未来の学校教育未来の学校教育/11月20日(土)13:00より未来の先生フォーラム 探究学習特別編「探究学習を考える―探究学習の本質」を開催!

VOIX編集チームVOIX編集チーム 公開 ニュース
未来の学校教育未来の学校教育/11月20日(土)13:00より未来の先生フォーラム 探究学習特別編「探究学習を考える―探究学習の本質」を開催!

未来の先生フォーラム(旧・未来の先生展)実行委員会(東京都新宿区、実行委員長:宮田純也)は、11月20日(土)13:00より「探究学習を考える―探究学習の本質」(http://ptix.at/2I71zy)をオンラインにて開催することを発表します。

<概要>
 「探究学習」は、生徒自身が学び方を身に付け、学びの面白さを経験するための重要な機会だと考えられます。私たちの生きる社会は、より一層決まった答えのない社会になっています。学習指導要領が検討された当初、ニュー・ノーマル時代の到来は想定されていませんでした。この社会の中でより良い人生を歩むためには、多様な人とのかかわりや経験を通して自ら学び、実践し、また学び・・・というサイクルを自分の力で回すことのできる力、つまり、より良い人生や社会を自らの力で創る力を身に着けることが重要ではないでしょうか。

 「探究学習」はこの力を身に着ける点でも重要な機会になるでしょう。「探究学習」の実施はどのように授業を変えるのでしょうか?また、学校組織や教員の在り方はどのように変わるのでしょうか?

 2022年4月から始まる完全実施を見据え、現場でのより良い実践のために、高等学校で学習の基調となる「探究」とその本質について、公立高校に「探究科」を設立し「堀川の奇跡」を起こした荒瀬克己先生・「教育学」を超える「学習学」の提唱者である本間正人先生と考えます。

<スケジュール>
12:50 開場
13:00-14:00 基調講演:“探究学習の意義と実践” 荒瀬克己先生
14:10-15:10 分科会①
15:15-16:15 対談:“探究学習とは?探究学習と学校教育・教師” 荒瀬克己先生×本間正人先生
16:25-16:55 分科会②
17:00-17:30 分科会③

<登壇者紹介>

荒瀬克己 先生(独立行政法人 教職員支援機構 理事長)

京都市立堀川高等学校長、京都市教育委員会教育企画監、大谷大学文学部教授、関西国際大学学長補佐を経て現職。 中央教育審議会副会長、初等中等教育分科会長、「令和の日本型学校教育」を担う教師の在り方特別部会委員、大学改革支援・学位授与機構国立大学教育研究評価委員会委員等を務める。著書に『奇跡と呼ばれた学校』(朝日新書)、『「アクティブ・ラーニング」を考える』(共著、東洋館出版社)等。「月刊高校教育」(学事出版)にコラムを連載。

本間正人先生(京都芸術大学 教授ほか)

「教育学」を超える「学習学」の提唱者であり、「楽しくて、即、役に立つ」参加型研修の講師としてアクティブ・ラーニングを25年以上実践し、「研修講師塾」を主宰する。京都芸術大学教授、NPO学習学協会代表理事、松下政経塾主幹、NPOハロードリーム実行委員会理事。東京大学文学部社会学科卒業、ミネソタ大学大学院修了(成人教育学 Ph.D.)。NHK教育TVビジネス英語講師などを歴任。コーチングやほめ言葉、英語学習法などの著書79冊。近著に「やさしい英語でSDGs」

<お申込み>
参加無料です。お申し込みは以下のURLよりお願いいたします。
http://ptix.at/2I71zy
当日のプログラムは録画され、未来の先生フォーラムMEMBERSのページから(https://mirai-sensei.info/members/membership-login/ )視聴できます。

<イベント概要>
タイトル:未来の先生フォーラム 探究学習特別編
開催日:11月20日(土)
形式:完全オンライン(ZOOMウェビナー)
主催:未来の先生フォーラム実行委員会
共催:教育新聞社
タイトル:探究学習を考える
テーマ:探究学習の本質

【「未来の先生フォーラム」】
Facebook: https://www.facebook.com/sensei.mirai/
Twitter   : https://twitter.com/sensei_mirai
HP         : https://www.mirai-sensei.org/

【「未来の先生フォーラム」とは】
 未来の先生フォーラムは、社会の動向を理解し、自ら学び、専門性を向上させたいと願う先生たちをはじめ、教育業界の関係者が来場し、相互に学び合う日本最大級の教育イベントです。未来の先生展として2017年に初めて開催し、2日間でのべ約3,000人が参加する国内最大級の教育イベントです。本イベントでは、学校教育から生涯教育まで多彩な領域の教育について学べます。2日間のイベントは、「つながる・ひろがる・うまれる」というキャッチフレーズを据えています。本イベントを通して、来場者同士が、“つながり”、その”つながり”から知識や視点が“広がり”、新たな取り組みや知識が“生まれる”場、教育のイノベーションの場でありたいという願いが込められています。

関連:進研ゼミ 中学講座 料金・受講料を分析

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集チーム

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ