇やコンサートを趣味にしている方々にとって、これは大きなメリットとなります。

JCB「プライスレス・シティ」

JCBは「プライスレス・シティ」というプログラムを通じて、世界各地の都市で特別な体験やオファーを提供しています。日本では「プライスレス・ジャパン」を展開しており、様々な地元の場所で特別なイベントやプロモーションが楽しめます。
これらの特徴により、JCBカードは、頻繁に旅行する方や文化・エンターテイメントイベントを楽しむ方に特に適しています。

 

国際的な利用シーン

JCBは国内では広く受け入れられていますが、海外での加盟店ネットワークも拡大しており、特にアジア地域での使用においては利便性が高まっています。ただし、アメリカやヨーロッパではVisaやMastercardに比べると加盟店が少ない場合があるため、海外旅行の際には利用地域を考慮する必要があります​​​​。

楽天カードのJCBオプションは、特に国内での利用を重視する方や、JCB独自の特典やキャンペーンを活用したい方におすすめの選択肢です。

参考:https://www.jcb.co.jp/

楽天カード American Expressの特徴

ハイクラスなサービスとステータス

American Express(アメックス)は、楽天カードで選べる国際ブランドの中でも、特に高級感とステータスを兼ね備えています。このブランドは、一流ホテルやレストラン、ショッピングにおける優待サービスが充実しており、上質な顧客体験を提供します​​​​。

アメリカン・エキスプレス・コネクトの利用

アメックスを楽天カードで選ぶ大きな利点の一つが、アメリカン・エキスプレス・コネクトへのアクセスです。このサービスを通じて、さまざまなエンターテイメントや旅行、ダイニングの特典が利用可能となり、利用者にはさらなる価値が提供されます​​。

年会費無料のメリット

通常、アメックスは年会費が高額なことで知られていますが、楽天カードであれば年会費無料で提供されるため、手軽にアメックスのサービスを享受できます。これにより、コストを抑えつつ、アメックスならではのサービスを利用することが可能です​​​​。

Apple Payとの非互換性

ただし、楽天カードのアメックスオプションにはデメリットもあります。特に、Apple Payとの連携ができない点は、Apple Payの利用を考えている方にとっては大きな制限になる可能性があります。これは、利用する際の重要な考慮点です​​。

楽天カードでアメリカン・エキスプレスを選ぶ場合は、これらの利点と限定要素をよく考慮して、自身のライフスタイルやニーズに最適な選択を行うことが推奨されます。

参考:https://www.americanexpress.com/ja-jp/

国際ブランドの選択肢が豊富な楽天カード

楽天カードは国際ブランドの種類が4種類もあり、自分にあったブランドを選択できるのが嬉しいですね。

楽天カードは国際ブランドが豊富

楽天カード

楽天カードのメリット
  • 年会費永年無料
  • 楽天市場でのお買い物はポイント最大3倍
  • 選べる国際ブランド:VISA, Mastercard, JCB, AMEX
  • カード利用100円につき1ポイントの還元、楽天市場では100円3ポイント
  • ポイントは1ポイント=1円で使用可能
  • 海外旅行保険最高2000万円付帯
楽天カードのデメリット
  • 一部カテゴリでのポイント還元率低下(公共料金など)

特典とセキュリティ機能が豊富なカード

楽天カードは、年会費無料で高いポイント還元率を誇り、楽天市場での利用は最大ポイント3倍。カード番号が裏面にあるナンバーレスデザインでセキュリティも強化。
さらに、Edy搭載でスピーディな支払いが可能です。また、家族カードも無料で発行でき、全家族の利用分のポイントが一つのカードに集約されます。
国際ブランド Visa, Mastercard®, American Express, JCB
年会費 永年無料
ETCカード年会費 永年無料
発行スピード 最短翌営業日
ポイント還元率 基本1.0%
電子マネー Edy, Apple Pay
申し込み対象 18歳以上
キャンペーン 最大5000ptプレゼント
ポイント還元率が高く人気のカードです。楽天市場でのネットショッピングが多い方には特におすすめです。比較サイトのユーザーレビューを見ると悪い口コミが多いですが、私は悪いカードとは思いません。

今なら特典プレゼント中
楽天カード 申し込み

VOIXでは楽天カードのポイント還元率について特集した記事もあります。詳しくは「楽天カードのメリットとデメリットを紹介。ポイント還元率が絶賛される理由とは」を御覧ください。

国際ブランドとは

国際ブランドは、世界中の国や地域で利用可能なクレジットカードブランドを指します。これらは独自の決済システムネットワークを保持し、カード会社に使用ライセンスを提供しています。具体的には、VisaやMastercardなどがこれに該当し、これらのブランドのマークが入ったカードは、世界中の加盟店で使用することができます​​。

国際ブランドの決済システムと利便性

国際ブランドはそれぞれが独自の決済システムを保有しており、世界中の加盟店でクレジットカードが使用できるようにしています。例えば、VisaやMastercardのロゴがある店舗では、どこの国のカードであっても利用可能です。これにより、国際的な旅行者やビジネスマンは、異なる通貨圏間での支払いでもスムーズに行えるため、非常に大きな利便性を享受しています​​。

国際ブランドの種類とその特徴

国際ブランドは大きく分けて二つのカテゴリーに分類されます。一つ目は決済カードブランドで、その代表格としてVisaやMastercardが挙げられます。これらは日常のショッピングから大規模なビジネス取引に至るまで、幅広いシーンで利用されています。二つ目は旅行・娯楽(T&E)カードブランドで、American ExpressやDiners Clubがこれに該当します。これらは特に旅行や高級レジャーにおいて、追加的な特典やサービスを提供することで知られています​​​​。

国際ブランドの選択は、個人の生活スタイルや利用シーンによって異なりますが、それぞれのブランドが提供する独自の特典やセキュリティ機能を理解することが重要です。例えば、海外での利用頻度が高い場合は、広範囲に受け入れられているVisaやMastercardが適しているかもしれません。一方で、高品質なサービスや特典を求める場合は、American ExpressやDiners Clubが好まれます。このように、国際ブランドはそれぞれが異なる特色を持ち、消費者に多様な選択肢を提供しています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
法人カード専門家 山本

監修者:山本克彦金融アナリスト 1976年東京都出身。某大手金融会社を独立後、15年以上に渡り金融アナリストとして活動。ライターとしては大手ニュースサイトに連載経験あり。 自身も複数会社を経営し、通算で法人カードを15枚以上作成経験あり。 座右の銘は「死ぬまでに1円でも多く得したい。」

ページトップへ