リザプロリザプロ/朝6時から毎日先生とガッツリ勉強する塾、「クラウド先生の夏季合宿」始動!!「受験生の天王山である夏休みに、誰よりも集中して勉強し、生徒の生活習慣から変える」

VOIX編集チームVOIX編集チーム ニュース
リザプロリザプロ/朝6時から毎日先生とガッツリ勉強する塾、「クラウド先生の夏季合宿」始動!!「受験生の天王山である夏休みに、誰よりも集中して勉強し、生徒の生活習慣から変える」

オンライン予備校クラウド先生の夏期合宿は朝6時から始まる。
先生と一緒に合計3000時間以上を夏期合宿で過ごす。どこの塾もやっていない試みをなぜ実施するのか?なぜ朝なのか?
朝6時から共に学ぶ夏期合宿の一部始終を皆様にお届けする。
「生徒の夏休みを一秒も無駄にしてやるものか」

この想いから、リザプロ株式会社は、2021年8月、「夏に最大限効率的に勉強する」をモットーに「クラウド先生夏季合宿」を実施中。朝6時から受験生に1日つきっきりで、受験生が集中して効率的に勉強できる環境を作り、この夏で周りの受験生に大きな差をつけていく。

クラウド先生夏季講習の3つの特徴
1夏休み毎日朝6時から講習がスタート。
→今までなかなか学習習慣が作れなかった人も、夏季講習を通して理想の学習習慣が身に付く!

2受験に精通し、難関大学合格を勝ち取った現役大学生講師が多数
→講師と年代が近いからこそ、気軽に相談できる、最新知識の的確なアドバイスで学習を後押し!
※(講師在籍大学例)東京大学、大阪大学、早稲田大学、慶應義塾大学、立教大学 etc

3ラーニングピラミッド方式を採用し、従来の学習塾のように先生主体でなく生徒主体の学習
→受け身な授業形式ではなく、生徒が自分で問題の解説を講師にしたりなど、主体的な学習なので、より高い学習効果が見込める。
参照:平均学習定着率が向上する「ラーニングピラミッド」とは?
https://career-ed-lab.mynavi.jp/career-column/707/

従来の多くの塾の夏季講習では、大勢の生徒が狭い学習塾に箱詰め状態になり、言われた勉強をただ無言でじっとやるだけ。目的意識もないため塾の居心地の悪さや勉強のストレスに耐える、単なる我慢レースと化している。しかし、クラウド先生夏季合宿は断言できる。「学習は生徒がその目的を見出し、仲間たちと学ぶのが最も効果的である。」

従来の塾が、一人の先生によって大勢の生徒が教えられ、各々の生徒が自分の学力基準、学習方式でなくその授業の学力基準、学習方式に合わせなければいけない。だが、クラウド先生は、日本一生徒に寄り添う塾をモットーに、生徒一人一人、それぞれの学力基準、学習方式に合った進め方をし、その生徒が短い期間で最大限の結果を出せるようにしている。そしてこの夏、クラウド先生夏季講習で得た経験は、受験生にとって計り知れないものになるだろう。

それほどクラウド先生夏季講習は、受験生であるあなたの人生を変えてくれるものとなる。
このクラウド先生夏季合宿のメリットをいくつか挙げると
1、朝6時から夕方授業。実施期間は8/1〜8/31で、講師と共に徹底的に勉強するため、この夏でまるで成績が変わってくる。
2、アクティブラーニング方式を採用し従来の塾での学習のように生徒受け身のものでなく、生徒が自分の言葉で説明するという学習形式のため、だらけたり夏休み中盤に燃え尽きてしまうことがない。
3、大多数ではなく少人数で授業が行われるため、生徒一人一人の学習面、精神面に最適な指導が可能であり、効率的に成績を伸ばせる。

このように、クラウド先生夏季合宿では、従来の学習塾とは大きく異なる形式で指導が行われる。

 

今でこそ早稲田大学に合格し、多くの受験生に指導をしているおさかべ塾長だが、昔は誰よりも勉強が嫌いだったという。当然、これを読んでくれているあなたよりもだ。

おさかべ塾長は高校1年生の時に偏差値40前半の都立高校を中退した。理由は簡単で、「学校の勉強についていけなかったから」

授業に全くついていけず、先生にも馬鹿にされ、学校の成績は240人中、238位。

もちろんそんな環境で辛くないわけがなく、高校入学して半年もしないうちに高校を辞めることなった。
辞めたおさかべ塾長ががなにをしていたのか、
朝から晩までゲーム、居酒屋でバイトの2つを永遠に繰り返し、気づいたら1年、そしてまた1年と自堕落で希望の見えない生活を送っていたという。
友達もいないので、人ともコミュニケーションを取らない。

今まで仲良くしてくれていた友達も

「部活」や「学校」が忙しいからと連絡も余りとらなくなっていき、完全に一人になってしまった。

そして、勉強に関しては、高校中退後一切教科書は開かず。

例えば英語は中学校英語でさえ分からず、「be動詞」の意味さえ全くわかっていなかった。
自堕落な生活を送ることに不安や焦り、疑問を覚えながらも、漠然と毎日を過ごしていた。

だから、せめて大学に頑張って進学しようと決意するも、「今から何を始めていいか分からない。何をやったら良いか分からない。」状態であった。
ーそもそも何から手を付けていいかわからない・・・

ー何をすれば成績があがるのか分からない・・・

ーそもそもやる気もでない・・・

ー大学に行くのに何が必要かも分からない・・・
こういった状態だ。

これでは当然勉強が進む訳がない。
これからどうやっていけば良いんだと困り果てていた時たまたま、5歳年上の兄が、おさかべ塾長の悩みを見抜き、相談に乗ってくれた。
そして彼はこう言った。
「ここに行きたい!と思える大学を見つけないと勉強なんて続かないよ」
「大学のことなんて分からない。」と言うと、
「じゃあ俺が大学ってどんなところで、何ができるかを教えてやるし、一緒に色んな大学・学部を調べよう、それでしっかり隼人(おさかべ塾長)の行きたい目標を決めるぞ!」と兄は言ってくれたという。
それでいろいろ兄から話を聞きながら大学について調べ、最終的に早稲田大学に進学すると決意。
だが、やはり今まで勉強してこなかったディスアドバンテージは大きかった。

しかし兄から、「勉強はとにかく計画を立て、毎日じっくりそれに取り組むことが大事だ。」と言われ、兄と一緒に勉強の計画を立てて進んでいった。

しかし、模試を受けても結果は大失敗。

なぜダメだったのか兄に聞くと、「それは生活習慣がいけない。受験は午前中にやるんだから、朝型にしないとダメだ。」と言った。
それからおさかべ塾長は、朝6時から勉強するようになり、朝早くから勉強する大切さを実感した。
そして、おさかべ塾長は、早稲田大学に現役合格した。

塾や予備校、さらに通信制の高校等には一切通っていない。

完全に独学だけで合格を果たした。
しかも受験した全5学部(政経、国教、法、商、文構)全て合格した。
これらの経験から、おさかべ塾長は、朝6時から勉強すること、受験について詳しい人と共に計画を立て、その計画通り勉強するのが受験合格において重要なことであることに気づいた。
クラウド先生夏季講習は、おさかべ塾長の思いを形にし、そしてさらにそれをサービスとしてしっかりさせたものだ。

効果的に学習できるようにサポートするのはもちろんのこと、コーチングの知見を活かし、受験での精神面でのサポートも充実している。
おさかべ塾長のように、受験で人生を変える生徒を増やしたい。
それがクラウド先生夏季講習の目指すところである。

 

関連:進研ゼミ 中学講座 料金・受講料を分析

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集チーム

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ