ワイリー・パブリッシング・ジャパンワイリー・パブリッシング・ジャパン/Wiley、大学向けのアダプティブ・ラーニング教材「Knewton Alta」を日本に提供開始

アバターVOIX編集チーム ニュース

John Wiley and Sons, Inc.,(Wiley, 日本法人:ワイリー・パブリッシング・ジャパン株式会社)は、主に大学生の学習を支援するアダプティブ・ラーニング教材「Knewton Alta (アルタ)」の日本国内での提供を開始しました。

altaは、これまでに全世界で4000万人以上の学習者に使われてきたKnewtonのアダプティブ・ラーニング・プラットフォーム上で稼働する、統合されたコースウェア(学習教材)です。主に大学の数学、統計学、生物学、経済学、化学、心理学の様々な講義を支援するコースをオンライン形式で提供しています。

これまでWileyは、北米の大学の多くの学生の目標達成を助けるためにaltaを展開してきました。この度、日本を含むアジア各国でのaltaを提供を開始いたします。
 

学生は講義の予習や復習、小テストなどの様々な場面で課題に取り組みながら、学習を進めることができます。テキストやビデオ、例題や評価など、altaのすべてのコンテンツは学習目標に即して整理されています。つまずきの原因をKnewtonのアダプティブ・ラーニング・プラットフォームが診断し、一人ひとりが必要とする内容をふさわしいタイミングで提示します。各コースのコンテンツは米国の大学で使われている英語の教材であり、世界で生きる力を身につけるための学びをサポートします。
 

 

 

教員はカリキュラムや講座の方針に合わせて、altaが提供するコースを柔軟にカスタマイズして設計することができます。一人ひとりの学生の進捗状況や習熟度について、つぶさにかつリアルタイムに把握することが可能です。
 

altaの成果について、可能な限り透明性を保つために、Knewtonのチームは匿名化されたデータをジョンズ・ホプキンス大学のCenter for Research and Reform in Educationに提供し、altaの有効性について公平な視点を得ることにしました。同大学の研究チームは、小テストやテストの点数、今後の課題の達成度や定着率など、同大学で設けた基準に基づき、学生の成果に対するaltaの影響を検証しました。

結果、altaはすべての能力レベルの学生の学習成果に有効な影響を与えるという結論が得られました。

altaの詳細については、Knewton JapanのWebサイトをご覧ください ( https://japan.knewton.com/alta/ )

John Wiley & Sons, Inc.,(Wiley)について

Wileyはグローバル企業として、人々や組織が成功のために必要とするスキルと知識の向上をお手伝いします。Wileyは、理工医学および人文社会科学分野での電子ジャーナル出版とともに、eラーニング・人材アセスメント・資格取得を目的とする各種ソリューションの提供を通じて、大学や学協会、企業、政府機関ならびに個人が、産学両界において自らの成果が生み出すインパクトを高められるよう支援します。創業から200年以上にわたり、Wileyは各界の関係者のために、着実な結果を残してきました。

【会社概要】
名 称:John Wiley & Sons, Inc.,(Wiley)
所在地:111 River Street, Hoboken, New Jersey 07030-5774
President & CEO (代表取締役社長):Brian Napack
URL:https://www.wiley.com

【本件に関するお問合せ先】
ワイリー・パブリッシング・ジャパン株式会社
エデュケーション&リセーラー 北東アジア地区担当​ 海老根 紳二
Knetwon Japan ウェブページ( https://japan.knewton.com/ ) のお問い合わせフォームよりご連絡ください

【関連リンク】
alta 紹介ページ
https://japan.knewton.com/alta/

alta コース一覧
https://japan.knewton.com/alta/courses.html

alta 成果報告の解説記事
https://japan.knewton.com/news/n2018030601.html

関連:進研ゼミ 中学講座 料金・受講料を分析

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
アバター

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ