「BPORTUS(ビーポータス)帳票マルチ発行サービス」請求書関連業務の効率化を支援するツール

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん 公開 請求書カード払い
「BPORTUS(ビーポータス)帳票マルチ発行サービス」請求書関連業務の効率化を支援するツール

「BPORTUS 帳票マルチ発行サービス」とは

「BPORTUS 帳票マルチ発行サービス」は、請求書を発行する事業者が利用している請求書データを活用して、紙媒体とPDF、その他電子データでの送信などによる複数の形態での請求書発行が可能となるサービスです。

BPORTUSの請求書代行発行業務に関するノウハウと、NECのセキュアかつ安定的なデジタルドキュメントを提供する「WebSAM eDocサービス」を利用した帳票作成・加工技術をもとに共同で開発された新しいソリューションです。

郵送やデジタルインボイス配信サービス、電子メールなど、取引先のニーズに応じた形態へ自動で仕分けを行い発送するため、一連の請求書発行を自動化し、業務を効率化することができます。

「BPORTUS 帳票マルチ発行サービス」

電子帳簿保存法により請求書の形態が多様化

2024年から施行される電子帳簿保存法により請求書の形態は従来の紙媒体に加え、PDFを含む電子データでの送付等、複数の発行形態が併存し、請求書発行企業においては、取引先のニーズに合わせた形態で請求書を発行する対応が必要となりますが、複数の発行形態に対応するためには、販売データ等の加工・成形業務をはじめとする新たな業務が請求業務の効率を下げかねません。

BPORTUSとNECが「BPORTUS 帳票マルチ発行サービス」を共同開発

「BPORTUS 帳票マルチ発行サービス」は、NECおよび株式会社三井住友フィナンシャルグループの合弁会社である株式会社BPORTUS(代表取締役:田中 一基)と日本電気株式会社(NEC)が、共同開発し2023年12月から提供を開始します。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ