三井住友カードが「Custella(カステラ)」による訪日外国人消費動向を公表

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん 公開 クレジットカード
三井住友カードが「Custella(カステラ)」による訪日外国人消費動向を公表

三井住友カードの「Custella」分析サービスとは

三井住友カードが展開するデータ分析支援サービス「Custella」は、クレジットカードに関するキャッシュレスデータを活用して、訪日外国人の消費動向を明確に把握できるサービスです。このサービスにより、業種や地域別など様々な角度から訪日外国人のクレジットカード使用状況を総合的に分析し、日本経済やマーケティング戦略に有益なインサイトを提供します。

この記事の要約
  • 三井住友カードが「Custella」で訪日外国人の消費分析を実施
  • 円安、中国からの団体旅行解禁などの影響を分析
  • 訪日外国人のクレジットカード決済データを業種、地域別に詳細に分析し、政策立案や事業策定に貢献

関連▶三井住友カード ナンバーレスの評判は?

決済額月次推移

訪日外国人による決済額は、2022年10月の水際対策緩和後に急回復し、2023年の後半にコロナ禍前の2019年の水準に回復、2023年は5類移行や円安による追い風、さらに8月に中国政府による日本への団体旅行解禁といったイベントもあり、引き続き決済金額が伸長しています。

決済地域別決済データ

2023年の決済額は東北・中国・四国などでは4年前の水準を上回っている一方、近畿・中部・北海道などの回復に遅れがみられ、県別にみると都市部に比べ、地方部において決済額の伸長が顕著となっています。

決済額上位国データ

決済額の上位5か国の金額指数推移をみると、中国人観光客以外は各国とも2019年の水準を超えています。

決済業種別データ

2019年と比較すると、百貨店や家電量販店などの業種で決済金額が減少し、ホテル・旅館や飲食店・レストランといった観光で利用される業種の決済額が伸長しています。

引用元

 

【クレジットカードの即時発行とは】
以前は、申し込みをした当日に店舗で受け取る”即日発行”が発行スピードの最速でしたが、今では「ナンバーレス クレジットカード」の登場によって状況が一変しました。
申し込みしてから最短10秒~10分程度ですぐ使えるクレジットカードをアプリに即日発行できるなど、驚きのスピード発行が実現しています。
そして面倒な書類の準備が不要で驚くほどカンタンにスマホで申し込むことができ、年会費もかからず、手数料無料の後払いができるので、初めてクレジットカードを作る初心者にもおすすめです。

即時発行デジタルカード

 

    ※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
    タグ: ,

    広報・PRご担当者様へ

    記事選定/ライター
    VOIX編集長 虎さん

    VOIX編集長 虎さん

    ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
    リリースをご希望の方
    取材をご希望の方
    ページトップへ