太宰府ライナーバス 旅人の支払い方法にタッチ決済を追加

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん 公開 クレジットカード
太宰府ライナーバス 旅人の支払い方法にタッチ決済を追加

太宰府ライナーバス「旅人」がタッチ決済乗車に対応

西日本鉄道株式会社が、三井住友カードとGMOペイメントゲートウェイ・GMOフィナンシャルゲートおよびVisaが共同で構築した事業者向け決済プラットフォーム「stera transit」を活用し、実証実験中のタッチ決済を利用したバス乗車の対象路線に太宰府と博多駅を結ぶ「太宰府ライナーバス『旅人』」を追加しました。

太宰府ライナーバス『旅人』における実証実験期間は、2023年12月22日~2024年3月31日(予定)となっています。

関連▶Visaタッチ キャンペーン

西鉄バスのタッチ決済乗車ができる路線一覧

西鉄バスのタッチ決済乗車方法

タッチ決済の読取端末がバスの乗降口に設置されるので、Visaなどタッチ決済に対応したクレジットカードやスマートフォン端末にタッチして支払いを行います。

関連▶Visaタッチに対応したクレジットカード一覧

 

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ