Loohcs/9月までの入塾で5万円引き!今からでも間に合う!「上智大学 公募推薦入試対策講座」

アバターVOIX編集チーム ニュース

Loohcs株式会社(代表取締役 : 斎木陽平、 本社所在地 : 渋谷区代々木、以下Loohcs)は、同社運営のLoohcsにて「上智大学 公募推薦入試対策講座」を2020年10/22(木) ~ 11/8(日)の期間で実施致します。

■対象者
・上智大学の公募推薦を受けようと思っているが、対策をどうしたらいいかわからない人
・上智大学の公募推薦を受けようか迷っている人

■今からでも間に合う! Loohcs志塾(旧:AO義塾) で、上智大学に挑戦してみませんか?
上智大学公募制推薦入試は他難関大学に比べて倍率が低く、Loohcs志塾(旧:AO義塾)もこれまで驚異的な合格実績を誇っております。1期生から5期生にかけての合格率は100%を誇っています。9期生(2020年度合格実績)からは多くの塾生がこの入試に挑戦し、39名が合格を果たしました。

早慶上智と言われるように、私立難関大学の一角を担う上智大学。出願資料対策がギリギリ間に合う今こそ、思い切って Loohcs志塾(旧:AO義塾)で対策してみませんか?
また、基本的に一次試験で評定4.0以上、英検2級以上と応募できる条件が厳しいので倍率も低くなる傾向にあります。このチャンスを最大限活かして、共に合格を勝ち取りましょう!

■実はねらい目、上智大学の公募推薦!
●実は、倍率が低い!
上智大学の公募制推薦入試とは、上智大学を第一志望とし、入学を確約できる受験生を対象にした推薦入試です。上智大学の公募制推薦入試の特徴は、倍率1.1倍から2倍程度と非常に倍率が低く、しっかりと準備して臨めば、極めて合格の可能性が高いという点です。

●書類や課題レポートがしっかりできていれば合格を狙える!
上智大学で問われるのは「各学部・学科が課すレポート」や「自己推薦書」を書く力です。そして、最大の特徴は、一次試験は存在せず、出願者全員が「学科ごとの個別テスト」および「面接」に進める点です。とはいえ、一次試験が存在しないからと言って、提出書類をおろそかにしていい、ということではありません。

提出を義務付けられている4点の資料に基づいた「書類審査」と「学科ごとの個別テスト」および「面接」の総合的判断なので、どれか一つでも手を抜くと不合格になってしまいます。つまり、出願書類もしっかりと作成していなければ、総合的判断に基づいて不合格になる、といえるでしょう。

だからこそ、「各学部・学科が課すレポート」や「自己推薦書」の対策を抜かりなく行うことが、確実な合格を手にする秘訣であるといえます。 Loohcs志塾(旧:AO義塾) は、これまで多数の合格者を輩出する中で蓄積された「文章添削/小論文指導」のノウハウがあります。

■Loohcs志塾(旧:AO義塾) が上智大学に強い理由
二次試験(面接・小論)まで一貫してサポート

慶應義塾大学(二次試験合格率約85パーセント)や早稲田大学、東京大学など、上智大学以上のAO/推薦入試において合格実績を多数持つ講師が書類対策から二次試験(面接・小論)まで一貫して対応致します。

そして、上智大学では「専門性」「自分の強み」「自分らしさ」をアピールすることが大切になってきます。そのためには、しっかりとした自己分析が必要になります。

また、提出書類や課題、小論文で一貫して言えることは、「文章力があるかどうか」ということ。二次試験対策の合格寄与度が非常に高いことが、弊社の独自の調査により明らかになっています。だからこそ、 Loohcs志塾(旧:AO義塾) では、講師と共に徹底的に自己分析を行ったり、出願書類や小論文対策で「文章力」を鍛えたりすることで、より確実な合格を目指すことができます。

■オンラインも対応
また、今回はオンラインでも対応しています。オンライン希望の方はご相談ください。

■日程
10/22(木) ~ 11/8(日)

■料金
★ 全日程パック ★
10/22(木) ~ 11/8(日) の全ての期間、最大35コマが取り放題
通常525,000円のところ、、278,000円 (税抜) 
さらに、9月までの入塾で5万円引き!

■持ち物
パソコンを必ずお持ちください。

■実施校舎/お問い合わせ先
こちらのページの下部よりお申込みください。
https://aogijuku.com/curriculum/jyouchi-koubosuisentaisasaku/

おすすめの記事
プレスリリース 無料配信サイトまとめ
2枚持ちにおすすめの法人カード
法人カード審査甘いのはどこ?
NTTファイナンス Bizカード
法人カード おすすめ

広報・PRご担当者様へ

記事ライター
アバター

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方