特定非営利活動法人青少年科学技術振興会/青少年対象の国際ロボット競技会「FIRST LEGO League 」の全国大会が閉幕。栄光学園チームが総合優勝し世界大会に出場!

アバターVOIX編集チーム ニュース
特定非営利活動法人青少年科学技術振興会/青少年対象の国際ロボット競技会「FIRST LEGO League 」の全国大会が閉幕。栄光学園チームが総合優勝し世界大会に出場!

NPO法人青少年科学技術振興会FIRST Japan(本部:横浜市)は、2月20日(日)に開催されたFIRST LEGO League 全国大会「Japan Championship」で栄光学園(神奈川)のチーム「今、鎌倉」が総合優勝し、2021-2022シーズンが閉幕したことをお知らせします。近年、プログラミング教育・探求学習の実践にFLLを導入する学校が増えています。FIRST Japanは学校のプログラミング教育に貢献すべく学校のFLL導入をサポートして参ります。

FIRST LEGO League(FLL)は、世界110ヵ国で開催される小学4年~高校1年を対象にした世界最大級規模の国際ロボット競技会です。
プログラミングをはじめとするSTEM*を学ぶのに最適な教育カリキュラムとしても知られ、世界中の多くの学校で導入されています。日本でも小学校でプログラミング教育が必修化されて以降、FLLに参加を希望する学校が急激に増加し、日本でFLLを主催する青少年科学技術振興会FIRST Japanは学校のFLL導入をサポートする活動を続けています。今シーズンも全国から多くの学校の参加がありました。

*STEM・・・科学(Science)技術(Technology)工学(Engineering)数学(Mathematics)の頭文字を取った、各分野を融合させた総合的な学習を表す言葉。
 

学校チームが活躍

18回目の開催となる今シーズンの大会には北海道から沖縄まで全124チームが参加し、予選大会を勝ち抜いた40チームが全国大会に出場しました。大会は昨年に引き続きコロナウィルスの影響からオンラインを利用したリモート大会形式で行われました。
大会結果は、栄光学園(神奈川)のチーム「今、鎌倉」が初の総合優勝を果たし、横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校附属中学校、奈良教育大学附属中学校などの学校チームが上位に入賞しました。
総合順位上位10チーム中6チームが学校チームで学校チームの活躍が目立ってきており、FLLが全国の小中学校に広がりを見せているのと同時に、学校チームの活動の成果が大会に反映されてきています。

優勝したチーム「今、鎌倉」は、世界大会に出場することを目標に活動してきました。予選大会後にはチーム力を更に高める必要性を感じ、プロジェクトの専門家や他チームからフィードバックを頂くなど外部との交流を積極的に行いチーム力を高めてきたそうです。
入賞した7チームはこれから米、露、豪、ブラジルで開催される世界大会に日本代表チームとして出場します。
世界大会での日本代表チームの活躍が楽しみです。

ロボット競技は生で実施され、YouTubeLIVEで配信されました。ロボット競技は生で実施され、YouTubeLIVEで配信されました。

学校チームをサポート

2020年度から始まった小学校での「プロミング教育の必修化」や、総合的な学習の時間で「探求学習」が行われるようになった背景もあり、STEM教育・探求学習の実践にFLLの利用を検討する学校が全国的に増えています。
欧米では、数年前からコンピューターサイエンスやロボティクスの授業でFLLが実施されており、教育の現場においてFLLが身近に存在しています。
FIRST Japanは、日本の子どもたちにFLLを通じてプログラミング教育・探求学習を体験する機会を提供することを願い、FLL学校チャレンジという学校向けの導入サポートを行っています。これまで35校もの学校がこの制度を利用してFLLを始めました。2019年には学校チャレンジから初めて公立の小学校チームが世界大会に出場するといった快挙も出ています。
今年の8月には新テーマが発表され2022-2023シーズンが始まりますので、FLLに少しでも興味を持たれた学校はお気軽にお問い合わせください。 

学校でのFLL授業学校でのFLL授業

公立小学校チームが世界大会に出場!(2019年)公立小学校チームが世界大会に出場!(2019年)

【お問い合わせ先】
NPO 法人青少年科学技術振興会FIRST Japan
TEL:045-479-3327
e-mail:info@firstjapan.jp

FIRST® LEGO® League(FLL)について
FLLは、子どもたちに科学や技術、工学といった分野への興味や関⼼を喚起させることを目的として、⽶国の非営利団体FIRSTとレゴ社が1998 年に始めた国際的な教育プログラムです。日本においてはNPO法⼈⻘少年科学技術振興会 FIRST Japanが2004年から主催・運営を⾏っています。
FLLでは、毎年世界が直面する社会問題がテーマとして選ばれるのが特徴で、SDGsの17の目標に親和性のある世テーマが中心です。FLLの競技は、「ロボット競技」と「3種類のプレゼンテーション」で構成されています。

「ロボット競技」はフィールドに設置された16個のミッションを2分30秒の間にいくつ攻略できるかを競うものです。ロボットはプログラムとセンサーで自動に動く自律型ロボットであることが条件で、高度なロボット設計とプログラミングの技術が問われます。
「プレゼンテーション」では「イノベーションプロジェクト」「ロボットデザイン」「コアバリュー」の3項目の研究成果を審査員の前でアピールし評価点数の総計を競います。
FLLに関する詳細は、以下をご覧ください。
FIRSTジャパン 公式HP:https://firstjapan.jp/
FLL公式ウェブサイト: http://www.firstlegoleague.org/ (英語)

NPO 法人青少年科学技術振興会FIRST Japanについて
「日本の科学技術・文化の振興」、「子供の健全育成」に貢献していくことを目的に2004年に設立されました。主な活動として「FLL」「FGC」「FRC」といった、青少年を対象とした国際教育プログラムの日本大会を主催・運営しています。
また、学校や科学館と連携しSTEM教育の普及活動を行い、科学の楽しさを体感できる国際競技会やロボットの製作教室、世界の仲間と交流をはかる場を提供し、将来を担う科学・グローバル人材の育成を目的として活動しています。
詳細は、FIRSTジャパン 公式HPをご覧ください。
https://firstjapan.jp/

関連:進研ゼミ 中学講座 料金・受講料を分析

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
アバター

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ