住信SBIネット銀行が小・中学生向けキャリア教育教材『おしごと年鑑2024』に協賛

VOIX編集チームVOIX編集チーム 公開 ニュース
住信SBIネット銀行が小・中学生向けキャリア教育教材『おしごと年鑑2024』に協賛

金融経済教育の一環として、未来を担う子供たちにネット銀行の役割を紹介

住信SBIネット銀行株式会社が、将来を担う小・中学生への金融経済教育の一環として、朝日新聞社・朝日学生新聞社が発行するキャリア教育教材『おしごと年鑑2024』に協賛しました。

「おしごと年鑑2024」について

住信SBIネット銀行株式会社は、将来を担う小・中学生への金融経済教育の一環として、朝日新聞社・朝日学生新聞社が発行するキャリア教育教材『おしごと年鑑2024』に協賛しました。この教材は、日本全国の小中学校や教育委員会、子ども食堂、学童、小児病棟等に寄贈され、子供たちが将来の仕事に対するビジョンを描く手助けとなります。

このニュースのポイント
  • 住信SBIネット銀行が『おしごと年鑑2024』に協賛しました。
  • 教材は全国の小中学校などに寄贈され、金融経済教育を支援します。
  • 銀行業務やネット銀行のサービスをわかりやすく紹介しています。

 

<以下リリース>

住信SBIネット銀行、金融経済教育の一環として小・中学生向けキャリア教育教材『おしごと年鑑2024』に協賛

住信SBIネット銀行株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長(CEO):円山 法昭、以下「住信SBIネット銀行」)は、将来を担う小・中学生への金融経済教育の一環として、朝日新聞社・朝日学生新聞社が発行する小・中学生向けキャリア教育教材『おしごと年鑑2024』に協賛しました。

住信SBIネット銀行は、SDGs(持続可能な開発目標)への取組みの一環として、2023年よりキャリア教育教材『おしごと年鑑』に協賛しています。

『おしごと年鑑』は、2016年から毎年発行されており、日本全国の小中学校(約3万校)と教育委員会、子ども食堂、学童、小児病棟等に寄贈され、子供たちが将来の仕事に対するビジョンを描く手助けとなっています。

『おしごと年鑑2024』の住信SBIネット銀行の掲載ページでは、『「イチゴ支店」という支店を持つ銀行があるってホント?』をテーマに、スマホでできる主な銀行取引やネット銀行のサービス、セキュリティなどについて、わかりやすく紹介しています。

また、学校の先生向けに、各教科の単元ごとの授業展開のアイデアを現役の小・中学校の先生たちがまとめた「『おしごと年鑑2024』の使い方」で、当社掲載ページが紹介されました。

小5社会の単元「情報を活かす産業」の中で、ネット銀行の役割やサービス、セキュリティなどについて学ぶ構成で、情報通信技術をからめた「金融経済教育」ができる内容になっています。

おしごと年鑑指導案集

本協賛により、小・中学生をはじめとする多くの読者の皆さまへ、ネット銀行への興味・関心を深めるきっかけを提供し、ネットを活用した家計管理の方法や資産形成について理解が深まることを目指します。

住信SBIネット銀行は、金融経済教育をサステナビリティ重点項目の主な取組みの一つとして位置づけ、取組んでおります。お客さまの様々なライフステージに寄り添い、引き続き幅広い学びの機会を提供することで、次世代を担う子供たちの育成を後押ししてまいります。

<以上>



【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら

VOIXプレスリリース
無料投稿窓口

運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
プレスリリース 無料 配信 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/
※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集チーム

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ