リクルート/自分の「ワクワク」から将来を考える リクルートが新たなキャリア教育プログラムを実施-岡山市立岡山中央小学校(岡山県)にてオンライン開催-

VOIX編集チーム 公開 ニュース
リクルート/自分の「ワクワク」から将来を考える リクルートが新たなキャリア教育プログラムを実施-岡山市立岡山中央小学校(岡山県)にてオンライン開催-

株式会社リクルート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村 吉弘)の中途メディア事業領域では今年度、岡山市立岡山中央小学校(岡山県)の小学6年生約150名に対して、オンライン形式にてキャリア教育プログラムを実施しました。
変化の激しい社会を生き抜いていくために、一人ひとりの社会的・職業的自立に向けたキャリア教育の必要性は高まっており、学校教育においても、発達段階に応じたキャリア教育が行われています。
そうした中、当社は人材採用に関する総合サービスで培ってきた知見を小学生のキャリア教育に役立てていただきたいという思いから、10年以上にわたり従業員による社会貢献活動「キャリア教育プログラム」を全国各地で実施してきました。本年度よりプログラム内容を一新し、より児童の内面に向き合い、児童一人ひとりの個を尊重しながら将来について考える仕立てとしています。

■ プログラムの流れ
本プログラムは2回の授業で構成されており、1回目の授業では、当社従業員が自身におけるキャリアの話を交えつつ、講義とワークを通じて、仕事にはどんな「ワクワク」があるかを児童に伝えました。そして、2回目の授業実施前に、児童一人ひとりの内面を探る質問ワークに答えてもらい、当社従業員がよく出てきた言葉を抽出・カテゴライズして、「9つのワクワクキーワード」をマッピング。2回目の授業ではそのキーワードを基に、児童の「ワクワク」からどんな仕事が生み出されるかを考えるワークを行い、創造された仕事を発表し合いました。

各自が「ワクワク」のキーワードから、どんな仕事を創造したのかを発表。キーワードから連想される別の仕事についても、児童同士で考え「こんな仕事もあるね!」と盛り上がる場面も
 

児童一人ひとりの「ワクワク」を当社従業員にて抽出したキーワード
マッピング例

詳細は下記リンクよりPDFをご覧ください
https://www.recruit.co.jp/newsroom/pressrelease/assets/20220324_hr_04.pdf

▼リクルートについて
https://www.recruit.co.jp/
▼本件に関するお問い合わせ先
https://www.recruit.co.jp/support/form/

関連:進研ゼミ 中学講座 料金・受講料を分析

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ