「かぞくのおさいふ」がEDIX(教育 総合展)関西に登場

VOIX編集チームVOIX編集チーム 公開 ニュース
「かぞくのおさいふ」がEDIX(教育 総合展)関西に登場

 「かぞくのおさいふ」とは

「かぞくのおさいふ」とは簡単にいうと、カード紛失時にアプリで簡単に利用停止できるなど子供でも安心して使えるVisaプリペイドカードです。

専用のアプリを使って、残高や明細の確認に加え、予算設定機能で子供の収支管理をサポートでき、子供の支払い時に保護者の方がリアルタイムで通知を受け取る機能や、離れた場所でもいつでも保護者の方からの送金が可能です。

三井住友カードが金融教育に対する期待の高まりを受け「EDIX(教育 総合展)関西」に「かぞくのおさいふ」を出展

番号がないナンバーレスカードが好評の三井住友カード株式会社が、金融教育に対する期待の高まりを受けVisaプリペイドカード「かぞくのおさいふ」を2023年6月14日~6月16日に開催される「EDIX(教育 総合展)関西」に出展します。

「EDIX関西」出展概要

Visaプリペイドカード「かぞくのおさいふ」は送金機能にとどまらない機能(目標設定機能・利用明細機能)により、将来に活きる実践的な金融リテラシー育成が期待できます。

ブースでは、関西圏の学校様への導入により高評価をいただいている「かぞくのおさいふ」の利便性をより多くの学校で体感していただくべく、詳しい使い方や導入メリット等についてわかりやすくご説明いたします。

さらに、学校内での実際の導入シーンを想定し、ブース内に自動販売機・食券機・オールインワン決済端末stera terminalもご用意いたします。

今回の出展では、芝浦自販機株式会社(本社:福井県小浜市、代表取締役社長:城所宏)、株式会社エム・ピー・ソリューション(本社:東京都港区、代表取締役社長:佐藤 栄治)とも共同し、「かぞくのおさいふ」を軸とした学内キャッシュレス実現の為のソリューションも幅広くご紹介いたします。

エム・ピー・ソリューション

MPソリューションは、2021年2月の「マルチマネー決済端末IM10」リリース以降、大手飲料メーカをはじめ全国各地の飲料自販機領域への提供を拡大している中、昨今では飲料自販機に限らず冷凍食品はもとより、観光お土産や服飾雑貨等を販売する自動販売機事業への新規参入企業様からや、スポーツ施設等の入場券売機、自治体や学校内での証紙券売機、コインランドリーやコインロッカーの自動精算機等、あらゆる自動機メーカ様からキャッシュレス決済ニーズが寄せられております。

芝浦自販機株式会社

芝浦自販機株式会社は、1987年より券売機の販売を開始し、現在では普及タイプから高機能機まで充実したワインナップを揃え、さらにオーダリングシステムに代表されるソリューション分野の開発を進め、券売機文化の発展に貢献してまいりました。

近年では、お客様のキャッシュレス要望に対応した「Suica」「楽天Edy」等の各種交通系・流通系電子マネーやクレジット決済、さらにはQRコード決済とこれらを組み合わせた複合決済対応機などをいち早く提供しております。

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら

VOIXプレスリリース
無料投稿窓口

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集チーム

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ