出雲企画出雲企画/夏休みの憂鬱な宿題といえば?小学生向け「オンライン作文教室」開講

アバターVOIX編集チーム ニュース
出雲企画出雲企画/夏休みの憂鬱な宿題といえば?小学生向け「オンライン作文教室」開講

ライティングスクールを運営する株式会社出雲企画(本社:東京都狛江市、代表:野口 真代)は、小学生を対象としたオンライン作文教室「こども作文ラボ」の受講者募集の受付を7月15日(木)より「ストアカ」にて開始いたします。

【写真1】6月27日(日)に実施された「トライアルレッスン」の様子【写真1】6月27日(日)に実施された「トライアルレッスン」の様子

お子さんが作文が苦手で心配。特に、夏休みの宿題の中で「読書感想文」がなかなか進まず、心配されている親御さんも多いはず。この講座では、自宅からオンラインで1時間の「作文練習」を通じて、作文がグングン上達する「文章の型」を提供いたします。

指導するのは、教育学博士、東大大学院修了(総代)の教育研究家・大滝世津子。
そして、会員数50万人越えの日本最大級のスキルシェアサービス「ストアカ」にて2020年に「最多受講者賞」「優秀講座賞(ビジネススキル部門)」の2冠を達成したコピーライター・野口真代の2名が交代で担当いたします。

ライティングのことを熟知したプロ講師たちが、あなたのお子さんのために作文指導をいたします。今年の夏、オンラインでお子さんと一緒に「作文」の秘密特訓を始めませんか?

【写真2】6月27日(日)に実施された「トライアルレッスン」の様子【写真2】6月27日(日)に実施された「トライアルレッスン」の様子

 

  • 「こども作文ラボ」とは

「読書感想文」のお悩みを解決することを目的とした、小学生向けの「オンライン作文教室」です。弊社はこれまでに、大人向けの「ライティングスクール」を運営し、数多くのコピーライターやWebライターを世に輩出してきました。「こども作文ラボ」では、これまで培った“プロ”のライティングメソッドを“子ども向け”にアレンジし、「文章の型」を使ってシンプルでわかりやすく、書く楽しさを伝えていく内容です。まずは、夏休みの宿題の定番である「読書感想文」が「カンタン&スラスラ書けるようになる」実践的な講座をご用意しました。「文章を書くって、楽しい!」そんな子どもを、一人でも多く増やしていきたいと思います。

・企画名:「こども作文ラボ」
・受講費:1,000円(税込)/回
・講義:1時間/回
・販売方法:まなびのマーケット「ストアカ」
・販売先URL:https://www.street-academy.com/myclass/117334
・受付開始:2021年7月15日(木)~ ※定員に達し次第終了
・講義日程:
(1)2021年7月22日(木・祝)10:00~11:00
(2)次回以降の日程はストアカのページにて順次発表
 

  •   講座の特徴

[1]「型」を使った学習方法で、作文がカンタンにスラスラ書けるようになる。
[2]思っていたことを言語化し、文章化できるスキルが身につく。
[3]読解力がつき、本を読むのが好きになる。

【写真3】6月27日(日)に実施された「トライアルレッスン」の様子【写真3】6月27日(日)に実施された「トライアルレッスン」の様子

 

  • 「トライアルレッスン」受講者の声

「去年この講座で教わった型で書いた作文で息子がなんと金賞をとりました!大の作文嫌いだったため、担任の先生も変化にびっくり!ほめられたことで、本人も文章を書くことが以前より好きになってくれ、嬉しいことだらけです。」

「いつもは”○○しました。楽しかったです。”だったのが、受講後は文章が見違えるほど上達しました。教えていただいた文章の型がとてもわかりやすく、中学受験でも役立ちそうです。」

「ネットでコツを調べてサポートしましたが、何も伝わらない文章が出来上がった経験があります。こちらの講座はまるっと先生にお任せできるうえ、子どもが楽しみながら学習していました。受講してよかった!」

「以前”作文の書き方を教えてほしい!”と子どもに言われましたが、全く教えられませんでした。しかし、この講座で教わったポイントを実践することで、声掛けをしながらラクに文章を書けるようになったのでびっくりです!大人も勉強になりました!」

「学校で出た読書感想文の宿題。親としても文を作っていく手順やコツが何なのか、どう教えるべきか迷っていたところでこの講座と出会いました!授業もとても分かりやすく、娘も楽しそうに文章を書いていてその姿に感動しました!」

「読みやすく先生をうならせる作文の型をゼロから丁寧に教えていただき、息子も楽しみながら、文章を書くことに触れることができました!作文嫌いなお子様のいるパパママさんにぜひおすすめしたいです!」
 

  • 企画の背景 

昨今、日本の子どもたちの「読解力低下」が大きな社会問題となっています。経済協力開発機構(OECD)が2019年12月3日に発表した国際的な学習到達度調査「PISA2018」の結果によると、2000年の国際ランク8位から2018年には15位にまで下落しています。2019年にベストセラーとなった書籍『AI vs 教科書が読めない子どもたち(著者:新井紀子)』の中でも、“読解力がない人間は仕事を奪われる”という内容が世間を騒がせました。
そのような背景から、弊社が主催する人気のライティングスクール『ライティングカレッジ』をベースに、子どもたちの文章力、読解力向上を目的とした『こども作文ラボ』を企画しました。「文章力」「読解力」は、AIに代替されない唯一無二のスキルです。本講座には「将来稼げるスキルを身につけてほしい」「文章が苦手な子どもたちの力になりたい」という想いが込められています。

  • ゲスト講師:大滝 世津子(おおたき せつこ)

1980年鎌倉市生まれ。神奈川県立湘南高等学校、東京女子大学卒。お茶の水女子大学研究生、東京大学大学院教育学研究科修士課程・博士課程修了(総代)。博士(教育学)。鎌倉女子大学児童学部児童学科にて専任講師として教育系、保育系、社会学系等の科目で教鞭をとった後、学童保育施設「鎌倉学び舎」および「鎌倉教育総合研究所」を創設。代表、所長を務め、現在に至る。株式会社保育のデザイン研究所研究員。2018年から2020年3月まで日本女子大学家政学部児童学科にて非常勤講師。社会福祉法人誠志の谷戸北鎌倉保育園さとの森理事。元日本学術振興会特別研究員DC2。平成30年度日本保育学会保育学文献賞受賞。第1回サクセス保育・幼児教育研究 懸賞論文 優秀賞受賞。
・鎌倉教育総合研究所HP:https://www.kamakyousouken.com/

ゲスト講師:大滝 世津子ゲスト講師:大滝 世津子

 

  • 会社代表:野口 真代(のぐち まよ)

典型的なダメ社員から「コピーライティングの体系的な知識」 を身につけ年収1000万円以上を稼ぎ出し、コピーライティングに「圧倒的な再現性」「圧倒的な即効性」「圧倒的な将来性」を見出す。2018年にコピーライターとして独立後、自身がプロデュースした電子書籍がAmazon ランキング24部門で1位を取得。ラジオ番組のプロデュースではPodcastランキング3部門で1位を取得。ブログは、アメブロランキング1位を取得。
現在は「世界を旅するコピーライター」として各地を飛び回りながら「好きなときに好きな場所で好きなこと」をするライフスタイルを送っている。同時に、自身の人生が変わるきっかけとなった「文章」を通じて「必要なものが必要な人へ届く社会」の実現を志している。
・Twitter:https://twitter.com/webcopyschool
・note:https://note.com/mayomayo3/
・ストアカ:https://www.street-academy.com/steachers/267039

会社代表:野口 真代会社代表:野口 真代

 

  • 株式会社 出雲企画について

会社名:株式会社 出雲企画
代表者:野口 真代
創業:2020年5月21日
資本金:100万円
所在地:東京都狛江市岩戸南1-6-10 バンブーハウス C-2
事業内容:オンラインコンテンツ企画販売/セミナー・スクール/出版プロデュース/企業研修
会社HP:https://izumokikaku.jp/

関連:進研ゼミ 中学講座 料金・受講料を分析

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
アバター

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ