進研ゼミ小学講座「チャレンジタッチ」の料金や内容を解説

VOIX編集部 更新 公開 チャレンジ ベネッセ 通信教育 進研ゼミ
進研ゼミ小学講座「チャレンジタッチ」の料金や内容を解説

進研ゼミ小学講座の「チャレンジタッチ」

進研ゼミ小学講座とは、ベネッセコーポレーションは小学生を対象にした教材として1989年からサービスを開始しているものです。

以前は毎月テキストを自宅に配送していたものでしたが、現在では「チャレンジタッチ」と呼ばれるタブレット端末を用いて効率的に勉強できるスタイルとなっています

学校教材と同じカリキュラム

在籍している学校で使用する教材と同じものでカリキュラムを用意しており、学校の指導とまったく同じスタイルで学べるのが特徴となるものです。学校の授業にマッチした教育を受けたい、または予習・復習を自宅でおこないたいという方におすすめになります。

追加受講費0でのオンラインライブ授業が好評

毎月、算数を中心に重要単元のポイントを解説。「基礎」「挑戦」レベルのオンラインライブ授業を実施しています。こちらが追加受講費0円で受けられるのが非常に好評です。
チャレンジタッチ タブレット

その他にも動画が用意されており、つまづきやすい点を講師のレクチャーを見ながら学べるのもポイントとなっています。自宅学習に重点的に取り組みたいという方にもおすすめです。

進研ゼミ小学講座「チャレンジタッチ」の料金・会費

まず、進研ゼミの小学講座「チャレンジタッチ」の各学年ごとの料金は以下のとおりです。

年払い
(一ヶ月単価)
毎月払い
新一年生
現在年長さん
3,180円 3,930円
一年生 3,180円 3,930円
二年生 3,180円 3,930円
三年生 3,740円 4,490円
四年生 4,530円 4,880円
五年生 5,420円 6,080円
六年生 5,830円 6,540円

※金額は税込み。年払いは4月から3月までの金額とする。
関連:進研ゼミ【中学】講座の料金を分析

年払いの方が絶対的にお得で、学年により差はあるものの年換算すると約5,000円〜9,000円程度お得になる。年払いでも途中解約は可能なので基本的にはこちらを選びたいですね。

カリキュラムから考えるとかなり割安と言える

小学講座では一年生のひと月あたり3,180円から徐々に金額があがり六年生のひと月あたり5,830円にまでなるが、塾や個別指導から考えると相当割安であり、小学生の主要強化+添削+プログラミング学習までカバーできることを考えるとかなり安いと言えるでしょう。

入会金・再入会金・退会金・送料は0円

入会金・再入会金や退会金はなく、0円。また、送料も一切かからないので安心できますね。

年間一括払いでも途中退会可能

年間一括払いでも、退会する場合NI、受講月数に応じて受講費を計算し直し、残金を返金する制度があります。途中退会はいつでも可能(毎月締切日までのご連絡が必要)なので、基本的には最も料金がお得な年間一括払いをおすすめします。

専用のタブレットの料金

チャレンジタッチには専用のタブレット端末が必要となりますが、6ヶ月以上の受講で専用タブレット代金は0円!(受講6ヶ月未満での大会の場合は9,900円が請求される。)

故障した際のタブレット保険もある

この時に端末保険にも加入することができます。任意オプションではあるものの、学年により毎月200〜300円を支払うことでタブレットの故障・破損などの場合、サポート期間中であれば交換1回あたり、3,300円(税込)で交換ができるようになります。
【進研ゼミ小学講座】
公式サイトはこちら

進研ゼミ小学講座「チャレンジタッチ」の内容&メリット

毎月決まった量で学校の予習・復習に最適

進研ゼミ小学講座「チャレンジタッチ」の特徴としては、毎月決まった分量の講義内容で構成をされている点です。小学校の指導スピードと近い同じ進み方となるため、予習・復習をするのに役立つ教材になります。

一般的なテキストを書店で購入した場合、1年間の学習内容をすべて手に入れることに匹敵をするわけです。幼いお子さんだと、分厚いテキストを目にするだけで積極的に学習に取り組む気力をなくす可能性があります。その点、進研ゼミ小学講座はその月に抑えておきたいポイントに重きを置かれるので、少しずつ知識を手に入れられるわけです。

赤ペン先生がリアルタイムで添削

また「チャレンジタッチ」には「赤ペン先生」という方の添削サービスもあり、毎月2枚程度のレポートを提出すれば、添削を実施されます。

以前は郵送でレポートを送り返さないといけなかったため、返事を受け取るまでに1か月ほどの期間を有していました。ところが現在のタブレット教材にシフトチェンジをされたことで、リアルタイムのやり取りを実現するようになっています。

実際に講師が目の前で添削をするのと同じスタイルなので、その場でわからないことを尋ねることも可能です。自宅に居ながら講師の直接の指導をうけられるというスタイルは、個別式の塾に通っているのと近いですね。

生徒のやる気を引き出すポイント制度

また進研ゼミでは、ポイント制度というものも取り入れているのが特徴です。このサービスは以前から実施をされており、これが多くの会員を抱えるカギとなっているといえるでしょう。

毎月提出をするレポートで良い点数を手にすると、10点から3点までのポイントが付与されます。質問をするだけでも手に入り、100点以上集めればオリジナルグッズなどに引き換えることが可能です。商品は毎年内容が変更され、文具から家電製品・またはスマートフォン関連アイテムなど、豊富な種類のものが手に入ります。サービスとしては非常に魅力的で、お子さんのやる気を引き立てること間違いなしです。

ITスキルを身につける。プログラミング講座も人気

「チャレンジタッチ」ではタブレットを活用することで、自然とIT機器の取扱いにも慣れていくというメリットもあります。今ではプログラミング教育が必須となっており、進研ゼミでもプログラミング講座が用意されています。使用する端末は非常に高スペックのもので、会員になった場合は無償で提供をされるのも魅力といえる点です。機能の制限は一切なく、普段からお子さんに与えることで、積極的にITスキルを鍛えて使いこなせるようになるのも進研ゼミを利用して得られるメリットです。

進研ゼミ小学講座「チャレンジタッチ」の申し込み方法。お試し教材で体験がおすすめ。

これから進研ゼミ小学講座をスタートされる場合、WEBからの申込みが便利です。24時間いつでも申し込め最短10分で契約を締結することができます。

ただし、必ず利用料金はクレジットカード払いになるので注意をしましょう。保護者の名前とお子さんの名前・性別、そして現在通学をしている学校名を記入して完了です。

無料のお試し教材をおすすめします。

進研ゼミには無料で試せるお試し教材があり、この教材がかなり豪華です。ドリルや冊子を通して実際の進研ゼミの教材内容を体験することができます。

これを一度やってみてお子さんと相談してから本申込みをするのが良いですね。

【進研ゼミ小学講座】
公式サイトはこちら

 

関連:進研ゼミ【中学】講座の料金を分析

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター

VOIX編集部

2020年代をリードするビジネス情報を中心にニュースを発信します。取材やリリースを中心に、価値のある情報をお届けします。
リリースをご希望の方
ページトップへ