株式会社Growth Sports Academyが設立、Ball Park Projectで自活する人材育成を再始動

VOIX編集チームVOIX編集チーム 公開 ニュース
株式会社Growth Sports Academyが設立、Ball Park Projectで自活する人材育成を再始動

「Ball Park Project」について

コーディネーション・アカデミー株式会社と株式会社プロフィッツは、共同で株式会社Growth Sports Academyを設立し、「Ball Park Project」を再始動しました。このプロジェクトは、子どもたちに複数の球技(ラグビー、サッカー、野球、フラッグフットボール、ハンドボール)を通じて自立と社会性を培う環境を提供します。目標設定とレビューを重視し、学校や家庭では学びにくい人間性や社会性の育成に注力しています。

この教室では、元トップアスリートがコーチとして指導にあたり、子どもたちに主体的な学びの場を提供します。また、プロフィッツ社との提携により、不動産の有効活用や教育と経済の融合を図ることで、子どもたちが社会に出たときに必要とされるスキルの基礎を築くことを目指しています。

このニュースのポイント
  • 複数球技を通じた人材育成プロジェクトの再始動
  • 元トップアスリートによる実践的な教育指導
  • 教育と経済の融合を目指した新しい試み

 

<以下リリース>

複数の球技体験により自活する人づくりを目指すBall Park PJ再始動!

不動産プロデュースを行うプロフィッツ社と共同で会社設立

株式会社コーディネーション・アカデミー(本社:東京都港区、代表取締役:齊藤祐也)は、株式会社プロフィッツ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田中慎一郎)と共同で、株式会社Growth Sports Academyを設立し、子どもたちにスポーツを通じて「自活する人づくり」を目指す教室「Ball Park Project」を立ち上げました。

Ball Park Project について

代表 齊藤祐也をはじめ、元トップアスリートのコーチが、複数球技(ラグビー・サッカー・野球・フラッグフットボール・ハンドボール)を交互に指導し、子ども達に主体性をもたせた目標設定・レビューを通じて学校や家庭では学びきれない人間性・社会性を体得させ、自活する人としての基礎作りを行う教室です。
現在の学校教育では、カリキュラムをこなすことに終始する詰め込み教育から脱却できていない現実があります。加えて、公共の場でのボール使用禁止等の制限が増加し、心身の成長に重要なスポーツを楽しむことができる“場”も減少しています。
私たちはこのことを解決するためのサードプレイスが必要だと考えています。

当社は設立後約10年間、ボールパーク教室を行ってきました。子ども達の成長を肌で感じ、共に成長した経験を活かしてBall Park Projectを再始動します。

〈Ball Park Project〉
https://ballparkproject.com/

Growth Sports Academy(GSA)設立の背景

情報化と多様化による変化が速い現世界において、私たち世代はこれからの世界を担う子ども達にチャレンジする喜び、そのための人間づくりのための教育を届けられているのだろうか?という疑問にぶつかりました。

当社は不動産・事業投資を行うプロフィッツ社と共に、子どもの成長を第一に考え、「成功体験」「競争」「仲間」「失敗の克服」「評価」「夢中」「挑戦」「貢献」をスポーツを楽しむ定義と捉え、これらを体験することで、自活する人間としての基礎作りになると考えています。

プロフィッツ社との取り組みにより、遊休地の有効活用や将来的には教育事業と投資事業の融合を目指してチャレンジすることとなりました。

私たちGSAのMission / Vision / Value

コーディネーション・アカデミー(教育)×プロフィッツ(経済性)によるGSAは以下のMission / Vision / Valueにより活動してきます。

【Mission】

  • スポーツを通じて楽しみながら人間性・社会性を学ぶ子どもたちのサードプレイスを創る
  • 学校、家庭で学ぶことのできない自主性・主体性を重んじた教育を実践する
  • ボーダレスにチャレンジでき、お互いにリスペクトし、信頼関係を構築できる人材を育成する

【Vision】

  • 自ら考え、行動し続ける集団
  • お互いにリスペクト持ち集団、仲間を想い続ける集団
  • 情熱に溢れ、高出力を出し続け

【Value】

  • 子どもの成長を第一に考え、最善の行動をする
  • 「品位・情熱・結束・規律・尊重」に重んじる行動規範を遵守する
  • 教育と経済の融合という容易には成し得ない価値観にチャレンジし続け、自己成長に喜びを感じる

Ball Park 体験会

プロジェクトを立ち上げて初回のイベントを開催いたします。

ラグビー・フットサル・ハンドボールの元日本代表・元プロスポーツ選手による、「運動性の向上×精神性の向上の両立」を目指したイベントです。

日程: 2024年6月1日(土)、幼児13:00‐13:50 小学生14:00-16:00

場所: 夢の島公園アーチェリー場

講師: 「ラグビー」斉藤祐也 「フットサル」岡村康平 「ハンドボール」横地康介

内容:

1.ラグビー 「全身」動作取得とチームコミュニケーション

2.フットサル 「蹴る」動作取得と課題解決

3.ハンドボール 「投げる」「捕る」動作取得と発想→ 実行の推進

幼児: 様々なボールを使った運動(ゲーム体験)

小学生: 3球技をゲーム体験を通して成長を図るプログラム

子ども達みんなで目的の共有、みんなで実行、みんなでレビューしていきます。

費用: 無料

URL: https://www.yumenoshima.jp/archery/topics/3041

プロフィッツ代表取締役社長 田中慎一郎より

プロフィッツ代表取締役社長 田中慎一郎

弊社のアンバサダーとして、リーチ マイケルが就任するきっかけ与えてくれたのは斉藤氏であり、これを期にお互いの距離が一気に縮まりました。

様々な会話を重ねる中で互いのフィールドが異なるものの、事業に対していくつかの共通するスタンスを知りました。例えば「拘りを持つこと・常に学び、成長し続けること・行動思考であること・未来志向でポジティブであること」です。アプローチは異なりますが、私達が目指す未来と共通しており、事業を通じて世の中の成長に寄与すること、喜びを作っていくことです。

異業種だからこそ今までと異なる発想と手法で、未来の子どもたち・親御様への笑顔をプレゼントできる良いプロジェクトにしていきたいと考えております。

株式会社プロフィッツ

専門性が高いメンバーで構成されたチームにより、東京中心エリアにおける多くの業界情報やネットワークで、様々なタイプの不動産アセットをソーシングからマネジメントまで行う。不動産を本業としない企業や個人に対してのアドバイザリーも行っており、効率的なリターン提供のみでなく「想い」を形にし、投資を通じて社会的ブランディング・インパクトを形成していくことを目指している。
また、国内初の規模を誇る保育園特化型ファンドの組成をアレンジし注目を集めるなど、不動産分野での ESGに着目した投資も行っている。

株式会社コーディネーション・アカデミー

代表 齊藤祐也について

高校1年からラグビーを始め、若干2年で高校日本代表に選出される。東京高校では、攻撃の要である NO.8(ナンバーエイト)として活躍し、全国高等学校ラグビーフットボール大会(花園)へ初出場の立役者となる。
高校卒業後はラグビーの名門・明治大学に入学し、1年生からレギュラーを獲得。全国大学ラグビー選手権に出場し優勝。4年時には主将を務める。
大学卒業後はサントリーに入社、1年目のシーズンからレギュラーを獲得し、「日本ラグビーフットボール選手権大会」連覇など社会人でもタイトル獲得に貢献。
現役引退後は、様々なスポーツを経験するスポーツ教室を開催し、普及活動の一環として全国各地でラグビー指導。アジア初開催となった2019年ラグビーワールドカップ日本大会では、日本代表戦と決勝戦をテレビ解説した。

お問い合わせ

  • 株式会社コーディネーション・アカデミー
  • Email: info@coordination-academy.co.jp

<以上>



【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら

VOIXプレスリリース
無料投稿窓口

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集チーム

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ