スタディラボ/【学習塾専用オンライン英会話に、塾で広く使われる教材「フォレスタ」がラインナップ】

VOIX編集チームVOIX編集チーム 公開 ニュース
スタディラボ/【学習塾専用オンライン英会話に、塾で広く使われる教材「フォレスタ」がラインナップ】

(株)スタディラボが運営する、学習塾向けオンライン英会話「OLECO(オレコ)」「GeT(ゲット)」に、(株)スプリックスが製作販売し、日本中の学習塾で利用実績のある「フォレスタ英語」がラインナップに加わります。コンテンツを⼤幅に拡充し、⾃宅で学べる受験⽤学習ツールとして本格的に始動します。
https://studylab.co.jp/

学習指導要領に対応した、マンツーマンレッスンの学習塾向けオンライン英会話「OLECO(オレコ)」「GeT(ゲット)」の販売を⼿掛ける株式会社スタディラボ(本社:東京都豊島区、代表取締役:地福武史)は、株式会社スプリックス(東京本部:東京都豊島区、代表取締役社⻑:常石博之)が提供する「フォレスタ英語」を新たに学習教材のラインナップに加える。
中学校の学習指導要領に準拠したコンテンツを追加することで、日ごろの成績を重視し、学校の授業の予習・復習に力を入れる学習塾の利便性を追求する。

  • 「GeT」×「フォレスタ英語」=「フォレスタ英会話」

今回、スプリックスの中学生向けの教材「フォレスタ英語」は、15分版のオンライン英会話「GeT(ゲット)」のコンテンツとしてリリースされる。

「フォレスタ英語」は中学校教科用図書(教科書)の出版社ごとに編集・製作がなされており、オンライン英会話「GeT(ゲット)」のコンテンツもこれに対応し、教科書出版社ごとにレッスン単元を揃えて提供される。このため、全国の学習塾では、その地域、生徒の通う学校で採択されている教科書に合わせてレッスンを選択することができる。
学習塾に通う全国の⼦どもたちに、学習した英文法を使ってすぐに外国人とマンツーマンで話す機会を提供する。
オンラインの学習ツールは、時間・場所を選ばない学習を可能にする。「OLECO」「GeT」は本来、学習塾内での利⽤を原則としてきたが、2020年のコロナ禍において方針を見直し、自宅で受講ができるよう再開発した。
これにより、通塾回数を増やさずとも、学習環境を整えることができるようになった。
学習塾運営において、これまでの商品を「通塾」として捉えれば、「自宅の学習時間」を商品として提供できることは、売上を作っていく大きな商材になるとも言えるだろう。

  • 在宅受講のススメ 〜オンライン英会話専⽤のサポートセンターを本格稼働

こうした新たな学習環境の構築に伴い、自宅での利活用がスムーズに進むよう、スタディラボはサポートセンターを設置した。これにより、学習塾の先⽣は、各家庭の通信環境を把握したり、不通の際の対応に追われることが無く、学習履歴を残しながら、いつも通りの授業を⾏うことができる。
これは、⽇ごろ塾での学習の様子を⾒ることができない保護者にとっても、⾃宅で⼦どもが楽しそうに英語を話す姿を⾒る機会が増え好評だ。
現在、受講生は例年以上に増加しており、今後もサポート体制の強化に努める。

 

  • 新年度スタートダッシュキャンペーン

新年度のスタートに際し、5⽉末までのお申し込みで、システム使⽤料が2か⽉無料になるキャンペーンも⾏っている。
オンライン商品説明会を開催中。問い合わせは、メール(get_online@studylab.co.jp)にて

【株式会社スタディラボ 会社概要】
商号:株式会社スタディラボ
事業内容:学習塾向けオンライン英会話「OLECO」の販売、学習塾「elio」の運営等
設立:2015年8月
本店所在地:東京都豊島区南大塚3丁目1番12-1202号
代表者:代表取締役 地福武史
資本金:3,100万円
◆オンライン英会話OLECO(オレコ)
https://oleco.jp/
◆オンライン英会話GeT(ゲット)
https://get-english.jp/
◆学習塾をオンラインでラクラク運用
学習塾専用LMS ミルクラス
https://miruclass.jp/
◆ブラウザだけでカンタン協同学習・アクティブラーニング
schoolTakt(スクールタクト)
 https://schooltakt.com/
 

関連:進研ゼミ 中学講座 料金・受講料を分析

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集チーム

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ