SGシステムの「請求書カード払い」とは

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん 公開 請求書カード払い
SGシステムの「請求書カード払い」とは

SGホールディングスのSGシステムがデジタルガレージと連携し「請求書カード払い」サービスを提供開始

クレジットカードを活用した資金調達サービス「DGFT請求書カード払い」を展開する株式会社デジタルガレージが、佐川急便を中核とするSGホールディングス傘下のSGシステム株式会社と提携を開始、これによりSGシステム株式会社はクレジットカードを活用したB2B決済サービス「請求書カード払い」の提供を開始します。

関連:請求書カード払いサービスのメリットを比較

SGシステムの「請求書カード払い」とは

SGシステムの「請求書カード払い」とは、事業者間の取り引きにおける請求書の支払い方法を銀行振り込みからクレジットカード決済に簡単に切り替えることができる差ビスです。

これにより、借り入れを行うことなく簡単な手続きで、実質的な支­払い期日を引き延ばすことができ、主に中小事業者の資金繰り改善に貢献します。

物流業界では、荷物の発送や受取業務の代金を決済するとき、現金払いや代引き、請求書での振り込みが中心となっており、SGシステムの「請求書カード払い」を活用することで、資金繰りを改善できるだけではなく、集金や債権回収のキャッシュレス化を実現します。

SGシステム 請求書カード払い 4つのメリット

  1. 銀行振り込みをクレジットカード払いに変更できる
  2. 借り入れなしの資金調達を実現
  3. 振り込み名義が設定できるので相手に知られない
  4. 利用登録料や月額費用は無料

SGシステム 請求書カード払いの料金

  • 利用登録料:無料
  • 利用手数料:3.0%(税抜)

※カード支払いに切替えた税込請求金額が対象
※振込金額が1万円以下の場合は、利用手数料は一律300円(税抜)

 

SGシステム 請求書カード払い

SGシステム株式会社 会社概要

SGシステム株式会社は、佐川急便をはじめとするSGホールディングスグループの各システムの開発・設計、保守・運用を行い、1日最大600万個にも達する佐川急便の貨物の処理を支えているシステムなど、国内有数の物流ITインフラを提供する、SGホールディングスのIT中核企業です。

物流ITのコンサルティング事業はもちろん文書のイメージ化やコールセンターなどのBPO事業や代金引換サービスや決済事業を佐川急便グループだけではなく、グループ外の事業者にも提供しており、出荷システムの利用社数は全国で12万社を超えアウトソーシングやスキャニングサービスは、重要性の高い公的分野でも幅広く活用されています。

  • 会社名:SGシステム株式会社(SG SYSTEMS CO.,LTD.)
  • 設立日:1983年2月17日
  • 資本金:3億5千万円
  • 従業員数:3,376人(内、正社員1,486人、契約社員1,890人) ※2023年4月1日現在
  • 所在地:〒601-8104 京都市南区上鳥羽角田町25番地
  • 代表者:代表取締役社長 谷口 友彦
  • 関連企業:
    ・SGホールディングスグループ
    ・無錫飛速物流信息科技有限公司
  • 認証・資格情報
    ・電気通信事業届出
    ・プライバシーマーク認定取得
    ・ISO27001認証取得(取得範囲:京都本社および京都SIセンタ-、福島BPSセンター)
    ・えるぼし(3段階)認定取得
    ・プラチナくるみん認定取得
  • WEBサイト:公式ページ

会社概要は2023年11月22日時点の内容です(VOIX調べ)

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ