JR東日本がアキュア自動販売機をキャッシュレス専用化

VOIX編集部VOIX編集部 公開 クレジットカード
JR東日本がアキュア自動販売機をキャッシュレス専用化

JR東日本がacure(アキュア)自動販売機のキャッシュレス専用化を推進

ビューカード キャンペーンなどの特典が好評のJR東日本グループ(公式)企業である株式会社JR東日本クロスステーション ウォータービジネスカンパニーが駅に設置しているacure(アキュア)自動販売機のキャッシュレス専用化を推進しています。

JR東日本では2022年10月より田町駅と代々木駅においてキャッシュレス決済専用の自販機の設置を開始しました。 その後2023年7月に新川崎駅と豊田駅、2023年11月には新日本橋駅と与野駅に設置しているアキュア自販機がキャッシュレス決済専用機に変更されています。

関連▶ビューカード キャンペーンコード 一覧

《acure(アキュア)キャッシュレス決済専用自動販売機》

JR東日本の自動販売機で使える支払い方法

アキュアのキャッシュレス決済専用自販機で利用できる決済サービスは以下の通りです。

VisaやJCBのクレジットカード、デビットカード、プリペイドカードやタッチ決済そしてPayPayやd払いなどのコード決済、Apple Pay、Google Payなどのスマホ決済、Vポイント、楽天ポイント、WAON POINT、dポイントなどのポイントは利用できません。 交通系電子マネーもPiTaPaは利用できません。

アキュア自販機で利用できるキャッシュレス決済一覧

交通系電子マネー
  • Suica
  • PASMO
  • Kitaca
  • TOICA
  • manaca(マナカ)
  • ICOCA
  • SUGOCA
  • nimoca
  • はやかけん
その他電子マネー
  • iD
  • QUICPay
  • nanaco
  • 楽天Edy
  • WAON

QRコード決済

  • Alipay
  • WeChatPay
ポイント
  • JRE POINT

関連▶JREカード キャンペーンコード 一覧

横浜線と京浜東北線の6駅のアキュア自販機もキャッシュレス決済専用機に変更

自販機をキャッシュレス決済専用機に変更した結果、現金で購入する場合と比較して電子マネーでは平均して10秒程度の時間を短縮できていることなど、利用者ののタイムパフォーマンスが向上、そして自販機補充担当者のタイムパフォーマンス向上にもつながっていることから2024年7月1日より横浜線の大口駅 、菊名駅 、新横浜駅 、小机駅 、鴨居駅、そして京浜東北線の新子安駅の6駅において自販機をキャッシュレス決済専用機に変更すると発表しました。

JR東日本が運営するSuicaを活用した分析ツール”駅カルテ”のデータから、該当の6駅は電子マネー決済率が78%超と元々かなり高くなっていることから、より利用者の利便性を高めるとしています。

横浜線と京浜東北線の自販機キャッシュレス決済専用機設置概要

  • 横浜線 鴨居駅 7台
  • 横浜線 小机駅 7台
  • 横浜線 新横浜駅 9台
  • 横浜線 菊名駅 5台
  • 横浜線 大口駅 6台
  • 京浜東北線 新子安駅 6台

上記駅に設置しているアキュア自販機 計40台がキャッシュレス決済専用機に置き換えられ、対象機には下記のステッカーが掲出されます。

関連▶ビュースイカ キャンペーン

自動販売機のキャッシュレス決済専用化のメリット

アキュア自販機のキャッシュレス決済専用機への変更による利用者と自販機運営者のメリットは以下のようになっています。

自動販売機のキャッシュレス決済における利用者のメリット

  • 電子マネーは現金で購入する場合と比較して、10秒ほどの時間が短縮できる。
  • 現金が詰まった、1,000円札がなかなか入らない等、購入の際のストレスがなくなる。
  • Suicaで購入する場合は”JREポイント”がたまりお得になる。

自動販売機のキャッシュレス決済における運用者のメリット

  • 1台1台の自販機から現金を回収し、営業所で納金する業務が不要になり業務効率が大幅に向上する。
  • 現金管理のリスクがなくなる。
  • 現金投入口まわりのメンテナンス、修理も不要になる。
  • 現金投入口に物を詰める・ふさぐなどのいたずらが防止できる。

関連▶ビューカード 入会キャンペーン

アキュア自販機 キャッシュレス専用化記念キャンペーン

JRE POINT10倍キャンペーン

ビューカード キャンペーンなどの特典が人気のJR東日本が横浜線と京浜東北線の6駅を対象にアキュア自動販売機を2024年7月1日からキャッシュレス専用化にバージョンアップすることを記念して「JRE POINT10倍キャンペーン」を2024年7月1日~9月30日の期間に開催します。

  • キャンペーン期間:2024年7月1日~9月30日
  • キャンペーン特典:もれなくJREポイントが10倍
  • キャンペーン条件:
    ・JRE POINTの WEBサイトにSuicaを登録する
    ・登録したSuicaを使って対象駅にあるアキュアの自販機(計40台)で支払いをする
  • キャンペーン注意事項:
    JREカード キャンペーンコードは不要です。
    VIEWカード キャンペーンコードは不要です。
    ・JRE POINTは利用できますが、楽天ポイントやVポイントは利用できません。
    ・VisaやJCBなどのカードは利用できません。
    ・PiTaPaやPayPayは利用できません。
    ・チルド商品等を取り扱っているプラスアキュアやアイスの自販機は対象外です。
    ・予告なく、キャンペーンが終了となる場合があります。
    ・その他詳細情報については下記を確認してください。
▼詳しくはこちら▼

ビューカード キャンペーン

関連▶東急カードキャンペーン

 

【クレジットカードの即時発行とは】
以前は、申し込みをした当日に店舗で受け取る”即日発行”が発行スピードの最速でしたが、今では ナンバーレス クレジットカード の登場によって状況が一変しました。
申し込みしてから10秒~10分程度ですぐ使えるクレジットカードを即日発行できるデジタル アプリなど、驚きのスピード発行が実現しています。
そして面倒な書類の準備が不要で驚くほどカンタンにスマホで申し込むことができ、年会費もかからず、手数料無料の後払いができるので、初めてクレジットカードを作る初心者にもおすすめです。
最近ではカードを発行しないデジタル専用の後払いバーチャルカード アプリも人気が高まっています。

クレジットカードが届く前に使うことができるデジタルクレジットカードアプリ

 

アメックスも使える請求書カード払いの利用企業が急増中!

利用企業急増中! 法人向けの後払いサービスを紹介

”手形”や”掛け払い”ではなく”法人クレジットカード”でもない、新しい形態の法人向けの後払いサービスとして、特にビジネスローンやファクタリングに代わる手軽な資金繰り対策に「請求書カード払い」と呼ばれるサービスの人気が小規模事業者の間で急上昇中です。
VOIXでは中小スタートアップ法人に人気の「支払いドットコム」や個人事業主とフリーランスにも評判の「DGFT請求書カード払い」など請求書を銀行振り込みからカード払いに審査不要で簡単に切り替えできるサービスについて、後払いアプリなど他の後払い方式との違いや複数の類似サービスを比較し特集しています。


※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ: ,

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部

VOIX編集部

2020年代をリードするビジネス情報を中心にニュースを発信します。取材やリリースを中心に、価値のある情報をお届けします。
リリースをご希望の方
ページトップへ