Visaが大阪限定でVisaタッチで30%キャッシュバックを開始

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん 更新 公開 クレジットカード
Visaが大阪限定でVisaタッチで30%キャッシュバックを開始

30%を還元、Visaタッチキャッシュバックが2024年4月17日からスタート

Visaは、2024年4月17日より「大阪エリア振興プロジェクト」の一環として、大阪府限定でビザタッチ キャンペーンを開催します。

Visaのタッチ決済でキャッシュバックされるキャンペーンでは、万代・サンディのスーパーマーケットでVisaタッチ対応のカードなどでVisaのタッチ決済を利用すると、お会計の30%(最大500円)がキャッシュバックされます。目的は、キャッシュレス決済の普及と地域経済の活性化です。また、キャンペーンの開始に合わせて、地域限定のTVCMも放映される予定です。

関連▶コンビニでタッチ決済が使えるおすすめカード 特集

Visaが大阪限定でVisaタッチ第二弾がスタート

好評につきビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社が「大阪限定Visaのタッチ決済キャッシュバックキャンペーン第2弾」として2024年6月20日からスタートしました。

詳しく▶楽天カードもOK、大阪限定 visaのタッチ決済キャッシュバックキャンペーン 第二弾

 

<以下リリース>

「大阪エリア振興プロジェクト」の一環として『Visaのタッチ決済キャッシュバックキャンペーン』が明日4月17日より開始 大阪限定30%キャッシュバック!

ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:シータン・キトニー、以下Visa)は、2024年4月17日より、Visaのタッチ決済キャッシュバックキャンペーンを大阪府限定で実施することを発表いたします。このキャンペーンは、キャッシュレスを通じた大阪府の地域経済活性化を目指す継続的かつ長期的な取り組みとして「大阪エリア振興プロジェクト」の一環となります。キャンペーン第一弾として、関西を拠点とするスーパーマーケットの万代・サンディを対象に、Visaのタッチ決済でお会計いただいた金額の30%を最大500円、キャッシュバックする「大阪限定Visaのタッチ決済キャッシュバックキャンペーン」をスタートします。本キャンペーンの開始とともに、VisaのCMでおなじみの上白石萌歌さんが登場するTVCMに本キャンペーンの告知を追加した地域限定CMも放映予定です。

「大阪エリア振興プロジェクト」は、パートナー企業の皆様と共に決済のイノベーションやグローバルスタンダードのVisaのタッチ決済の更なる普及を通じて、住民のQOL向上、訪日外国人の利便性向上及び地域加盟店の生産性向上や持続的ビジネス拡大による、経済活性化を目指す継続的かつ長期的な取り組みです。より多くの地域の消費者、加盟店の皆様に、Visaのタッチ決済やモバイル決済を中心とした、より安全でスピーディーな決済体験を提供できるよう、キャッシュバックキャンペーンを含め、様々な施策や取り組みを行ってまいります

Visaのタッチ決済は、2023年12月末、国内の対応カード発行枚数は、1.2億枚を超え、また取引件数も、Visaの対面決済のうち、約3件に1件がVisaのタッチ決済で行われるなど、広がりを見せています。今回のキャンペーンでは、期間中Visaのタッチ決済が使える大阪府内の対象加盟店で、Visaカードをタッチ決済にてご利用されると、もれなく30%(最大500円)がキャッシュバックされます。Visaのタッチ決済対応カード並びに、対応カードが設定されたスマートフォンやウェアラブルデバイス等でのご利用が対象となります。

キャンペーンサイト

キャンペーン概要

「大阪限定 Visaのタッチ決済キャッシュバックキャンペーン」

  • 期間:2024年4月17日から6月14日まで
  • 内容:キャンペーン期間中に、対象のVisa加盟店で、Visaカードをタッチ決済にてご利用いただくと、もれなく30%(最大500円)がキャッシュバックされます。
    ※プラスチックカード以外の形状(例:スマートフォン、ウェアラブルデバイス)を通じたVisaカードのご利用も対象となります。
    ※Visa以外の決済手段(iD,QUICPayなど)を通じて行われた取引は対象外となります。
  • 対象加盟店:大阪府内のスーパー「サンディ」「万代」全店

Visaのタッチ決済について

Visaのタッチ決済は、日本を含む世界約200の国と地域で展開されている国際標準のセキュリティ認証技術を活用した決済方法です。対応の端末にタッチ決済対応のVisaカード(クレジット・デビット・プリペイド)または、スマートフォン等をタッチするだけで、サインも暗証番号の入力も不要(※)で、スピーディーかつ安心・安全にお支払いが完了します。ご利用頂ける店舗は、コンビニエンスストア、ファストフードレストラン、スーパー、飲食店、ドラッグストア、書店、百貨店、商業施設など、日常生活における利用シーンがますます拡大しています。既に海外では広く普及しており、全世界のVisaの対面取引の59%(2023年3月末現在)がタッチ決済で行われております。公共交通機関では、既に世界750以上の公共交通機関で導入、国内においても多くのプロジェクトが進行中で幅広いシーンで拡大しています。

※一定金額を超えるお支払いは、カードを挿入し暗証番号を入力するか、サインによる本人確認が必要となります。

Visaのタッチ決済についての詳細は、こちらからご覧いただけます。

Visaについて

Visaは電子決済の世界的リーダーとして、世界200以上の国と地域における決済取引によって消費者、加盟店、金融機関や政府機関をつないでいます。Visaのミッションは、最も革新的かつ利便性や信頼性が高く安全な決済ネットワークで世界を結び、個人や企業、そして経済の繁栄に貢献することです。私たちは、世界中のすべての人にとっての包括的な経済こそが、世界中の人々の生活を向上させ、経済へのアクセスが決済の未来へつながると信じています。詳しくは、Visa.com(英語サイト)またはwww.visa.co.jp(日本語サイト)をご覧ください。

<以上>

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ: ,

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ