マイベスト/新年度で需要が高まるプログラミングスクール!人気14社の就職支援や求人の質、料金を比較したランキングを発表- mybest

アバターVOIX編集チーム ニュース
マイベスト/新年度で需要が高まるプログラミングスクール!人気14社の就職支援や求人の質、料金を比較したランキングを発表- mybest

株式会社マイベスト(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:吉川徹)が運営する、ユーザーに最高の選択体験を提供するおすすめ情報サービス「mybest」は、IT業界への転職や副業人口が増えている中、新年度に需要が高まるプログラミングスクールの14社を対象として、就職支援の充実性、求人の質、料金の安さなどを調査し、その結果をサイト内(https://my-best.com/6712)にて公開しました。

■調査概要

  • 調査期間:2022年3月
  • 調査対象:プログラミングスクール14社
  • 調査機関:mybest編集部 サービス調査チーム

■調査基準

  • メンターの質
  • 求人の質
  • 就職支援の充実性
  • 料金の安さ

━━━━━━━━━
総合ランキング結果
━━━━━━━━━

1位は充実した就職支援と質の高い求人で高評価に
総合1位は「RUNTEQ」。スクールから受講者への就職や転職の支援がどれくらい充実しているかを調査した就職支援の充実性の検証では、就職活動の要となるオリジナルポートフォリオに力を入れており、カリキュラムの一環として企画から開発まで、実務の一連の流れを経ながら作成できる点で高評価になりました。また、プログラミングスクール卒業後に紹介してもらえる求人を調査した求人の質の検証では、SESへの紹介求人は行っておらず、卒業生の進路は自社開発企業が7割、Web系の受託開発企業が3割で高評価を獲得しました。

総合2位の「TechAcademy」は、求人の質の検証において、卒業生の進路はSESや受託開発企業がやや多いとの回答を得たほか、カリキュラムのなかに拡張機能を自分で企画し開発を行う流れがあり、実際の現場に近い形で学習できる点から、就職支援の充実性の検証で高い評価を獲得しました。

総合3位の「Aidemy PREMIUM」は、求人の質の検証で、卒業生の進路の8割が受託開発企業で高い評価になったほか、画像認識やビックデータの解析を用いてオリジナルのポートフォリオを作成できる点で、就職支援の充実性の検証で高評価になりました。

━━━━━━━━━━━
各項目における調査結果
━━━━━━━━━━━
■求人の質

1位はSESへの紹介求人なし!7割は自社開発企業に
1位の「RUNTEQ」は、SESへの紹介求人を行っていないという回答が得られたほか、卒業生の進路は自社開発企業が7割、Web系の受託開発企業が3割で高い評価を獲得。2位の「ポテパンキャンプ」は、就職に成功した全員がSES以外のWeb系開発企業に内定していると回答があり、高評価につながりました。3位の「Aidemy PREMIUM」は、卒業生の進路の8割が受託開発企業と高い水準で高評価を獲得しました。
 

紹介してもらえる求人は大きく分けて3種類
プログラミングスクールで紹介してもらえる求人は、自社サービスを開発する自社開発企業、サービス会社から開発業務を依頼され開発する受託開発企業、そしてSESの3種類に分かれます。ただし、SESへの就職はやや注意が必要です。

SESとは、ソフトウェアやシステム開発、保守・運用において、技術者の労働力を提供する契約のこと。簡単にいうと派遣としての労働が近く、継続的なスキルアップや年収アップが期待しにくい労働形態といえますが、スクールのなかには「ポテパンキャンプ」や「RUNTEQ」のように、SESへの求人紹介を行っていないところもあるので、気になる場合は事前のカウンセリングなどで確認してみるとよいでしょう。

就職支援の充実性

TOP3は、就職時に重視される「ポートフォリオの作成」あり
1位は「RUNTEQ」。就職活動の要となるオリジナルポートフォリオに力を入れており、カリキュラムの一環として企画から開発まで、実務の一連の流れを経ながら作成できる点で高評価を獲得しました。2位の「TechAcademy」は、カリキュラムのなかに拡張機能を自分で企画し開発を行う流れがあり、実際の現場に近い形で学習できる点から、高い評価を獲得しました。3位の「DMM WEBCAMP」は、カリキュラムにオリジナルポートフォリオの作成が組み込まれており、ゼロから1人でサービスの企画・設計・開発を体験可能という充実性の高さで高評価につながりました。
 

「オリジナルポートフォリオの作成ができるか」に差が見られた

今回はmybest編集部で、各プログラミングスクールの就職・転職のサポート体制をリサーチ。その結果、とくに差が見られたのはポートフォリオの作成に関する部分でした。
採用担当者はポートフォリオをもとにスキルチェックを行うため、プログラマーとしての就職では必須です。プログラミングスクールでは、カリキュラムの一部にポートフォリオの作成が組み込まれている場合や、カリキュラム終了後にポートフォリオの作成をサポートしてもらえることがあります。

■料金の安さ

1位は最も安い44,000円!離職中でも検討しやすいリーブナブルさが嬉しいポイント
1位は「UZUZ COLLEGE」。Javaコースで44,000円と非常にリーズナブルで、離職中でお金がない人でも利用を検討しやすいスクールといえます。2位の「tech boost」は、ブーストコース・3か月・メンタリング月4回で422,400円と相場よりも安い料金で高評価を獲得しました。ライフスタイルや転職計画にあわせて、学習スケジュールをカスタマイズしたい人におすすめです。3位の「RUNTEQ」は、Webマスターコースで437,800円とこちらも相場より安い料金で高評価になりました。卒業後の就職までしっかり見据えてプログラミングスクールを選びたい人に、十分すすめられるスクールといえるでしょう。
 

料金は50〜60万円ほどが相場。安いからといってサービスの劣るスクールはなかった

今回調査したプログラミングスクール14社の料金は、平均で約50万円となりました。(※)

注目すべきポイントは、金額によって提供されるサービスに大きな違いは確認できなかったことです。

そのため、自分の学びたい言語に対応しているかを確認したうえで、料金の安さで選ぶことも十分選択肢にあがるでしょう。

(※)転職を前提としたコースをピックアップしたうえで比較を行っています。 選ぶコースや条件によっては、この金額に当てはまらない場合があるためご注意ください。

——————————————
■「mybest」について ​https://my-best.com

「mybest」は、ECサイト等で商品を購入する際に「何を選んだらいいのかわからない」というユーザーの課題解決を目指したおすすめ情報サービスです。日用品からコスメ・家電・食品・サービスなどオールジャンルを対象に、徹底した自社検証と専門家の声をもとに、本当におすすめできるモノを紹介しています。

2016年のサービス開始から、約5年間で月間利用ユーザー数は3,400万人を超え、同領域において国内最大級のサービスに成長しています。また日本のみならず海外8の国と地域に展開しており、世界中の多くのユーザーにご利用頂いています。

【2022年3月】プログラミングスクールのおすすめ人気ランキング14選【徹底比較】
https://my-best.com/6712

おすすめ情報サービス-mybest
https://my-best.com

データ・画像を引用される際は、出典元として必ずこちらのURL(https://my-best.com/6712)をご記載いただきますよう、お願いいたします。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。

関連:進研ゼミ 中学講座 料金・受講料を分析

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
アバター

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ