京浜急行がVisaやJCBのタッチ決済で乗車できるサービスを開始

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん 公開 クレジットカード
京浜急行がVisaやJCBのタッチ決済で乗車できるサービスを開始

京急がタッチ決済による乗車サービスの実証実験を2024年内にスタート

 京浜急行電鉄株式会社が、Visaのタッチ決済を推進するビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社と後払い アプリとして利用できるカード会員専用のアプリにすぐ使えるクレジットカードを即日発行できるサービスが好評の三井住友カード株式会社および株式会社ジェーシービーなどとの企業と協力して羽田空港駅をはじめ京浜急行電鉄の一部の駅において2024年内にタッチ決済による乗車サービスの実証実験を開始すると発表しました。 対応する決済ブランドはVisa、JCB、American Express、Diners Club、Discover、銀聯が予定されています。

関連▶Visaタッチ キャンペーン

stera transitによりタッチ決済乗車を実現

 京浜急行電鉄株式会社は、三井住友カードが提供する公共交通機関向けソリューション「stera transit(ステラトランジット)」を導入してクレジットカード、デビットカード、プリペイドカードなどJCBやVisaタッチ決済対応カードやスマートフォンのタッチ決済などにより本サービスを実現するとしています。

京浜急行のタッチ決済乗車の使い方

京浜急行のタッチ決済乗車の使い方ですが、タッチ決済対応カードやタッチ決済ができるスマートフォン等のデバイスを、新たに自動改札機に設置する専用リーダーにタッチするだけで乗車ができるようになります。

京浜急行のタッチ決済乗車の対象駅

京浜急行のタッチ決済乗車の対象駅は京急線の以下駅になります。

  • 羽田空港第1・第2ターミナル駅
  • 羽田空港第3ターミナル駅
  • 品川駅
  • 京急蒲田駅
  • 糀谷駅
  • 大鳥居駅
  • 穴守稲荷駅
  • 天空橋駅
  • 横浜駅

京浜急行のタッチ決済乗車の参加企業と役割

京浜急行電鉄 鉄道の運行、タッチ決済対応設備の整備、タッチ決済を活用した企画の実施
三井住友カード キャッシュレス決済の導入支援、“stera transit”プラットフォームの提供

Visa、銀聯のタッチ決済に関する導入支援・認知プロモーション

ビザ・ワールドワイド Visaのタッチ決済に関するソリューション提供・認知プロモーション
ジェーシービー キャッシュレス決済の導入支援、JCBおよびAmerican Express、Diners Club、Discoverのタッチ決済に関するソリューション提供、認知プロモーション
東芝インフラシステムズ タッチ決済対応改札機の開発
QUADRAC 交通事業者向け決済および認証に関するSaaS型プラットフォーム“Q-move”の提供
※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ