ジャパネットカードは年会費と分割手数料無料が最大のメリット、デメリットは何?

ジャパネットカードは年会費と分割手数料無料が最大のメリット、デメリットは何?

ジャパネットカードは”ジャパネットたかた”と”三井住友カード”が共同で発行する提携カード

ジャパネットカードは、テレビショッピングを中心に、ラジオやインターネットなどのメディアを通じてオリジナリティー溢れる販売方法で有名な日本の大手通信販売会社である株式会社ジャパネットたかたと、アプリにクレジットカードを即日発行できるデジタルクレカやアプリ専用カードとなるカードレスなどデジタルな決済サービスが一躍人気となった三井住友カード株式会社が共同で2024年7月1日より新たに発行を開始した、Visaタッチ対応のクレジットカードです。 この記事ではジャパネットたかたのクレジットカード”ジャパネットカード”について評判や口コミも参考に解説します。

ジャパネットカードVisa(VOIX)

新ジャパネットカードは三井住友カード&Visa

旧ジャパネットカードは「ジャパネットカード(JCB)」という名称でセディナ(Cedyna)より2019年から2024年6月30日まで発行されており、2024年6月末時点の加入者数は86万人となっていましたが、発行元のSMBCファイナンスサービス株式会社が三井住友カード株式会社に吸収合併したことに伴い、装いを新たにカードカラーは黒を採用、ナンバーレスデザインのブラックカードに一新、決済ブランドもJCBからVisaに変更されています。

新ジャパネットカードは年会費無料、送料無料、分割手数料無料!

新たにリニューアルされたジャパネットカードVisaのメリットは何といってもジャパネットたかたでの購入に使うと最大60回まで分割手数料が0円の分割払い手数料無料クレジットカードとなっている点で、加えて年会費無料、送料無料となっておりジャパネットのお買い物に利用するには最強の無料クレジットカードといえるでしょう。

その他ジャパネットカードのデメリットと思われる点やジャパネットカード(JCB)との違い、切り替え方法についても詳しく解説します。

関連▶三井住友カードのお得な作り方 一覧

ジャパネットカードのデザイン

ジャパネットカードの新旧デザインの違いを比較

ジャパネットカードの新旧デザイン比較(VOIX)

まず新旧ジャパネットカードのデザインを比べてみると新しいジャパネットカードは、三井住友カードらしくナンバーレスデザイン&Visaブランドを採用しマット加工で重厚感のあるプラチナプリファードのような雰囲気にも似たスタイリッシュなデザインとなっているなど全く違った雰囲気になっています。

旧デザインはJCBブランドに凸凹したエンボス加工といかにも一世代前の趣きが漂っています。 尚旧ジャパネットカードはJCBのタッチ決済機能が付いていましたが、新ジャパネットカードもタッチ決済を搭載したVisaタッチ対応のクレジットカードとなっています。

ジャパネットカードJCBからジャパネットカードVisaへの切り替えについて

気になるジャパネットカードJCBからジャパネットカードVisaへの切り替え方法については、まず新しいジャパネットカードVisaに申し込みカード発行されたらジャパネットカードJCBの解約が推奨されています。

ジャパネットカードの新デザインはナンバーレス

ジャパネットカードのデザイン

新ジャパネットカードは前述したとおりエンボスレスのナンバーレスクレジットカードになりましたが、三井住友カードとしては珍しいカード番号やセキュリティコードなどのカード情報は裏面に印刷されている片面ナンバーレスとなっています。

また、三井住友カードお得意のすぐ使えるデジタルクレジットカードをアプリに即時発行するサービスには対応していません。

これらはカードの特質から先進性よりも実用性を重視し、ジャパネットたかたの通販で利用する機会が多いことを想定しあまり尖った仕様にしなかったものと思われます。 特に両面ナンバーレスには”不便”、”めんどくさい”などナンバーレス特有のデメリットもあるので、イメージは一新しつつバランスをとっている良い判断のように思われます。

ジャパネットカードのメリットとデメリット

それではジャパネットカードのメリットとデメリットについても詳しく確認してみます。

ジャパネットカードのメリットとおすすめ理由

ジャパネットカードのメリットとおすすめ理由

まず、新しくなったジャパネットカードのメリットとおすすめ理由をまとめますが、三井住友カードのキャンペーンではなく、常時ジャパネットたかたのお買い物がお得になる点が多く盛り込まれています。

最大60回!分割金利手数料が無料

ジャパネットカードの一番目立ったメリットはジャパネットたかたでのお買い物において最大60回まで分割払いの金利や手数料が無料になる点です。 これは高額なお買い物をする際には大きな武器になるでしょう。

送料無料

ジャパネットたかたでのお買い物が送料無料になる点もジャパネットカードのメリットと言えます。

年会費も無料

ジャパネットカードは年会費が3,300円ですが、初年度の年会費が無料になり2年目以降の年会費もジャパネットたかたにより全額ポイント還元されるので、実質年会費永年無料のカードとしてりようできます。

セキュリティ性が高い

ジャパネットカードは利用通知機能を利用することにより、カードを利用したらメールで通知が配信されます。 その他カード番号を裏面に記載したナンバーレスデザインとタッチ決済により実店舗での利用も安心できる点もメリットと言えるでしょう。

無料の後払い&スマホ決済ができる

ジャパネットカードは月末締め翌月26日払いの一括払いや2回分割払い、ボーナス一括払いなどの後払いが手数料で利用できます。 そして、Apple Pay や Google Playなどに登録するとスマホのタッチ決済ができるようになるので、カードを持ち歩かなくてもカードレスで後払いアプリとしても利用できる利便性の高さもあります。

関連▶ボーナス2回払い 手数料無料のクレジットカード 特集

保険補償も充実

ジャパネットカードは年会費が実質永年無料でありながら事前に旅行代金等をジャパネットカードで支払うことにより国内と海外旅行の傷害保険が最高5,000万円も付帯されるのに加え、1商品につき最大100万円まで補償されるショッピング保険、さらにジャパネットカードを紛失したり盗難した場合に発生した被害を届け出た日から60日前までさかのぼって損害の全額または一部が補償されるなど保険や補償が多いメリットもあります。

その他、世界中でどこでも使えるVisaブランド、ETCカードも作れる、Vpassアプリで利用明細の確認や各種手続きがスマホでできる、ジャパネット公式アプリ「つながるジャパネット」からカード請求金額がスマホで確認できるなどのメリットもあります。

ジャパネットカードのおすすめ理由

以上ジャパネットカードは、ジャパネットたかたでの買い物が常に送料無料になり、最大60回までの分割払い金利と手数料が無料であることなどジャパネットたかたの利用者にとっては非常に魅力的なクレジットカードと言えます。

その他にも年会費分もジャパネットポイントとして還元されるので実質無料になり、定期契約商品ではポイントが10倍になるのでジャパネットたかたでお買い物をする予定がある方には強くおすすめできます。

ジャパネットカードのデメリットとおすすめできない理由

ジャパネットカードのデメリットとおすすめできない理由

ジャパネットカードにはデメリットと思われる点も少しあるので、まとめて紹介します。

即時発行ができない

他のカードと比べるとデメリットではないのですが、せっかく三井住友カードのナンバーレスになったのに、ジャパネットカードは三井住友カードが得意とするデジタルカードを最短10秒~5分程度で発行してすぐ使える即時発行サービスに対応していない点はデメリットとしておきます。 ただしApple Payなどのスマホ決済を利用することでカードレスクレジットカードのような使い方はできます。

ポイント還元率が高くない

ジャパネットカードを利用すると200円(税込)につき、ジャパネットポイントが1ポイントたまり、1ポイント=1円として利用できるのでポイント還元率は0.5%となります。 これは楽天カードやPayPayカードなどの1%と比べると低く、たまったジャパネットポイントの利用はジャパネットたかたでのお買い物に限定される点はデメリットと言えるでしょう。 尚、ジャパネットカードはジャパネットたかたの定期契約商品購入時はポイントが10倍、還元率が5%になります。

その他にも家族カードが作れない、対象者が18歳以上で高校生は申し込みできない、など気になる点も列挙しておきましょう。

ジャパネットカードのおすすめできない理由

ジャパネットカードは年会費など維持費はかかりませんが、ポイントがジャパネットたかたでしか使えないジャパネットポイントとなるので、ジャパネットたかたでお買い物をする方以外にはメリットがないのでおすすめできません。

ジャパネットカードは、既に述べましたがジャパネットたかたを利用する方にとっては多くのメリットがあり、特に最大60回までの分割手数料が無料になるなど高額な商品を購入する際には必需カードと言えるでしょう。 発行までに1週間以上かかり、入会費や年会費などは無料なのでジャパネットたかたを利用している方、利用する予定がある方はとりあえず作っておいてもよいのではないでしょうか。

詳しくはこちら

ジャパネットカード

 

【山本克彦が語る「ジャパネットカード」】

監修者紹介:山本克彦 金融アナリスト(VOIX)

皆さん、こんにちは。金融業界の専門家、山本克彦です。今日は、新たにリニューアルされた「ジャパネットカードVisa」について紹介しました。 新しいジャパネットカードは、マット加工で重厚感のあるスタイリッシュなデザインです。Visaのタッチ決済に対応しているため、店頭での支払いもスピーディーで便利です。さらに、「Vpass」アプリやジャパネット公式アプリ「つながるジャパネット」からカード請求金額や利用明細を確認できるので、管理も簡単です。

2024年7月1日から発行が開始されたこのカードは、ジャパネットたかたでのお買い物をよりお得に、便利にするためのクレジットカードですが、私が特に驚いたのは、最大60回までの分割払いが無料になる点です。例えば、大きな家電を購入する際にも月々の負担が軽減されるので、非常に助かります。しかも、ジャパネットたかたでのお買い物はいつでも送料無料なのも大きな魅力です。

ジャパネットカードは、分割手数料無料や送料無料といった特典が充実しており、ジャパネットたかたでのお買い物をさらにお得に楽しむための素晴らしいカードです。私も実際に利用して、その利便性とお得さを実感しています。ぜひ皆さんもこの機会にジャパネットカードを作ってみてください。

以上、山本克彦でした。今後も皆様に役立つ情報をお届けしてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

三井住友カードをお得に安全に作るなら、公式キャンペーンがおすすめです。

三井住友カードが開催するキャンペーン情報

無料のカードを作るだけでもれなく特典がもらえるなど、多くのキャンペーンが随時開催中なので、まとめて特集しています。
会社員、団体職員、個人事業主、自営業、派遣社員、学生、アルバイト、主婦、年金生活者の方など18歳以上の方なら応募できます(高校生は除く)。

詳しくはこちら

三井住友カード キャンペーン 特集

 

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
法人カード専門家 山本

監修者:山本克彦金融アナリスト 1976年東京都出身。某大手金融会社を独立後、15年以上に渡り金融アナリストとして活動。ライターとしては大手ニュースサイトに連載経験あり。 自身も複数会社を経営し、通算で法人カードを15枚以上作成経験あり。 座右の銘は「死ぬまでに1円でも多く得したい。」

ページトップへ