朝日出版社朝日出版社/重松清最新作『答えは風のなか』。12刷『きみの町で』に続く10の物語。

VOIX編集チームVOIX編集チーム ニュース
朝日出版社朝日出版社/重松清最新作『答えは風のなか』。12刷『きみの町で』に続く10の物語。

朝日出版社は2021年12月11日に『答えは風のなか』(重松清 著 / ミロコマチコ 絵)を刊行しました。

本書は、生きていくうえでぶつかる「なぜ?」について、主人公と一緒に体験できる10の物語からできています。

「いいヤツってなんだろう?」「年を取るってどういうことだろう?」「今は今しかないのに……(世界で感染が蔓延しているなかで)」「さびれていくふるさとに、危ないけれど経済的には助かるごみ処理場ができたら……」「おとなになるって、どういうこと?」「差別ってなんだろう?」「努力ってなんだろう?」――

正面きって考えることが難しいけれど、間違いなく「今、わたしたちが直面している問題」について、見つめ直すきっかけにしてみませんか。

これからさまざまな局面をくぐり抜けて生きていく子どもたちに。子育てに不安を感じている親御さんに。迷った時、悩んでいる時、繰り返し手に取ってみてください。
 

  • 重松清さんより

僕はいつも、自分の書くお話には「答え」なんてないんだと思っています。
読んだあとには、むしろ「問い」が残ってほしい。
答えは風のなか。風を見つめて探すには……
つまり、顔を上げてほしかったのです。
うつむいてばかりの世の中だからこそ。
なにも言わなかったのに、ミロコマチコさんの絵、そうなってるんだよ。すごいよね。
 

  • 目次

 

 

いいヤツ
おばあちゃんのメモ
ふるさとツアー
ぼくらのマスクの夏
しあわせ
いちばんきれいな空
ケンタの背中
おねえさんが教えてくれた
タケオの遠回り
あきらめ、禁止。

 

  • 著者紹介

重松清(しげまつ きよし)
1963年、岡山県生まれ。早稲田大学教育学部卒。出版社勤務を経て執筆活動に入る。
ライターとして幅広いジャンルで活躍し、1991年に『ビフォア・ラン』で作家デビュー。
1999年『ナイフ』で坪田譲治文学賞、『エイジ』で山本周五郎賞、2001年『ビタミンF』で直木賞、2010年『十字架』で吉川英治文学賞を受賞。
著書に『流星ワゴン』『疾走』『みんなのなやみ』『その日のまえに』『きみの友だち』『青い鳥』『とんび』『希望の地図』『空より高く』『また次の春へ』など多数。

ミロコマチコ
1981年、大阪府生まれ。京都精華大学人文学部卒。
23歳のとき、独学で絵を描きはじめ、2005年に初の個展開催。主に動植物を描き、全国で展覧会を多数開催する。
2010年に自主制作絵本『やまのいえで』を刊行。2011年「HBファイルコンペvol.21」藤枝リュウジ賞受賞、2013年『オオカミがとぶひ』で日本絵本賞大賞を受賞。
著書に『ホロホロチョウのよる』、『サバンナの動物親子に学ぶ』(共著)がある。美術同人誌『四月と十月』の同人。

  • 書誌情報

全国の書店で好評発売中!

定価: 1,815円(本体1,650円+税)
判型:四六判並製 / ページ数:288ページ /
ISBN:9784255012650 / Cコード:C0093

関連:進研ゼミ 中学講座 料金・受講料を分析

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集チーム

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ