「タッチしないタッチ決済™」とは、その可能性とメリットを探る

「タッチしないタッチ決済™」とは、その可能性とメリットを探る

「タッチしないタッチ決済™」とは?

JCB、りそなホールディングス、ベスカの共同プロジェクト

「タッチしないタッチ決済™」とは、JCB、りそなホールディングス、ベスカ の3社が2024年1月10日に発表した新しい決済手段のプロジェクトです。

株式会社ジェーシービー(JCB)、株式会社りそなホールディングス(りそな)、ベスカ株式会社(ベスカ)の3社が、デバイス間通信技術を活用したスマートフォンの操作が必要ない新たな決済体験の構築を目指す取り組みとして「タッチしないタッチ決済™」実現のため、戦略的パートナーシップを締結しています。

関連▶ビザタッチ 対応カード 一覧

「タッチしないタッチ決済™」の共同プロジェクトについて

「タッチしないタッチ決済™」プロジェクトは、主に店舗に来店した利用者が所有しているスマートフォンの取り出しや画面起動、ログインなどの操作を行わずに支払いができるというもの。

BLE(Bluetooth Low Energy)やUWB(Ultra Wide Band)などの通信技術を活用して、主に店舗に来店した利用者が所有しているスマートフォンと、店舗に設置された決済端末や各種IoTデバイスを連携させて、スマートフォンをバッグやポケットにスマホを入れたまま、取り出さずに認証から決済手続き完了まで行う新たな決済体験を構築するとしています。

さらに「タッチしないタッチ決済™」を活用することで、利用者の希望があれば店舗に来た時点で顧客の情報を把握、過去の購買履歴やその瞬間に興味をもって見ている商品に応じた顧客サービス(VIP向けサービスや優待・クーポン配信等)を提供するなど、新たな店舗内体験の実現も目指すとしています。

JCBにおいては、今後のキャッシュレス決済の拡大を見据えて「タッチしないタッチ決済™」などの実現に向け、特願 2023-034190 号、2022-149172号などその他複数の特許を出願中です。

「タッチしないタッチ決済™」のイメージ

「タッチしないタッチ決済™」の今後の活動予定

2023年度の活動予定

  • 新決済ソリューションにおける提供機能、ユースケースの具体化
  • システム構築に向けた初期検討、BLE・UWB 技術ベースでの
    PoC 実施準備

2024年度以降に検討されている計画

  • 実店舗を用いた、本番環境に近しい環境下での PoC 実施・評価
  • 提供機能の磨き込みに向けた、新たな協業パートナー候補の探索・
    議論
  • 決済以外の、店舗向け付加価値サービスの検討

関連▶JCB タッチ決済 キャンペーン

 

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
法人カード専門家 山本

監修者:山本克彦金融アナリスト 1976年東京都出身。某大手金融会社を独立後、15年以上に渡り金融アナリストとして活動。ライターとしては大手ニュースサイトに連載経験あり。 自身も複数会社を経営し、通算で法人カードを15枚以上作成経験あり。 座右の銘は「死ぬまでに1円でも多く得したい。」

ページトップへ