明光ネットワークジャパン/教室とのコミュニケーションを専用アプリでDX化 個別指導の明光義塾、“明光義塾アプリ塾生証” の提供を開始

VOIX編集チーム 公開 ニュース
明光ネットワークジャパン/教室とのコミュニケーションを専用アプリでDX化 個別指導の明光義塾、“明光義塾アプリ塾生証” の提供を開始

 個別指導塾「明光義塾」を全国展開する株式会社明光ネットワークジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:山下 一仁)は、教室と在塾生・保護者とのコミュニケーションを強化する専用スマートフォンアプリ「明光義塾アプリ塾生証」(以下 本アプリ)を2022年3月より提供開始します。
 学習塾におけるデジタル化やITツールを活用したオンライン授業の提供など、学習塾を取り巻くデジタル化が進む中、学習塾業界全体としてDX推進は重要となっております。明光義塾では、新たなデジタル技術を活用するとともに、データを活用した学習塾事業の業務変革を推進すべくDXに取り組んできました。
本アプリは、全国に展開する各教室と在塾生およびその保護者の皆様とのコミュニケーション機能をオンラインで集約し、従来紙ベースで処理していた教室業務をデジタル化することで、教室業務の業務変革を進め、生徒・保護者の皆様への通塾利便性の向上および満足度向上を図っていきます。

          “明光義塾アプリ塾生証”(画面イメージ) 

※本アプリはAppleStoreおよびGooglePlayよりダウンロードいただけます。
※本アプリのご利用には、明光義塾各教室から配布する専用のID・パスワード等が必要となります。

明光義塾アプリ塾生証は、更なる機能改善と機能拡張にて追加開発を実施していくほか、明光キッズ、Meiko Kids eなど当社の他事業へも展開を図ってまいります。
また、当社では2020年よりDX推進のための体制を整備し、DX戦略による各事業の深化と探索に取り組んでまいりました。今後もデジタル技術を用いてデータを活用し、既存業務のビジネス変革や新たなビジネスモデル創出に取り組んでまいります。

■「明光義塾アプリ塾生証」について
本アプリは、DXデータプラットフォームを用いた基幹システムとのセキュアなデータ連携により、教室と生徒・保護者とのコミュニケーションを専用のスマートフォンアプリに集約し、プッシュ通知による迅速性、オンラインによる利便性、そしてデジタルによる効率性を重視した各種コミュニケーション機能を提供いたします。

<提供開始日>
2022年3月より一部の教室で運用を開始し、順次利用教室を追加してまいります。

 

<主な提供機能>

①QRコードを利用した入退室管理と保護者へのプッシュ通知
②通塾スケジュールの確認
③教室と生徒・保護者間に限定した安心安全なチャット機能
④テキスト、画像、動画による教室からのお知らせ一斉送信
⑤新型コロナウイルス対策としての体温報告と履歴データ管理
⑥教室から生徒保護者へのアンケート配信、集計データ管理
⑦学習お役立ちサイト「明光プラス」とのコンテンツ連携

なお、本アプリは明光義塾の通塾生とその保護者の皆様において無料でご利用いただけます。また、スマートフォンをお持ちでない生徒の皆様には、入退室管理専用の塾生証カードを提供いたします。

■株式会社明光ネットワークジャパン(東証1 部上場)( https://www.meikonet.co.jp ) 「教育・文化事業への貢献を通じて人づくりを目指す」、「フランチャイズノウハウの開発 普及を通じて自己実現を支援する」という2つの経営理念を掲げ、「自立学習」「個別指導」方式による個別指導塾「明光義塾」を直営及びフランチャイズシステムにより全国47都道府県で展開しております。

関連:進研ゼミ 中学講座 料金・受講料を分析

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ