札幌市営地下鉄がタッチ決済乗車を2025年春に開始

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん 公開 クレジットカード
札幌市営地下鉄がタッチ決済乗車を2025年春に開始

札幌市営地下鉄の全46駅でタッチ決済で乗車ができる

札幌市と札幌市交通局が札幌市営地下鉄の全46駅において、クレジットカードが即日発行できるデジタルな決済サービスが好評の三井住友カード株式会社および株式会社ジェーシービーなどの協力事業者と共にタッチ決済ができるクレジットカードやタッチでスマホ決済ができるスマートフォンなどの後払いアプリで乗車ができるサービスの実証実験を2025年春に開始します。

関連▶Visaタッチ対応カード 一覧

札幌市営地下鉄にタッチ決済搭載した自動改札機を設置、タッチ決済乗車のメリットは

タッチ決済乗車の実証実験として札幌市営地下鉄の全46駅にタッチ決済リーダーを搭載した自動改札機を各改札口に1台ずつ設置することで、地下鉄の利用者は事前に切符などを購入したり交通系電子マネーを利用しなくても、タッチ決済により直接乗車および料金精算ができるようになり、特に国内外から札幌市に訪れる方にはメリットが大きいサービスとなります。

札幌市営地下鉄 タッチ決済乗車の概要

タッチ決済乗車の対象駅

札幌市営地下鉄のタッチ決済乗車の対象駅は 札幌市営地下鉄 南北線・東西線・東豊線の全46駅となります。

タッチ決済乗車の対象決済ブランド

札幌市営地下鉄のタッチ決済乗車の対象決済ブランドとサービスは以下の通りです。

対象決済ブランド
  • Visa
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
  • Discover
  • 銀聯
対象決済サービス
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • プリペイドカード
  • スマートフォンなどのデバイス

タッチ決済乗車の実証実験参加企業

札幌市 実証実験に関する各企業間の調整及びプロモーション
札幌市交通局 実証実験におけるフィールドの提供、現場運用、各種調整における統括 等
三井住友カード株式会社 steraプラットフォームの提供 (stera transit)、

Visa、銀聯のキャッシュレス決済の導入支援および認知プロモーション

ビザ・ワールドワイド Visaのタッチ決済に関するソリューション提供・認知プロモーション
株式会社ジェーシービー キャッシュレス決済の導入支援、

JCBおよびAmerican  Express、Diners Club、Discoverの

タッチ決済に関するソリューション提供・認知プロモーション

日本信号株式会社 タッチ決済に対応した改札機システムの開発、

及び運賃判定に関するSaaS型プラットフォーム“iDONEO”の提供

QUADRAC株式会社 交通事業者向け決済および認証に関する

SaaS型プラットフォーム“Q-move”の提供

 

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ