クラクモ株式会社が「DET Bridge」に英作文のAI添削機能を追加

VOIX編集チームVOIX編集チーム 公開 ニュース
クラクモ株式会社が「DET Bridge」に英作文のAI添削機能を追加

「DET Bridge」がAI添削機能を追加

クラクモ株式会社が、英語能力認定試験「Duolingo English Test」(DET)対策特化の学習アプリ「DET Bridge」に、AI添削機能を追加しました。この新機能により、ユーザーが作成した英作文をAIが独自の学習ロジックで添削し、内容、語彙、構成、文法などを総合的に評価します。これにより、日本人が苦手とするライティングスキルの向上が期待できます。

「DET Bridge」について

「DET Bridge」は、「Duolingo English Test」対策に特化した学習アプリです。新たにAIによる英作文添削機能を搭載し、ユーザーが作成した英作文を内容や語彙、文法など多角的に評価し、スコアアップのためのアドバイスを提供します。これにより、ライティングスキルの向上が期待できます。

このニュースのポイント
  • 英作文のAI添削機能を追加し、効率的な学習が可能に。
  • 「DET Bridge」は、海外留学を目指す大学生や社会人に最適です。
  • Duolingo English Testの全14種類の問題形式に対応しています。

 

<以下リリース>

【AI添削機能追加】英語能力認定試験「Duolingo English Test」対策特化の学習アプリ「DET Bridge」に、英作文のAI添削機能を搭載!

独自の学習ロジックの英作文AI添削機能を追加しました!DET対策特化の学習アプリである「DET Bridge」は、海外留学をめざす大学生や社会人がDETでハイスコアを取得するために役立ちます。

■本リリース内容の要約

「DET Bridge」は、「Duolingo English Test」(通称DET)対策に特化した学習アプリです。問題・解説ともに日本人目線にこだわって作られています。今回の新機能では、AIが英作文を独自の学習ロジックで[内容/語彙/構成/文法/語彙]などから総合的に添削します。この機能により、日本人の多くが苦手意識を持つライティングスキルの向上が期待できます。

■「DET Bridge」詳細ページ

安価で高品質な語学学習サービスの提供をめざすクラクモ株式会社(所在地:東京都荒川区、代表取締役社長:岡島 幹)は2024年7月1日(月)、Duolingo English Test(通称DET)向け対策アプリ「DET Bridge」に、AI添削機能を追加いたします。アプリユーザーが作成した英作文をAIが採点し、スペルミスや文法ミスの指摘に加えて、ひとりひとりに合った得点アップのアドバイスを提供します。

これまでライティングスキルの上達には、英作文を書いた後に、先生に添削をしてもらうという流れが一般的でした。しかし本サービスのAI添削機能を利用することにより、人に添削してもらうより短時間に、そして一定の基準の添削結果を手に入れることができます。

サービス紹介ページはこちら!

サービス概要や料金プラン、無料問題などご確認ください。

■学習アプリ「DET Bridge」は、世界5,000校以上の教育機関が採用する「Duolingo English Test」への対策に特化

「Duolingo English Test」(DET)は、インターネットで受験する英語力測定テストです。語学アプリ分野で世界的に高いシェアを持つDuolingo社が2016年に開発しました。

Duolingo English Testは、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4技能を総合的に評価するのが特徴です。他の試験に比べて受験料が安価なうえ、インターネット環境があれば日時を問わずに受けられることから、利用者が急増しています。アメリカのスタンフォード大学、マサチューセッツ工科大学(MIT)、ハーバード大学といった名門校をはじめ、世界5,000校以上の教育機関がDETを英語能力認定資格として正式に採用しています。

「DET Bridge」は、Duolingo English Test対策に特化した日本初*の学習アプリです。海外留学を目指す大学生や社会人がDuolingo English Testでハイスコアを取るサポートをしたいと考え、2024年4月にリリースしました。

*自社調べ(2024年6月時点|インターネット調査)

DET Bridgeの特徴

■対策アプリに英作文のAI添削機能が実装、スムーズな点数アップを応援

「DET Bridge」は、DETで出題される全14種類の問題形式を網羅しています。講師陣は全員DET受験経験者で、日本語のネイティブスピーカーも在籍。そのため、問題作成や解説にも日本人目線が行き届いており、英語の解説だけでは理解しにくいところも、日本語でより早く正確に理解できるようになっています。アプリユーザーがさらにスムーズに点数をアップさせられるよう、機能強化にも尽力。このたび追加したのは、AIによる英作文添削サービスです。

■AI添削機能の概要

本機能の対象は、英作文を作成する問題です。たとえば5分・1分といった規定時間内にユーザーが書いた英作文を、AIが添削します。定性評価(内容・語彙、構成、文法)、定量評価(語彙数)の観点から総合評価が行われ、評価コメントやスコアアップのためのアドバイスも提示されます。実際のDuolingo English Testの問題をテストデータとして用いている上、英語圏でよく利用されるフレーズや語彙に強いAIを搭載しているため、効率的なライティングスキルの向上が見込めます。本機能によって、ユーザーの皆さまが英語のアウトプットに対する苦手意識を軽減し、豊かな表現力を身に付けられることを願っています。

今後は、スピーキングについてもAI添削機能の追加を予定しています。さらに効率的に苦手箇所の克服や得意分野のさらなる向上に役立ちます。今後も学習効率向上、ばらつきをなくした一定の品質、人件費を抑え手頃な価格での提供という3つを実現を目指します。

グローバル化や価値観の多様化が加速する社会で、国際的に活躍したいという皆さまを英語面で強力にサポートします。

クラクモ株式会社

クラクモ株式会社

所在地:〒116-0001 東京都荒川区町屋1-3-12 COSA ON204
代表者:代表取締役社長 岡島 幹
設立:2023年11月
電話番号:070-4118-5634
お問い合わせ:contact@kurakumo.jp
URL:https://kurakumo.jp/
事業内容:EdTechサービス事業

<以上>



【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら

VOIXプレスリリース
無料投稿窓口

運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
プレスリリース 無料 配信 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/
※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集チーム

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ